ベイトリール 写真

ベイトリールのバックラッシュは備えあれば憂いなし!サミング技術やブレーキシステムについて徹底解説!

FISHING JAPAN 編集部

ベイトリールというと「上級者のリール」のイメージですが、ライントラブルのバックラッシュも付き物です。

下手すると釣りの時間の半分以上がライン解きにかかるほど。

ところが最近は、各メーカーとも様々な防止機能を登場させて、初心者でも扱いやすくなっています。

基本はサミング技術でトラブル防止

ベイトリールで独特の技術がサミングです。

キャスト時に親指でスプールのライン部分を軽く抑えて、ラインが出るのを調節します。

ルアーの飛び方、着水のタイミングで親指の抑える強さが変わるので、練習して慣れが必要です。

そのため、そもそも遠投には向いてません。

この技術のせいで、「ベイトリール=上級者向き」となっていました。

それでも、最近は各メーカーがベイトリール用のブレーキシステムを搭載するようになっており、初級者でも扱いやすいものがあります。

ブレーキシステムは2箇所

ベイトリールには、メカニカルプレーキとブレーキシステムの2つがあります。

メカニカルブレーキは、ベイトリールのハンドルなどについているツマミで、直接スプールの軸に負荷をかけて回転を調節します。

基本的な設定はラインにルアーを結び、メカニカルブレーキを強く締めます。

クラッチを切って、ツマミを少しづつ緩めていってルアーがするすると落ちるところで止めます。

メーカー別に様々なブレーキシステム

ブレーキシステムにはマグネットブレーキ、遠心力ブレーキ、デジタルコントロールブレーキ(DC)、エアブレーキ、SVSブレーキなどメーカーがその技術を競っています。

機能は様々ですが、調節の仕方は基本的に同じです。

それらのブレーキを最大限に締めて、徐々に緩めながらキャスティングをします。

始めはブレーキがかかるので、遠くに飛びませんが、緩めていくうちに飛ぶようになり、自分のキャスティングの強さでバックラッシュが起こりそうなポイントで止めます。

これで、バックラッシュが起こりにくくなります。

ベイトリールが初心者にとってハードルが高いのは、これらのブレーキ調節が難しそうだからです。

いったん慣れてしまえば、バックラッシュなしでも快適なキャスティングができます。

これまで「ベイトリール使い」は上級者の特権でしたが、これであなたもベイトリール使いの仲間入りです。

関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング