ルアー 写真

ラバージグを自作するにはどうすればいいの?誰でもカンタンに作れるラバージグ製作方法

FISHING JAPAN 編集部

ラバージグは、バス釣りで外せない定番ルアーのひとつです。

特にビッグバスキラーと呼ばれていて、ここ一番で大型を狙うときに活躍してくれますよ。

構造は至ってシンプル、ジグヘッドにスカートやフックガードが付いているだけ。

これなら自作できちゃうんじゃないの?って、思ってしまいますよね。

ラバージグを自作できるの?

試しにジグヘッドをチェックしてみましょう。

重心になるヘッド部分と、フックが剥き出しになっています。

これをベースに、ラバージグを自作してみることにしましょう。

「そんなのやったことないよぉ~、、、」

いやいや、やってみれば意外とカンタンなことに驚いてしまうかもしれませんよ。

ラバージグを自作するにはジグヘッドの用意から始めよう!

まずはジグヘッドを用意します。

さまざまなウエイトのものが存在しますが、もしベイトタックルでしっかりキャストしたいなら、5グラム以上のウエイトは欲しいところ。

10グラムもあれば、バックラッシュなどのトラブルなくキャストできるでしょう。

ジグヘッド セット 釣り用 バス 釣りルアー ワーム アジングフック メバリングフック ロックフィッシュ

ジグヘッド セット 釣り用 バス 釣りルアー ワーム アジングフック メバリングフック ロックフィッシュ

Amazonへ

楽天市場へ

ラウンドヘッド形状のものやフットボール形状のジグヘッドも!

ジグヘッドにはラウンドタイプの他に、フットボールの形をしたものやアーキーヘッド・コブラヘッドと呼ばれるものがあります。

釣りで使うシチュエーションに合わせて、ヘッドタイプを決めるようにしましょう。

例えば、根掛かりの多いカバー周りでは、フットボールヘッドは引っ掛かり過ぎて厳しいかもしれませんね。

FINA フィナ シューティングボール FF154 FINA SHOOTING BALL

FINA フィナ シューティングボール FF154 FINA SHOOTING BALL

Amazonへ

楽天市場へ

ラバーやシリコンで出来たスカート素材

次に用意したいのが、ラバーやシリコンで出来たスカートです。

束ねられているものや、平面のまま販売されているものがあります。

ジグヘッドに突き刺すだけのカンタン製法で済ませたい人は、束ねてあるスカートを使いましょう。

束ねの中心部に、ジグヘッドのフック部分を突き刺して、ヘッドの根元まで突き通せば完成です。

がまかつ(Gamakatsu) ラバースカート シリコンスカート ラウンド 0.6mm 2m オレンジ 1本

がまかつ(Gamakatsu) ラバースカート シリコンスカート ラウンド 0.6mm 2m オレンジ 1本

参考価格:¥374

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

動画でラバージグの自作方法を覚えよう!

スカートを平面ラバーにしたい人は、フライタイイングの要領でラバーをジグヘッドの軸部分に巻き付けなければなりません。

動画が数多くアップされていますから、それを見ながら製作方法を習得してください。

最初はタイイングの力加減が分からずに、美しい仕上がりにはなりませんが、めげずに何度も製作を繰り返してください。

ロストの確率が高いラバージグ!自作できるようになっておけば安心

ラバージグは、基本的にシンキングルアーでカバーに絡めて使いますから、引っ掛かって失くしてしまうケースが多いです。

自作できるようになっておけば、安い費用でラバージグを持てるので、根掛かりを怖がらずにアプローチできるでしょう。

ラバーのカラーやボリュームにこだわりながら、たくさんのラバージグを自作してみてくださいね!

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング