フグ 写真

フグの注意するべきポイントは毒だけではなかった!?鋭い歯でアルミ缶を噛みちぎる衝撃映像がコワすぎる【動画】

FISHING JAPAN 編集部

皆さんフグはお好きですか??

てっさに、てっちり、唐揚げなど、非常に美味しい魚です。

そんなフグですが、釣りをする時に気をつけてほしいことがあるのでご紹介いたします!

フグの歯に要注意!

フグの体内の各所にはテトロドトキシンという毒があり、食べると危険ということは、釣り人の皆さんもご存知だと思います。

しかし、フグで危険なのは、毒だけではないんです・・・

ところで、釣り人の皆さんは、フグやカワハギなどにラインを切られた経験はありませんか?

この経験は、割と多いのではないかと思います。

しかし、ラインって手で切ろうとしてもなかなか切れませんよね。

そんなラインを噛み切ってしまうフグの歯は非常に強力で危険なんです!!

なんと、ニッパーのように鋭くて、缶切りのようにアルミ缶を噛みちぎってしまうんですよ!!

アルミ缶を噛みちぎる実際の動画

アルミ缶がフグの口の形に、見事噛みちぎられています。

もしこのアルミ缶が指だったら・・・と考えるとゾッとしますね。

フグの歯って非常に危険だと言うことは、覚えておいてください!

釣り上げて針を外す時などは、十分に注意する必要があります!

養殖のフグは歯が短い

私たちが実際に食べるフグは、養殖のものが多いのではないでしょうか?

養殖のフグは幼魚の頃から定期的に歯をニッパーで切っているため、歯が短いそうです。

なぜなら、養殖の生簀の中でフグ同士が喧嘩して、体やヒレが鋭い歯で傷つかないようにするためだとか・・・

一匹ずつ手作業でフグの歯を切っていくのは、フグの飼育の中でも一番大変な作業ですね。

しかし、こうしたひと手間が美味しいフグを育てる秘訣となるんです。

釣り人の皆さんも、養殖のフグを見ることがあれば、ぜひ歯をチェックしてみてくださいね!

釣り中にフグが釣れた際はくれぐれも、鋭い歯にご注意ください!!

関連記事

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング