魚のアップ写真

ナマズロッドってどれを選べばいいの?扱いやすいおすすめアイテムをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

カワイイ顔をしたナマズ、淡水エリアの水路や河川・池などでその姿を見ることができます。

陽が暮れてくると活発に動き出す典型的な夜行性ですが、昼間でもしっかりとルアーを追いかけてくれるので、ナマズを専門に狙っているアングラーが多いですよ。

豪快にバイトしてきて、くるくると身体を捻りながら暴れますから、バレやすいのが特徴です。

丁寧なランディングを実践して、ビッグサイズのナマズをゲットしてみましょう。

ここでは、ナマズ釣りに欠かせないロッドについて、詳しくご紹介します。

ナマズ釣り用のロッドとは

ナマズ釣りに適したロッドとは、クランクベイトやトップウォータールアーをキャストできて、なおかつナマズのバイトを弾かない要素を持ったロッドのことです。

結構ラフで気ままなバイトをしてくるナマズですから、例えばルアーが通り過ぎた水面に噛み付いてくることもあります。

ルアーじゃないところにバイトされても釣り上げようがないのですが、過ちに気づいて再度ルアーにアタックしてくれるところが、この魚の面白いところ。

バフッ!という空気の絡んだ音を発しながら、アクションし続けているルアーに何度も襲い掛かってくれますよ。

ということは、1度のキャストでフッキングできなくてもあきらめる必要はなく、何度もアプローチして誘うことが可能です。

キャスト数をテンポよく増やしたり、ラフなバイトを確実に乗せようと思ったら、あまりに硬いロッドでは対処するのが難しいでしょう。

そこでおすすめなのが、柔らかいグラスファイバー素材をコンポジットしたロッドです。

これなら軽くバックスイングしただけで、グニャリとしなってくれるので、スペースに余裕のない場所でもキャストがカンタンに決まりますよ。

特に水路などの小規模で狭い場所では、とても扱いやすいでしょう。

遠投して広範囲を探ることにも長けているので、柔らかいグラス素材の含まれたロッドを選ぶようにしてください。

トップウォータールアーを操りやすいナマズ用ロッド

ナマズは、水深の浅いエリアに出没することの多い魚です。

とすれば、フローティング仕様のトップウォータールアーを駆使して釣り上げることができますよ。

水面に浮かぶルアーを自在に操るには、やはりグラス素材を含んだロッドのほうが便利でしょう。

バス釣り用のトップウォータープラッギング用のロッドも、柔らかい調子のものが多いですから、まず揃えるならその要素を優先したものを選択してください。

長さは6フィートから7フィート前後、つまり人の身長程度の長さのロッドにしておくと、取り回しがしやすくルアーの操作もやりやすいでしょう。

バス釣り用ロッドをそのまま転用しても、いいかもしれませんね。

モバイル仕様のナマズ用ロッドでランガンしよう!

ナマズ釣り用ロッドには、1ピース・2ピース仕様のものから、モバイル仕様になったものまで用意されています。

短く収納できると、さまざまな釣り場へ遠征できますから便利ですよね。

ナマズのいる水路や河川は、水田地帯に隣接していることが多いですから、そういう場所が近場にないようなら、電車やバス・バイクなどに乗って移動する必要が出てきます。

そういうときに1ピースロッドオンリーでは、持ち運びが大変になるので、マルチピース仕様のモバイルロッドを活用するようにしましょう。

自らの足で見つけたポイントにナマズの姿を見つけたら、感動すること間違いなし!

その一助にナマズ用モバイルロッドは役立ってくれますよ。

ナマズ釣りにおすすめのロッドはこちら!

それでは、ナマズ釣りに活用できるおすすめロッドを取り上げてみましょう。

数多くのロッドがリリースされていて、どれを選ぼうか迷ってしまいますよ。

決め手は、やはりアクション。

硬過ぎず重過ぎず、扱いやすいタイプを見つけたいですよね。

それから価格。

安いものでじゅうぶんなスペックを誇っているロッドを、手にしてください。

スミス(SMITH LTD) ナマンチュ DNAZ-67M-2.

スミス(SMITH LTD) ナマンチュ DNAZ-67M-2.

最安値価格
¥32,898(楽天市場)

Amazonへ ¥33,440

楽天市場へ ¥32,898

Yahoo!へ ¥33,440

このロッドは2ピース仕様になっているので、仕舞寸法が104センチになります。

持ち運びが楽になりますから、さまざまな釣り場で活用することが可能ですよ。

実際に手にしてみると、とても柔らかく曲がり込んでくれます。

これならナマズのバイトを弾かずに、確実にフッキングまで持ち込むことができるでしょう。

Mパワーで適合ルアーウエイトが7/8オンスまで。

大き目のトップウォータールアーやクランクベイトなどをしっかり守備範囲に収めて、キャストフィールも快適そのものです。

実際にヘドンのビッグバドを結んでキャストしてみました。

バックスイングでは、さほど力を込めなくても曲がり込んで、そのまま前方に押し出すような軽めのスイングで、じゅうぶんな飛距離を稼いでくれます。

リトリーブをスタートさせると、ロッドティップが曲がろうとします。

そのままではテンションが掛かり過ぎていて、せっかくのナマズのバイトを弾いてしまいかねませんから、ロッドを自分の正面に持ってきて、曲がりを消すようにしてください。

すなわち、ラインの伸びる方向にロッドの向きを合わせるのです。

その状態で、ロッドティップからぶら下がるラインにしっかりたるみを持たせ、張り詰めない程度のスピードでリトリーブを続けてください。

この状態をキープできたら、あとはナマズが食い付いてくるのを待てばいいのです。

自重が196グラムとやや重め、これはグラス素材によるものでしょうが、もう少し軽くしないと操作性に影響が出ると感じてしまうアングラーがいるかもしれません。

実売価格は3万円台、決して安くはありませんが、丁寧な作り込みのロッドですから、飽きずに使い続けられるでしょう。

メジャークラフト 釣り竿 ベイトロッド コルザナマズモデル CZC-65ML/cat

メジャークラフト 釣り竿 ベイトロッド コルザナマズモデル CZC-65ML/cat

最安値価格
¥9,991(amazon)

Amazonへ ¥9,991

楽天市場へ ¥13,200

Yahoo!へ ¥12,392

メジャークラフトからリリースされているナマズ用ベイトロッドです。

長さ6.5フィートと扱いやすく仕上げられていて、調子はレギュラースローになっていますよ。

よく曲がるブランクスなので、ナマズが食い付いてもそのままフッキングに持ち込みやすいでしょう。

MLパワーですから強烈なパワーやトルクは感じませんが、キャストしやすくアキュラシー精度の高いアプローチを得意としています。

適合ルアーウエイトは、1/2オンスまで。

軽めのトップウォータールアーやクランクベイトを結んで、連続キャストでナマズを誘い出してください。

ナマズの口は硬く、そこに貫通させるためにバーブレス仕様のフックに換装するケースをよく耳にします。

実際にナマズを掛けてみると、口の外側に引っ掛かったりしていて、なかなか貫通してくれません。

となれば、深く掛かっていないことを前提に、早めのランディングを心がけるほうがいいかもしれませんよね。

玉枠の大きなランディングネットを用意して、バイトがあったらすぐにすくえる準備を整えましょう。

このロッドのようなMLパワー程度でよく曲がってくれるなら、バラシ軽減とランディング率向上につながっていくはずです。

実売価格は1万円前半と大変リーズナブル、最初の1本にぜひおすすめしたいですね。

テイルウォーク ナマゾン C594XH

テイルウォーク ナマゾン C594XH

最安値価格
¥16,585(amazon)

Amazonへ ¥16,585

楽天市場へ ¥17,368

Yahoo!へ ¥16,720

テイルウォークから発売中の4本継ぎモバイルロッドです。

ナマズ釣り用のロッドとして知られるナマゾンシリーズに、この硬さのモバイルロッドがあることが嬉しいですよね。

なんと4オンスまでの重さのルアーを背負えるので、大型ナマズはもちろん、海外遠征で巨大魚をターゲットにできそうです。

XHパワーで自重175グラム、長さは5.9フィートで仕舞寸法はたったの50センチです。

大型のトップウォータールアーやビッグベイトもキャストすることが可能ですね。

実際に手に取ってみると、全体的に硬さはあるものの曲がらない棒状のイメージはありません。

重めのルアーを乗せればしっかり曲がりますから、ラインのたるみを利用したアプローチで、ナマズのバイトを弾かないようにしてアプローチを繰り返してください。

実売価格は1万円台後半と、コスパ優秀な価格帯をキープ。

大型ナマズを遠征で狙いたいアングラーにおすすめです。

ナマズ釣り用ロッドを駆使してビッグサイズをゲットしよう!

ナマズ釣りに使えるロッドの特徴や、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

自分の釣りスタイルに合わせて好みのロッドを選択し、足しげくフィールドに通ってみてくださいね!

ナマズの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング