ワームのアップ写真

ハニーナゲットでフリーリグをマスターしよう!2020年ジャッカルから新発売

FISHING JAPAN 編集部

ハニーナゲットは、2020年ジャッカルからリリースされる、フラットな形状のバス釣り用ワームです。

ギルのシルエットに似ていますが、ギルをイメージして作られたものではないとのこと。

ボディの中心にオフセットフックを設置して水の中へ放り込んでみると、すみやかに水平姿勢に切り替わってバイトを呼び込めるようになっていますよ。

流行りのフリーリグとのマッチングが気になる新作ワーム、その詳細スペックに迫ってみましょう。

ハニーナゲットとは

ハニーナゲットとは、バス釣り用に作られた、フラット形状でリブの多いワームのことです。

サイズは2種類設定されていて、3.0インチと3.8インチから選べるようになっていますよ。

釣り場にいるバスが捕食対象にしている生き物のサイズを考慮しながら、どちらか選んでリグにセットしてみましょう。

最後尾には、2本のリッジクローが突き出しています。

フォールの際のスピードや姿勢の変化に影響を与える要素が含まれていますよ。

ハニーナゲットが水平姿勢に切り替わる仕組み

このワームのリッジクローとボディを接合している部分に注目してください。

溝が深くなっていて、他の部分よりも折れ曲がりやすく作られています。

これにより、フリーリグのシンカーが先に着底した瞬間、ワームがオートマチックに水平姿勢に切り替わるのです。

そしてゆっくりとボディを揺らしながらフォール、その姿がバスをバイトに持ち込んでくれるでしょう。

シンカーが着底と同時にワームが水平姿勢になることで、誘いをかけられるシチュエーションは驚くほど増えるに違いありません。

例えば、垂直岩盤エリア。

岩盤に沿って水平姿勢フォールで誘えるので、いつバイトがあってもおかしくはないですよね。

また藻が縦に長く茂っているエリアなら、藻にワームを引っ掛けては外しながら誘うことができます。

カラーバリエーションは全部で6種類

ハニーナゲットには、合計で6種類のカラーが用意されています。

どれも生命感に溢れているので、バスのバイトが遠退くことはないでしょう。

ホワイト系やチャート系で、バスに見つけてもらえるようなアプローチを繰り返しながら、ここぞ!というタイミングでリアルな保護色系カラーにローテーションしてみると、好釣果に恵まれるかもしれませんよ。

●ザリガニ

●グリパンチャート

●コーラブルー/ライトコーラ

●スモーク/ライトグリパンブルー

●SKウィードキラー

●SK砂ザリネオンパール

この中から自分の好みのカラーを選んでください。

それから、ハニーナゲットの水中フォールシーンを収めた動画はこちらです。

ハニーナゲットのデモンストレーション動画はこちら

かなり丁寧に詳しく解説されていますし、フリーリグにセットした状態でシンカーだけ着底したときのワームの姿勢切り替わりは秀逸。

これならさまざまな釣り場で、このゼロテンションダートを駆使しながら、バスを誘い出してみましょう。

これまで口を使おうとしなかったランカーバスも、ハニーナゲットの動きに翻弄されるのは間違いないといえそうです。

ハニーナゲットを操るのに適したおすすめタックルはこちら!

ハニーナゲットを実際に釣りで使ってみようと考えたら、どのようなロッドやリールなどが必要なのでしょうか。

おすすめのタックルをピックアップしてみましたので、参考にしてください。

やはり太いラインを用いたベイトタックルがメインとなるでしょう。

シマノ(SHIMANO) ロッド ポイズンアドレナ 173MH-2 ベイトモデル センターカット2ピース

シマノ(SHIMANO) ロッド ポイズンアドレナ 173MH-2 ベイトモデル センターカット2ピース

参考価格:¥39,600

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノのポイズンアドレナ、センターカット2ピース仕様のベイトロッドです。

これならオカッパリで持ち歩くのにも便利ですよね。

30グラムまでのルアーをキャストできますから、重めのシンカーをセットしたフリーリグでもしっかり対応可能です。

自重117グラムと7.3フィートロッドにしては軽めなので、1日中振り回しても疲れずに扱えるでしょう。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 20 SLX DC 70HG RIGHT 右巻

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 20 SLX DC 70HG RIGHT 右巻

参考価格:¥19,150

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノの最新ベイトリール・SLXのDCブレーキ搭載モデルです。

DCブレーキを使いこなすことによって、バックラッシュトラブルを気にせずに釣りを展開できますよ。

接近戦でも遠投を伴なうアプローチでも、オールラウンドにこなせるところが素晴らしいですよね。

自重は210グラムと軽めで、ラインキャパは12ポンドラインが100メートルとじゅうぶん。

フリーリグを結んでカバー周りから沖のブレイクラインまで、丁寧に探ってみましょう。

クレハ(KUREHA) ライン フロロマイスター 320m 12lb

クレハ(KUREHA) ライン フロロマイスター 320m 12lb

参考価格:¥1,081

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

クレハからリリースされている、フロロカーボンラインのボビン巻きタイプです。

12ポンドで320メートルも巻かれているので、巻き替えをひんぱんに実施しながらバス釣りを楽しむことができます。

しなやかで扱いやすく、なかなか破断しないのが嬉しいですね。

12ポンド以外のラインも用意しておくと、カバーの濃さやシチュエーションの異なる釣り場に遭遇したときに、重宝するでしょう。

reins(レイン) TG ラウンドアイスリムダウンショットシンカー 1/8oz(3.5g)

reins(レイン) TG ラウンドアイスリムダウンショットシンカー 1/8oz(3.5g)

参考価格:¥449

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダウンショット用にリリースされているシンカーですが、フリーリグにきっちり使えるスペックになっています。

ウエイトは好みで選べばいいのですが、軽過ぎると着底まで時間がかかり過ぎますし、キャストの際の飛距離も落ちてしまいます。

どちらの要素も重要ですから、3.5グラム以上のものを選んでおくと問題なくフリーリグを楽しめるでしょう。

アイにラインを結び付けずに貫通させるだけにしておくと、シンカーのみ先に着底しますから、後から追ってフォールしてくるワームは、フリーフォールの状態を作り出せます。

ハニーナゲットの気になる発売日はいつ?

ハニーナゲットの気になる発売日は、3.8インチが2020年の7月を予定しています。

3.0インチのほうが少し遅れて8月の予定です。

メーカー希望販売価格は、どちらも800円です。

早くフィールドでキャストして、ゼロテンションダートの効果を体感したいですね!

ワームの関連記事はこちら

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング