魚 写真

サヨリ仕掛け特集!防波堤で遠投釣り仕掛けやウキ釣り仕掛けを使ってみよう!

FISHING JAPAN 編集部

サヨリは、ダツ目・サヨリ科の海の魚です。

見かけるときは水面付近を群れで泳いでいるケースが多く、形は細長くて下アゴが鋭利に尖っているのが特徴です。

冬直前になると河川を遡上することがあり、その群れにシーバスが追従することで知られていますよ。

サヨリ釣りの時期

サヨリを釣るなら、夏から秋の季節がおすすめです。

サイズは、えんぴつくらいから、冬が近づくと40センチクラスのものが釣れることもあります。

まずは防波堤からの遠投釣りを動画でチェックしてください。

磯竿にスピニングリール、それからサヨリ専用のカゴ付き飛ばしウキ仕掛けを使っているのが分かります。

サヨリ釣りのエサ

サヨリ釣りで用いるエサは、エビが一般的です。

動画のように、イソメなど虫系を使うこともあり、それに似たワームなら活用できるでしょう。

エビなら、オキアミ程度の小さなひと口サイズのものを使います。

サヨリ釣りの延べ竿専用仕掛け

サヨリ釣りに使う竿は、遠投仕掛けでなければ、リールを使わない延べ竿でじゅうぶんです。

長さは、5メートル前後にしておけば、軽量で扱いやすいでしょう。

小型のウキを付けて防波堤の先端の潮通しの良いポイントで、竿をゆっくり手前に動かしながら誘いをかけてみるのがコツです。

サヨリは移動するエサに反応しやすい習性を持っていますよ。

それからタナは、表層を意識するようにしましょう。

仕掛け自体は、市販のものが数多く販売されています。

サヨリの群れを見つけよう!

防波堤の先端でサヨリの群れを見つけることがあります。

季節が秋になると、そういうケースが増えるでしょう。

群れの位置が確認できるようなら、エサ・仕掛けを動かさずに、群れの位置へ投入するだけで釣れてしまいます。

コマセを撒けばサヨリが集まる!

サヨリ釣りは、コマセを撒くことで集魚効果がアップし、釣れ続くことがあります。

遠投仕掛けなら、コマセをカゴに入れて投げますし、延べ竿によるウキ釣りなら、ウキが浮いているポイントへコマセを打つようにしましょう。

ウキに反応が出るまで待たなければなりませんが、その我慢強さがサヨリ釣りには欠かせないといえるかもしれませんね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング