ロッドとリールのアップ写真

ジギング入門!オフショアジギング初心者のためのおすすめタックル特集

FISHING JAPAN 編集部

船やボートのデッキ上からメタルジグをフォールさせて誘いをかける釣り、オフショアジギング。

ブリやカンパチ・ヒラマサなどの大型青物をターゲットにできる、本格的なルアーフィッシングの印象が強いですよね。

ここでは、ジギングの入門編を分かりやすくご紹介しましょう。

「でもジギングって聞くだけで、何だか敷居が高そうなんだよなぁ~、、」

確かに専門的な知識がたくさん要るようなイメージが強いですし、乗合船の船長さんが怖いかもしれませんよね。

でもだいじょうぶ!そんな心配は払拭できてしまうほど、ジギングはシンプルかつ楽しい釣りスタイルなのです。

ジギング入門①そもそもオフショアジギングってどんな釣り方なの?

船やボートに乗っておこなうオフショアジギング、そもそもどんな釣りなのでしょうか。

細いけれど強さ・剛性を伴なったよく曲がるロッドに、バス釣りで使うよりはやや大き目サイズのリールを着けて、鉛やタングステンで出来たメタルジグを落とし込んでは引き上げながら、青物やロックフィッシュ・マダイ・ヒラメ・タチウオなどを狙う釣りです。

要するに、ワンタックル用意すれば、さまざまな魚を対象に釣りを展開できる仕組みなのです。

エサやカゴ・オモリ・枝針の付いた仕掛けも要りませんし、それらを船上で組み立てる必要もありません。

もっと言えば、船長さんが魚の居る場所まで連れていってくれるので、魚を探す必要もないのです。

「めっちゃ怖そうなイメージがあるんだけど・・」

えっ、船長さんがですか?

それは海の男ですから、日焼けは他の職業の人々より強めかもしれません。

でも直接話してみると、物腰柔らかで丁寧なしゃべり口調の船長さんばかり。

何といってもサービス業・接客業ですから、じゅうぶんに心得て初心者アングラーにも接してくれますよ。

だから安心してジギングの世界に飛び込んでみましょう。

ジギング乗合船に予約を申し込む際に、自分が初心者であることを素直に申し出ればいいのです。

それだけでじゅうぶんな準備をして、釣行当日にあなたを笑顔で迎えてくれるでしょう。

ジギング入門②どんなタックルを揃えればいいの?

ジギングに必要なタックルは、ロッドとリールとジグです。

そのワンセットだけあれば、さまざまな魚を釣り上げることができますよ。

ワンピッチジャークというロッド操作が有名ですが、これも大して難しいことではありません。

カンタンに言えば、リールハンドルを1回巻くタイミングで、ロッドを1度シャクればいいだけ。

それができなくても隣りのアングラーからしかられることはありませんし、船長さんがコツを伝授してくれるでしょう。

ちなみに、ワンピッチジャークをおこなうと、水中では落とし込んだジグが水面に向かってジグザグ軌道で上がってきます。

それがイチバン釣れるとされていますが、ただ巻きで引き上げて釣れることもありますし、フォールの際に食い付かれることもあります。

どのタイミングで釣れるかは運次第、となれば迷わず船やボートに乗り込んで、ジギングを始めてしまうのがベターでしょう。

「でも魚が掛かったらどうすればいいの?」

ランディングネットは船に常備してありますし、取り込み作業は船長さんが手伝ってくれます。

安心してロッド操作に集中しておけばいいのです。

ジギング入門③どんな魚が釣れるの?

ジギングで狙うターゲットは、ブリ・カンパチ・ヒラマサといった回遊青物です。

軽く10キロを超えるものもいますから、ロッドを落としてしまうような衝撃を味わうことになります。

それが初心者の人であっても味わえるのです。

タックルは、そういった衝撃に耐えられるものを選べばいいでしょう。

最近ではかなり細身のロッドでも、ソリッド構造を採用していて強靭に作られているものが多いですよ。

強くても硬くはないので、青物より小さなマダイやタチウオ・ヒラメ・コチ・イサキなどもターゲットにできます。

ジグには特定の魚種に強いものがラインナップされていますが、オールラウンドに効くものを用意しておけばじゅうぶん釣れるでしょう。

カラーもシルバーやゴールドをベースに、グロー系・UV系発色のものを揃えておけばOKです。

オフショアジギングの楽しみ方を収めた動画はこちら

ジギング初心者におすすめのタックルはこちら!

オフショアジギング初心者の人におすすめの、各種タックルを取り上げてみましょう。

まずは、ロッドから。

結構価格の高いものがありますが、最初からその辺に手を伸ばす必要はありません。

長く使い込めて、さまざまな対象魚に対応できるものがいいでしょう。

シマノ(SHIMANO) ジギングロッド 19 グラップラー タイプJ スピニング S60-3 水深:~80m ターゲット:~10kg

シマノ(SHIMANO) ジギングロッド 19 グラップラー タイプJ スピニング S60-3 水深:~80m ターゲット:~10kg

最安値価格
¥19,899(amazon)

Amazonへ ¥19,899

楽天市場へ ¥20,790

Yahoo!へ ¥19,899

シマノのジギングロッド・グラップラーのスピニングタイプです。

長さは6フィートジャストで、自重は170グラム。

最大で180グラムまでのジグを背負えますから、水深は80メートル前後の層を中心に探ることができます。

それより深い層を狙う乗合船には乗れませんから、予約の際に確認して相談するのがいいでしょう。

近海ジギングをメインにガイドをしている船やボートなら、水深100メートル前後をポイントにしているケースが多いですよ。

このロッドなら、青物の10キロクラスをメインに釣り上げることができます。

装着するスピニングリールのサイズは、5000番から8000番クラスでバッチリ対応可能でしょう。

PEラインは、2号から3号程度のものを巻いてアプローチすれば、強度もじゅうぶんで潮の影響も抑えられるはずです。

実売価格は2万円前後と、初心者の人にも手が届きやすい価格帯。

スピニングリールやラインと合わせて購入する際も、決断しやすいでしょう。

またジグのウエイトを下げれば、短い距離のキャスティングにも対応できるのが、スピニングタックルの強みです。

少し投げてカーブフォールさせるだけで、反応してくる魚がいるかもしれませんよ。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 16 バイオマスターSW 6000PG オフショアゲーム

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 16 バイオマスターSW 6000PG オフショアゲーム

最安値価格
¥28,490(楽天市場)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ ¥28,490

Yahoo!へ ¥28,490

実売価格が3万円台を下回る、コスパ優秀なオフショアジギング用スピニングリールです。

ハイギア仕様もラインナップされていますが、長い時間ジギングを楽しむならこのPGのほうが楽にハンドルを回せますよ。

ギア比4.6対1で、ハンドル1巻きにつき83センチのラインを回収することができます。

自重は455グラムで、ラインキャパはPEライン3号で300メートル巻けます。

これだけの糸巻き量があれば、近海でオフショアジギングを楽しむならじゅうぶんでしょう。

実際に使ってみると、巻き心地に引っ掛かりや重さは感じられず、スムーズに巻き続けることができます。

魚が掛かってからのパワフルな引き寄せにも、しっかり対応してくれるのがいいですね。

最大ドラグ力は12キロ、しっかり締めて大型青物に対処しましょう。

XシールドやXプロテクトを採用しているので、不用意にリール内部に海水が浸入するのを防いでくれます。

長く同じ釣り道具を使いたいアングラーにとって、嬉しいスペックですよね。

シマノ(SHIMANO) PEライン オシア EX8 300m 3号 60.0lb マルチカラー PL-078L 釣り糸

シマノ(SHIMANO) PEライン オシア EX8 300m 3号 60.0lb マルチカラー PL-078L 釣り糸

最安値価格
¥6,666(amazon)

Amazonへ ¥6,666

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥6,751

シマノからリリースされているオフショアゲーム用のPEラインです。

8本撚りの3号で300メートルの巻き量ですから、近海ジギングを実践するにはじゅうぶんでしょう。

カラーは5色で、10メートルごとにマーキングが施されていますよ。

1メートル・5メートル・50メートル・100メートルには、ピッチマーキングが入っていて、ジグの位置を確認しやすいでしょう。

タフクロス工法で作られているので、ラインの繊維が均一に締まっています。

それにより、ライン表面の硬度が上がり、耐摩耗性能がアップ。

繊維の伸びしろも抑えられていますから、低伸度を実現しています。

伸びがなければ手元感度は上がりますし、フッキングの効率もよくなるでしょう。

使っていて感じるのは、ライントラブルが少ないこと。

ジギングを楽しむ上で、必要不可欠な要素といえるのではないでしょうか。

ジギング入門時の不安を解消して船に乗り込もう!

ジギング入門時に必要な知識や心構え、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

何度も言いますが、ジギングの敷居を高いと感じる必要はありません。

頼れるところはしっかりプロフェッショナルに頼って、まずはハジメの一歩を踏み出してみましょう。

ジギングの関連記事はこちら

ジギング」カテゴリの人気記事

DAILYランキング