魚のアップ写真

ダツはとても危険な魚!その生態や釣り方・食べ方を詳しくチェック

FISHING JAPAN 編集部

海でライトソルトウォーターゲームをしていると、いきなりルアーがひったくられたような衝撃を受けることがあります。

何が食い付いてきたんだろう?とランディングしてもると・・やたら細長い魚・ダツでした。

日本近海にもひんぱんにその姿を現すダツ、いったいどんな生態をしているのか、詳しくチェックしてみましょう。

「秋のシーバスゲームで追いかけるサヨリに似ているよね!」

口のアゴ部分が、かなり前方に突き出していて、まるでヤリや針そのもの。

英名が、ニードル・フィッシュと呼ばれているのも肯けます。

でもこんなに尖っていて、危なくないのでしょうか?

ダツの生態について詳しくチェック!

ダツとは、ダツ目ダツ科の海水魚のことです。

細長いフォルムをしていて、体長は最大で1メートルに及ぶ個体もいるようですよ。

日本全国の沿岸部に生息していて、表層を好んで泳いでいることが多いですね。

ダツの旬は、まだ寒さの残る時期から夏にかけて。

皮は薄いものの意外としっかりしているのが特徴で、骨は小骨が多くて硬い印象があります。

さばいてみると透明感のある白身で、食べたらとても美味しいことに気づかされます。

血合いの部分が強めなので、さばくときにはしっかり取り除く食べ方をしたいですね。

もっと食卓に並んでいい魚なのですが、市場にはあまり出回っていません。

生息域を拡大している魚なので、今後は食用としてもっと出会う機会が増えるでしょう。

実はこのダツ、ダイビングを楽しむ人々からは、危険視されています。

なんと、鋭いアゴをダイバーのほうに向けて、突進してくるというのです。

「えっ、何かダツが嫌がることでもしちゃったの?」

その逆です。

ダイバーがヘッドライトを点灯して潜ることがありますが、その光を見つけて突進してきたのです。

ダツはフィッシュイーターで、小魚をとらえては食べています。

その小魚をロックオンする際に、小魚の体表で光るウロコを目印=目標にするようなのです。

キラリ!と水中で光ったものを発見したら、即決で突っ込むことを実践してきますよ。

かなりのスピードになりますし、先端は鋭利に尖っているわけですから、最悪の場合突き刺さることになります。

失明してしまう人や、命を落としてしまう人も、過去の事例として挙がっていますから、ダツのいる海でダイビングするときは、光りモノを全て外す必要があるとのこと。

いきなり突っ込んで来られたら、まず避けられないでしょう。

ダツが原因でさまざまな事故が起こっているという事実!

ダツによる事故は、釣りの現場でも起こっています。

ヘッドライトを点けたまま、水面り覗き込んだアングラー目掛けて、ダツが飛び出してきたらしいのです。

目に刺さるケースもあって、とても危険な状態といえるでしょう。

絶対に水面に顔を近づけないように心がけたいですね。

ダツは、アジングやメバリングをしていても釣れることがあります。

釣り初心者の人は、ダツの危険性を知らないケースがあるので、ひと声かけて注意を促してください。

ダツの釣り方をチェック!

ダツの釣り方は、ルアーをキャストして誘うことがベースとなります。

絶対に実践したいのは、表層を釣ること。

沈めてしまうと、ダツの視野から外れてしまうので、全くバイトを取ることができなくなってしまうでしょう。

ラインに結ぶルアーは、ミノーやワーム+ジグヘッドがおすすめ。

小魚に見えるようなデザイン・フォルムのものを選んで、キャストを繰り返してみてください。

アジングやメバリング用のライトタックルで対処できますが、大型のダツがいる海なら、もっとヘビーなタックルを組まなくてはいけません。

危険なので、30センチ前後のダツをターゲットにするほうが無難でしょう。

ダツを釣ってみたい!おすすめのタックルをピックアップ

ダツを釣るのに適している、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ライトソルトウォーターゲーム用のロッドやリールで、全然OKです。

キャストするルアーは、5グラム前後の小型シンペンやミノーになりますから、それらをロングキャスト可能なスペックのものを選んでみました。

シマノ(SHIMANO) 19 ソルティーアドバンス アジング S610L-S

シマノ(SHIMANO) 19 ソルティーアドバンス アジング S610L-S

最安値価格
¥8,151(Yahoo!)

Amazonへ ¥9,280

楽天市場へ ¥8,778

Yahoo!へ ¥8,151

シマノからリリースされている、アジングゲーム用のスピニングロッドです。

全長は2.08メートルと、取り回ししやすい長さに設定されています。

短過ぎることはないので、ロングキャストにも向いていますよ・

2ピース仕様で、仕舞寸法は106.5センチにまで縮まりますから、携行性の高いロッドといえるでしょう。

クルマへの積み込みや、釣り場への持ち込みもスムーズにおこなえます。

自重はなんと67グラムしかありません。

これなら手元感度が高まりますし、ショートバイトが続いてもしっかりフッキングに持ち込めるでしょう。

先径は0.8ミリと細め、適合するルアーウェイトは、0.5グラムから12グラムまでです。

適合するPEラインは、0.1号から0.6号までとなっていますよ。

リールシートは、アップロック方式を採用していて、位置は265ミリに合わせています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.8パーセントです。

実際にフィールドで使ってみると、持った感じはとても軽くてしなやかでした。

よく曲がり込むブランクスですから、ダツがバイトしてきてもバラシを抑えられるはずです。

ダツの独特な口のカタチによって、歯が鋭くで硬いので、フックが貫通しにくいのを、なんとか解消しなければなりません。

強くフッキングしても外れるだけなので、ロッドを曲げた状態でラインテンションを緩めず、ネットを用意して素早くすくい上げてしまうのがベターでしょう。

実売価格は8千円台と、とても安い価格帯に設定されています。

ライトソルトウォーターゲーム用のロッドをまだ持っていないなら、スタートを飾る1本としておすすめします。

ガイドバランスも良好で、ライトラインが絡み付いてしまうトラブルを、しっかり防いでくれています。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C2000S ライトソルト全般 管釣りトラウト

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C2000S ライトソルト全般 管釣りトラウト

最安値価格
¥17,395(amazon)

Amazonへ ¥17,395

楽天市場へ ¥17,952

シマノの人気スピニングリール・ストラディックシリーズのC2000番です。

発売から2年が経過しますが、アングラーからの支持は衰えを見せません。

設定価格が絶妙なのと、剛性・耐久性が秀逸なレベルなので、これぞコスパ優秀機といえるでしょう。

ギア比は5.1対1ですから、ハンドル1巻きで69センチのラインを巻き取ることができるようになっています。

キャストしてただ巻きリトリーブを繰り返すのに、ベストマッチなギア比ですよね。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、2.0/3.0キロ。

自重は185グラムと、とても軽く仕上げられています。

スプール寸法は、直径が43ミリでストロークが13.5ミリ。

ラインキャパは、PEラインの0.6号を150メートル巻けます。

実際に使ってみると、5グラム前後のシンペンならスムーズにラインの放出をおこなってくれます。

飛距離もしっかり伸びるので、広範囲をくまなくチェックできますよね。

ローターやハンドルの回転が滑らかで軽やかですから、長い時間集中力を切らさずに、ライトソルトウォーターゲームを楽しめるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

もっとハイスペックで高価なスピニングリールがありますが、必要にしてじゅうぶんなストラディックがこの低価格だと、どうしても手がこちらに伸びてしまいそうです。

PEラインとのマッチングも良好ですが、太いラインを使いたいなら、番手も2500番にしてみると、より一層ライントラブルを抑えた釣りを展開できるでしょう。

ダツを釣り上げて食べてみよう!

ダツの特徴や生態、おすすめの釣りタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

釣れたダツは、三枚におろして刺身にしてみましょう。

小骨が多いので、腹骨などの切り取りを丁寧におこなってください。

釣り対象魚として追う場合は、歯の鋭さにじゅうぶん注意して、ランディングから活け締めを実践するようにしましょう。

魚の関連記事はこちら

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング