リール

進化し続けるメタニウムシリーズのベイトリール!XT・Mgから最新モデルMGLまで

FISHING JAPAN 編集部

シマノのメタニウムシリーズは、1992年に発売された赤メタ=メタニウムXTから始まって、マグネシウムボディが採用されたメタニウムMg、それからDCシリーズへと進化を遂げてきました。

当然ファンも多く、次期フルモデルチェンジが話題にのぼり出したりと、注目度は衰えることを知りません。

ここではメタニウムシリーズのベイトリールを、さまざまな観点からチェックしてみます。

最新メタニウムMGLとメタニウムMgの比較動画はこちら

そんなメタニウムシリーズの最新モデルが、16メタニウムMGLです。

握りやすいロープロファイルデザインや滑らかな巻き心地のモジュールギア、マクナムライトスプールやSVSインフィニティ・ブレーキシステムなど、先進の技術が盛り込まれていますよ。

2000年に発売されたメタニウムMgとの比較を丁寧に解説した動画が存在しますから、2つの違いを感じてみてください。

メタニウムMGLのインプレをピックアップ!

メタニウムシリーズの最新モデル・メタニウムMGLのインプレをピックアップしてみました。

発売されて4年目に突入していますから、多くのユーザーが詳しい評価を公開してくれています。

辛口な意見もありますので、購入を検討している人は参考にしてください。

メタニウムMGL HGのインプレ評価

良い点
①剛性感は全く問題無し
これはメタニウムDCと同等で安心して使えます。
②巻き心地最高
流石マイクロモジュールです。滑らかさと巻きの強さは素晴らしいです。
③とにかく軽い
ロッドがポイズンアルテマなので軽量リールとの相性はバツグンだと個人的に思っています。
特に悪い点はないのですが、どうにも特筆する部分が無いのです。
1~2ozのルアーはメタニウムDCの方がトラブルレスでぶっ飛ばせる。
1/8oz~1/4ozのルアーはスコーピオンBFSに完敗。
1/2oz~1ozのルアーはバスワン・バスライズの方が明らかに飛ぶ。
しかし、1/4ozから2oz以上のルアーは普通に投げれるので悪いリールでは無いのです。
ただ、特化して何かが得意って訳ではないと感じてしまいます。
私的な表現をするなら「浅く広く」と言う感じです。
「とりあえず、何でも投げれますよー」って感じです。

出典:amazon

用途の非常に広いメタニウムMGLですが、それが個性を奪っているのでしょうか。

上記のような辛口インプレが、通販サイトに記載されています。

実際にこのHGモデルを使ってみると、扱いやすさでは群を抜いているので、どんな釣り方にも使えるリールを探している人におすすめです。

メタニウムMGL XGのインプレ評価

重さのある物ならカルカッタでも変わりませでしたが、二分の一以下を軽く投げてもスル〜っと伸びて気持ちいいです。逆におもいっきり投げてもそんなに変わらない感じです。
後半の失速が幾らか抑えられてるのにブレーキはキチンと効いてる感じです。

出典:amazon

やはり軽めのルアーをキャストするときに、後半が伸びるようなフィールが得られるのが、メタニウムMGLの特徴のようですね。

XGモデルはエクストラハイギア仕様ですから、ハンドル1回転で91センチもラインを巻き取ることが可能です。

ラバージグやテキサスリグなどの撃ちモノを使うのに適しているでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング