釣り人 ロッド 写真

バックハンドキャストで空きスペースを有効的に使おう!その投げ方のコツを徹底解説!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、自分の右側に枝葉や障害物があったとき、サイドハンドキャストをあきらめてオーバーヘッドキャストを試みますよね。

しかし、頭の真上にも枝が突き出ていたら、その選択肢も不可能になってしまいます。

そんなときに頼りになるのが、バックハンドキャスト。

自分の左側に空いたスペースを有効活用して、ルアーをキャストしてみましょう。

その投げ方やベイト・スピニング両ロッドを操るコツなどをご紹介します。

バックハンドキャストとは?

バックハンドキャストは、テニスのバックハンドストロークに似たスイング軌道を取ります。

あなたが右利きであった場合、ロッドを体の正面に突き出すように構えてから、体の左側・真横を通ってバックスイングをおこなってください。

そのとき、ロッドにルアーの重さを乗せて、十分にしなっていくのを感じるようにしましょう。

バックハンドキャストの投げ方

正面の狙いたいポイントに向かって、ロッドを送り出すように差し伸べてください。

低い弾道でルアーが飛んでいけばOK、親指でサミングをしてラインの放出を止めれば、飛距離も狙い通りに収まります。

強く腕を振らないことが、トラブルを発生させない投げ方ですよ。

ベイト・スピニング両タックルとも、投げ方のコツは同じ

バックハンドキャストのコツとして、片手で投げずに両手で投げるようにすると習得が早いです。

ベイトリールを包み込むようにして両手で握ってから、キャスト動作を繰り返し練習してくださいね。

スピニングタックルでも同様のアプローチで投げることができます。

手首の自由度はスピニングタックルの方が上ですから、上達は早いでしょう。

両手で包み込むように握るコツがわかる動画はこちら

バックハンドキャストを自信を持って投げるには、やはりサイドハンドキャスト=フォアハンドの上達が必須です。

キャスト技術の向上に近道はありませんので、じゅうぶん時間をかけて両キャストを身につけるようにしてくださいね。

投げやすいオススメアイテムはこちら

キャストの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング