ルアー 写真

ソウルシャッドといえば高速巻きアプローチ!春におすすめのカラーを徹底紹介

FISHING JAPAN 編集部

ソウルシャッドは、ジャッカルからリリースされているシャッドプラグです。

デザイン製作を担当したのは、ジャッカルの加藤誠司プロ。

ラッキークラフト時代に、名作ベビーシャッドを作ったことでも知られていますから、シャッドプラグ製作の第一人者といえるでしょう。

その加藤プロが、ソウルシャッドの使い方について言及しています。

加藤誠司プロおすすめのソウルシャッド高速巻き!

加藤プロ曰く、「ソウルシャッドを高速巻きで使えば釣れます!」。

この言葉は、多くのバスアングラーに信用され、釣り場で実践され続けています。

ソウルシャッドの高速巻きアプローチを詳細に解説した動画を発見しましたので、見てください。

実際に高速巻きを試してみた!

ニュートラルモードに入っているバスにスイッチを入れるのに、この高速巻きアプローチは効果的だということです。

実際に試してみましたが、確かに低水温期などの食い気が落ちているケースで、バスに口を使わせることに成功しました。

ワームやラバージグなどで時間をかけてもバイトしてこなかったバスが、ソウルシャッドには反応してきたのです。

ソウルシャッドのただ巻きの使い手も多い!

ソウルシャッドを高く評価する人は、次々と現れました。

共通しているのは、キャストしてただ巻きするだけ!というシンプルなアプローチ。

あとは釣り場に棲息するベイトフィッシュのサイズに合わせて、ソウルシャッドのサイズを切り換えていくくらいでしょうか。

ソウルシャッド45SPの使い方

ベイトフィッシュのサイズが小さいときは、ソウルシャッド45SPを使ってみましょう。

全長45ミリの小型シャッドプラグが、水中でサスペンドするわけですから、そばにバスがいれば迷わず食い付いてくるでしょう。

ピンポイントにキャストして食わせたいときにも向いています。

オリジナルサイズのソウルシャッド58SP

ソウルシャッド58SPが、いわゆるオリジナルサイズになります。

潜行深度が2メートルを超えるので、ロッドワークでそれより浅い水深をトレースできるのが強みです。

自重5.5グラムですから、ベイトフィネスタックルで操れるでしょう。

ソウルシャッド68SPは最大サイズ

最大サイズのソウルシャッド68SPなら、飛距離も最大に伸ばすことが可能です。

ボディのボリュームも大きくなっているので、釣れるバスも大き目を狙えるのが嬉しいですね。

リトリーブすると軽やかに巻き取れるのは、他サイズのソウルシャッドと同じ。

広範囲を探りたい人は、68SPを試してみてください。

実際の話しです。プリスポーンセカンダリポイントにてポンプ又はジャーク&ロングステイて、でかいのでます。ベイト気あればなお良し

出典:amazon

ソウルシャッドのおすすめカラーはこちら!

ソウルシャッドに設定されているカラーの中で、実際に使ってみてバスの反応が良かったものを3つ挙げてみます。

①透け青虎カラー

②サイト時雨ライムチャートカラー

③弱光ギルカラー

基本的にジャッカルのチャート系は、よく釣れるイメージが強いですね。

弱光ギルカラーは、リトリーブを止めてサスペンドさせたときに、バスがしっくり見つめてから食い付いたのが印象的でした。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング