ロッドのアップ写真

ライトジギングのタックル特集!シマノ・ダイワなどおすすめアイテムをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

ライトジギングを楽しむためのタックルについてご紹介しましょう。

ボートガイド船や乗合船で、ライトジギングをおこなうには専用のタックルを用意する必要があります。

扱うジグは、40グラムから100グラムを超えるくらいでしょうか。

それを支えて操るのに適したロッドやリールを、シマノやダイワなどの豊富なラインナップの中から見つけ出してください。

「多過ぎてなかなか選びにくいんだよなぁ~、、」

先輩アングラーが持っているライトジギング用タックルを参考にしたり、予約を入れた乗合船のスタッフさんに問い合わせておすすめを聞いてもいいかもしれませんね。

有効な情報を集めながら、扱いやすいタックルを揃えたいものです。

ライトジギング用のタックルとは

ライトジギングに用いるタックルとは、近海の比較的水深の浅いエリアでジグを操るのに適したロッド&リールのことです。

水深でいえば100メートル程度、ジグのウエイトなら100グラム前後までを用いる釣り方で、さまざまな魚種を対象にできますよ。

例えば、シーバスやタチウオ・青物全般・マダイ・ヒラメ・マゴチ・イサキ・カサゴ・アコウなど。

食べて美味しい魚ばかりですから、ライトジギングのファンが増えるのも肯けますよね。

ではどんなタックルを用いれば、ライトジギングを楽しめるのでしょうか。

まずは、ロッドから。

できるだけ幅広いジグウエイトに対応可能なものを選んでおくと、魚種も幅広く釣ることができます。

季節によって狙える魚が変わりますし、その日の潮の状態やベイトフィッシュによっても釣り方そのものを変えていかなければなりません。

フトコロの深くて広いロッドなら、移り変わるシチュエーションにも順応しやすいでしょう。

長さは6フィートを超えるものにしておくと、急な曲がりで船べりを叩いてしまうことを防げますよ。

青物の大型が掛かったりすると、一気に限界近くまで曲がり込みますから、ロッドティップやベリーなどで船べりに接触しないようにロッドを保持しておきたいですね。

ガイドシステムに関しては、スパイラルガイドのほうがライン絡みのトラブルを防げるように感じますが、最近のガイドならラインが引っ掛かろうとしてもスルリと解けてしまうケースが多いですよ。

ライトジギングのタックルにスピニングリールを着けてみた!

ライトジギングのタックルには、スピニングリールを装着することがあります。

メリットは扱いやすさで、特に初心者アングラーなら、ベイトリールにありがちなバックラッシュトラブルに見舞われることがほぼありません。

ライントラブルを抑えられれば、手返しよくジグを落とし込むことが可能になります。

そのテンポの良さが、釣れる魚の数をアップさせてくれるでしょう。

また乗合船から少し離れた海面でボイルが発生した場合、スピニングタックルならキャストして撃つこともできます。

バーチカルに船の真下を探るだけでなく、広範囲に魚の居場所をチェックできるのも大きなメリットといえそうですね。

ただし、糸ヨレのトラブルは、スピニングリールの構造上どうしても発生してしまいますし、太いラインも使いづらいのが実情です。

そういったデメリットも把握した上で、スピニングリールによるライトジギングを実践したいものです。

ライトジギングのタックルにベイトリールを着けてみた!

ライトジギングには、ベイトリールを搭載して操るベイトタックルもラインナップされています。

ベイトリールなら太いラインを使えますし、真っ直ぐにラインを巻き取る構造なので、糸ヨレトラブルの心配も要りません。

またクラッチボタンのオン・オフ操作だけで、ジグをフォール状態にできるのも便利です。

フォールしている際に魚がバイトしてきたら、ラインの出に変化が現れます。

その瞬間にフッキング動作へ移れるので、バラシを減らしつつ釣果を上げていけるでしょう。

ただし、ドラグ性能がスピニングリールのものとはスムーズさ・滑らかさが異なりますから、ラインを出しながらの魚とのやり取りは、かなり難しいと考えておいたほうがベターでしょう。

おすすめのライトジギングタックルをピックアップ!

それでは、ライトジギングにおすすめのタックルを取り上げてみましょう。

前述の通り、ロッドはジグウエイトの守備範囲の広いタイプなら、さまざまな釣り場の状況にアジャストさせやすいですよ。

スピニングロッドの中から、汎用タイプでコスパ優秀なものを選んでみました。

メジャークラフト 2代目ソルパラX ライトジギング グリップ脱着式 SPXJ-S64ML/LJ 4573236272191

メジャークラフト 2代目ソルパラX ライトジギング グリップ脱着式 SPXJ-S64ML/LJ 4573236272191

最安値価格
¥7,012(Yahoo!)

Amazonへ ¥8,116

楽天市場へ ¥7,953

Yahoo!へ ¥7,012

メジャークラフトからリリースされている、ライトジギング専用のスピニングロッドです。

長さは6.4フィートでグリップ着脱式になっていて、持ち運びにとても便利ですよ。

適合するジグウエイトは、60グラムから150グラムと幅広く、100グラムのジグならぞんぶんに扱いやすく作られています。

実際に手に取ってみると、軽くてしなやかな印象ですね。

ガイドはステンレスフレームで丈夫、不意に大物が掛かっても安心してやり取りを楽しめるでしょう。

ロッドティップからベリーに至るまで、美しく曲がり込むような仕上がりです。

ロッドワークを上下に加えても、ゆったりとした曲がりから復元しようとして、ジグを跳ね上げてしまうような展開にはなりません。

これなら魚からのバイトも弾きませんし、安定した釣果を得られるはずです。

実売価格は、なんと1万円を下回る安い価格設定で、これぞメジャークラフトならでは。

初心者アングラーがライトジギングを始めたいと思っても、タックルが高価過ぎると尻込みをしてしまいますよね。

このロッドから、高く感じていたハードルをしっかり下げてくれますし、仲間を誘ってのライトジギングをスタートさせる良い機会を与えてくれるでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ストラディックSW 4000HG ライトショアジギング プラッギング オフショアキャスティング サーフ 青物

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ストラディックSW 4000HG ライトショアジギング プラッギング オフショアキャスティング サーフ 青物

最安値価格
¥5,245(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ ¥24,640

Yahoo!へ ¥5,245

シマノから2020年に新発売となったスピニングリール・ストラディックSWです。

とてもヘビーデューティーな仕上がりになっているので、オフショアゲームのジギング・キャスティングシーンに積極的に使えるのが魅力ですね。

こちらは4000番サイズのハイギアモデルで、ギア比5.8対1。

ハンドル1回転で95センチものラインを回収することができます。

これなら水深100メートルのボトムまでジグを落とし込んでいても、あっという間にピックアップ可能でしょう。

自重300グラムで最大ドラグ力は11.0キロ、じゅうぶんに支えつつもスムーズで滑らかなドラグ回転により、ラインを放出しながらバラシを抑えられます。

ラインキャパは、PEライン2.0号で240メートル巻けますから、相当魚に走られても余裕で対処できるでしょう。

実売価格は2万円台なので、コスパ優秀な最新スピニングリールの登場といえそうです。

目の前でボイルが発生したら、迷わずジグをキャストして叩いてみましょう。

そこからカーブフォールさせて、船の真下までジグを持ってくるのもアリですよね。

広範囲にきっちり探れるのが、スピニングタックルの魅力です。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 16 ヴァデル BJ 100SH (2016モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 16 ヴァデル BJ 100SH (2016モデル)

最安値価格
¥13,838(Yahoo!)

Amazonへ ¥14,789

楽天市場へ ¥14,245

Yahoo!へ ¥13,838

ダイワから発売されているライトジギング専用のベイトリールです。

タイラバゲームなどにも活用できるので、幅広いファン層から支持を得ているアイテムですね。

自重248グラムと軽めで、ギア比は7.1対1とハイギア。

ハンドル1巻きで75センチのラインを巻き取れることから、深い層までラインを出してもテンポよく回収することが可能でしょう。

100ミリの長さを持つパワーハンドルも、スムーズな巻き取りに大きな影響を与えていますよ。

ラインキャパは、PEライン2号で150メートル。

これならタイラバゲームで潮に船を流しながら、ボトムを付近を攻め続けることもできます。

実際に釣り場で使ってみると、ハンドルノブの握りやすさや巻き取りやすさはバツグン。

巻き心地も軽やかで滑らかなので、長い時間ライトジギングを実践しても、さほど疲れは感じないでしょう。

実売価格は1万円台前半、かなりコスパ優秀なベイトリールといえそうです。

ライトジギングのタックルを使いこなして大型魚を釣り上げよう!

ライトジギングのタックルの特徴や、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

シーバス・タチウオ・青物と旬の魚は移り変わっていきますが、全てライトジギングで釣り上げることが可能です。

お気に入りのタックルで揃えて、足しげく釣り場へ通うようにしてください。

あっという間に、ライトジギングのエキスパートになれるでしょう。

ジギングの関連記事はこちら

ジギング」カテゴリの人気記事

DAILYランキング