ルアー 写真

ジョインテッドクローの使い方特集!おすすめチューニング方法も教えちゃいます

FISHING JAPAN 編集部

ガンクラフトから発売中のジョインテッドクロー(ジョイクロ)は、S字アクション誕生を担ったエポックルアー。

流行りのビッグベイトやスイムベイト、ジョイント系ルアーはなどは、全てこのルアーから始まったものと言っても過言ではないでしょう。

バスが好んで捕食する鮎やウグイは、まさにこのボリュームなのです。

ここでは、ジョインテッドクローの使い方や、おすすめチューニングをご紹介します。

ジョインテッドクロー(ジョイクロ)には数多くのラインナップが!

ジョインテッドクローには、さまざまな機種がラインナップされていますよ。

サイズがそのままサブネームとなっている、128・148・178・230マグナム・尺ワンや、リップの付いたリップルクロー、ワーム素材で作られたシェイプスなどがあります。

フラットなデザインになったエスソングシリーズは、まさにギルやフナにそっくりです。

ジョインテッドクローの使い方①デッドスティッキング

ジョインテッドクローの使い方は、キャストしてそのままが効果的です。

つまり、動かさずに置いておく=デッドスティッキングですね。

その存在感に、バスは耐えられず近寄ってきますよ。

ジョインテッドクローの使い方②スイミング

置いた状態からリトリーブを開始して、ジョインテッドクローをスイミングさせる方法も効果的です。

というより、ルアーならこの使い方が最も一般的でしょう。

時おりボディを揺らしては、左右にスライドするアクションが、生命感を溢れさせてくれますよ。

ジョインテッドクローの使い方③トゥイッチしてS字クランク

ジョインテッドクローにロッドワークでトゥイッチを加えると、ターンするようにS字クランクしてくれます。

急に制動がかかったようになり、周囲の水は大きく乱れますよ。

それがきっかけとなり、追従してきたバスが食い付くケースが多いように感じます。

ジョインテッドクローのおすすめチューニング方法①フック交換

ジョインテッドクロー(ジョイクロ)のおすすめチューニング方法をご紹介しましょう。

まずは、フック交換。

フェザーの付いたトレブルフックに換えれば、制動にメリハリが生まれますし、フックを隠すことでバイトがひんぱんに起きるようになりますよ。

ジョインテッドクローのおすすめチューニング方法②輪ゴムを装着してI字アクションに

もうひとつのチューニング方法は、輪ゴムをジョイント部の金属ヒートンに装着することです。

これにより可動域が極端に狭くなり、S字アクションが影を潜めて、I字アクションのルアーに変身してくれますよ。

あとは板オモリを追加で貼って、浮力調整することも釣果に影響を与えます。

ジョインテッドクローのおすすめ機種はこちら

ジョインテッドクローのおすすめ機種をピックアップしてみました。

どれも魅力的なものばかりですが、釣り場のベイトフィッシュのサイズに合わせたり、カラーに合わせると、より多くのバスをとらえることができるでしょう。

テールパーツが取れてロストしてしまっても、替パーツとしてメーカーが用意してくれています。

ですから大胆にポイントを攻めつつ、キャストを繰り返すことが可能になっています。

視認しやすいし、扱いやすい
チャート系のカラーを持ってなかったから、良かった

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング