魚のアップ写真

シイラの味ってどんな魚に似ているの?夏に旬を迎えるシイラ釣り特集

FISHING JAPAN 編集部

海の船釣りや沖の一文字などからのキャスティングゲームで恰好の対象魚となるのが、シイラです。

夏の陽射しの下で黄金に輝く魚体を見てしまうと、何度でも釣りに出向きたくなってしまいますよね。

ここでは、そんなシイラの味について、詳しくチェックしてみましょう。

「見た感じ、美味しそうな顔つきじゃなさそうなんだけど・・」

確かにマダイやカンパチなどの顔とは似ていませんから、その味を想像しにくいところはあります。

でも実際に釣って食べてみると、驚くほどの美味しさを満喫することができますよ。

シイラとは

シイラとは、スズキ目シイラ科の魚のことで、沖合いの表層エリアを中心に回遊する習性を持っています。

捕食対象は小魚ですから、例えば海水面に漂っているゴミや木などに小魚が寄っていると、それを狙ってシイラが集まってきますよ。

黄金に輝く体表が、ボートデッキの上からでも確認できますから、期待感はガンガン高まります。

シイラ釣りのガイド船もありますので、初心者アングラーなら利用するといいでしょう。

パヤオという漁師さんが設置した浮き漁礁を利用して、そこに集まっているシイラを釣らせてくれるはずです。

ただし、ガイド船向けに開放してくれているパヤオしか釣ってはいけませんから、ガイド担当者さんの指示にしたがってルールを守りながら、シイラ釣りを楽しんでください。

シイラの旬は夏から秋にかけて

シイラを釣る時期は、産卵が絡む夏から秋にかけてが旬といえるでしょう。

釣り方は、トップウォータールアーをパヤオやナブラ目掛けてキャストするのが一般的です。

ペンシルベイトやポッパーなど、やや大き目の浮くルアーをラインに結んで、キャストを繰り返していると後追いしている姿を見ることができます。

その際、あえてルアーを止めずにそのままアクションさせつつ、食い付くまで誘い続けるのがコツです。

激しいスプラッシュや首振りアクションを急に加えても、不自然さに気づいたのかUターンしていくケースが多いような・・。

どちらかというと、群れでいるシイラ同士に、1つのルアーを取り合いさせるような展開が望ましいでしょう。

ただ巻きが最もよく釣れることもあるので、釣り場ではいろいろ試してみることをおすすめします。

シイラの味や食べ方をチェック

釣り上げたシイラを食べるのも、夏から秋にかけてがいいかもしれませんね。

すぐ締めれば刺身として食べることができます。

表皮はしっかりと剥がして丁寧におろせば、とても美味しいですよ。

完全な白身というよりは、やや赤みがかかった身の色をしています。

もちもちとした歯ごたえが特徴的で、味はあっさりとしていますね。

フライにしてハンバーガーの具に使われているのを見たことがありますが、味噌漬けにしたり煮物にしても美味しく食べることができます。

塩をふって味付けして食べるなら、すぐに焼きを入れずにに10分以上寝かせてから焼くと、旨味が増すイメージです。

どちらにしろ、締めてから傷み出すのが早いので、ひんぱんに魚屋さんやスーパーの鮮魚売り場に並ぶことはありません。

釣れたシイラを食べられるのは、とても希少なことだと考えてください。

船で沖合いのシイラゲームを楽しんでいる動画はこちら

シイラ釣りにおすすめのルアーを取り上げてみた!

シイラを水面でバイトさせるのに、おすすめのルアーをご紹介しましょう。

ペンシルベイトやポッパーなどのトップウォータールアーがメインとなりますが、飛距離を稼げてロッドワークに反応しやすいタイプがいいでしょう。

あまり動かないものは、水面での移動距離ばかりが伸びて、シイラを振り向かせる前に巻き取ってしまう恐れがあります。

鳥が見間違って突っ込んでくるぐらいの生命感溢れるルアーアクションを、演出したいですね。

タックルハウス(TackleHouse) ポッパー コンタクト フィード ダイビングウォブラー 150mm 54g イワシ・レッドベリー・スリットHG #08 CFDW150 ルアー

タックルハウス(TackleHouse) ポッパー コンタクト フィード ダイビングウォブラー 150mm 54g イワシ・レッドベリー・スリットHG #08 CFDW150 ルアー

最安値価格
¥2,485(Yahoo!)

Amazonへ ¥2,970

楽天市場へ ¥2,673

Yahoo!へ ¥2,485

タックルハウスからリリースされている、フローティング仕様のポッパーです。

このタイプで全長150ミリありますから、もう少し小さなタイプも実釣では用意しておきたいですね。

キャスタビリティも操作感もじゅうぶん満足のいくもので、発生する水飛沫やポップ音によってシイラをしっかりと引き寄せられるでしょう。

釣り禁止でないパヤオや潮目・ナブラなどに撃ち込んでもかまいませんし、何か変化のあった水面目掛けてキャストして、ガボッガボッ!と自ら開拓していくのも楽しいですよ。

カラーバリエーションが豊富ですから、そのエリアで見かけるベイトフィッシュに似たものから使ってみましょう。

遠投が強いられるシチュエーションなら、背中側に視認性の高いカラーが塗られているタイプを使ってみてください。

そのほうが、バイトからフッキングレスポンスを向上させることにつながるでしょう。

ヤマシタ(YAMASHITA) ポッパー ポップクイーン F130 130mm 40g イワシ B01H ルアー

ヤマシタ(YAMASHITA) ポッパー ポップクイーン F130 130mm 40g イワシ B01H ルアー

最安値価格
¥1,844(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ ¥2,090

Yahoo!へ ¥1,844

ヤマリアのポップクイーンなら、130ミリサイズをシイラ釣りに多用しています。

キャストしやすいのはもちろん、カラーが豊富で扱いやすいのがいいですね。

着水してからのロッドワークで音を出すのですが、遠くのボートデッキ上から聞いていても、ちょっと可愛い音色を奏でてくれます。

激し過ぎないというか、警戒心を与えないというか、甘くて無防備な雰囲気がよく出ていますよね。

このおかげか、シイラの寄り付きはかなり良いほうですし、バイトにもつながりやすい印象があります。

ボディの剛性が高いのも大きなメリットで、何匹釣ってもそうカンタンには壊れたり浸水したりがありません。

釣り道具としてのあるべき姿を、丁寧に具現化してくれている逸品といえるでしょう。

ピンク系カラーもこのケイムラスリットグローカラーも、ぜひタックルボックスへ詰め込んでおくようにしたいですね。

ポップクイーンには、サイズが豊富に揃っていますから、130ミリ以外も保持するようにして、サイズのローテーションも実践してください。

途切れていたシイラの反応が、いきなり復活するかもしれませんよ。

シマノ(SHIMANO) ルアー オシア ペンシル 160F AR-C PB-160Q スケピンク 04T

シマノ(SHIMANO) ルアー オシア ペンシル 160F AR-C PB-160Q スケピンク 04T

最安値価格
¥2,630(Yahoo!)

Amazonへ ¥2,640

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥2,630

とにかくよく飛んでくれる、シマノのオシアペンシルシリーズ。

別注平政とかもタックルボックス常駐組で、シイラに向けてもキャストするようにしています。

結構離れた位置からでも、ズドーンと体当たりしてくることが多く、しっかりと水飛沫を上げながらアクションさせることを心がけていますよ。

シイラの顔の外側からフッキングしてしまうのは、仕方のない展開なのでしょうか。

ひんぱんにそういう掛かり方をするので、フックをやむなく細軸に変えるのですが、そうすると大型が掛かった際に伸ばされてしまうという、負のスパイラルにハマってしまうことが・・。

あまり首振りさせず、振り幅をタイトになるようにコントロールすると、口にガッチリフッキングできるようになりましたよ。

他のフローティングペンシルで、ここまでの寄せを体験したことがないものですから、これからもメインルアーとして活躍することになるでしょう。

完成された形に到達している感のある名作ですね。

マリア ルアー フラペン Blue Runner S115 B09H ケイムラコットンキャンディ

マリア ルアー フラペン Blue Runner S115 B09H ケイムラコットンキャンディ

最安値価格
¥1,669(Yahoo!)

Amazonへ ¥2,087

楽天市場へ ¥2,053

Yahoo!へ ¥1,669

水面に浮くルアーばかりでは、どうしてもバイトにつながらないときがあります。

そんなケースでキャストしたいのが、このフラペン・ブルーランナーですね。

キャストして着水、1秒で2メートル沈む程度ですから、リトリーブを開始すれば表層を漂わせることが可能です。

よく飛んでくれますし、何よりただ巻きでOKなのが嬉しいですね。

ペンシルの首振りやポッパーによる連続ジャークで、手首やヒジが疲れてしまうことがありますから、ちょっと休みながらも釣りを継続させたいときに重宝するでしょう。

耐久性のあるルアーで、数釣りにも耐えてくれますよ。

全長115ミリとやや小さ目ですから、何度キャストしてもスレづらいのもメリットといえそうです。

シイラを釣り上げて美味しく食べよう!

シイラの特徴や食べ方・味、おすすめのルアーを特集しましたが、いかがでしたか?

夏のボートデッキ上は、かなりの温度まで上昇します。

Tシャツに短パンだと、あっという間に肌が焼けてしまいますから、ラッシュガードなどで腕・脚を守るようにしてください。

キャップやハットは、当然かぶるほうがいいですし、水分補給もこまめにおこなうようにしましょう。

同船しているガイドや船長さんの指示をよく聞いて、同船者の方々に迷惑のかからないように振舞いたいですね。

シイラの関連記事はこちら

船釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング