リールのアップ写真

レボ5Xは2023年新登場のコスパ優秀なベイトリール【アブガルシア】

FISHING JAPAN 編集部

軽量で扱いやすいと定評のアブガルシアベイトリールに、2023年新しいモデルが登場します。

その名は、レボ5X。

ロープロファイルデザインで、独特なカラーリングがとても個性的です。

いったいどんなスペックに仕上がっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

レボ5Xとは

レボ5Xとは、2023年アブガルシアブランドからリリースされる、ソルト対応可能なベイトリールのことです。

姿勢の低いロープロファイルデザインが採用されていて、ボディフレームとサイドプレートのカラーを別のものにしているのが特徴的。

設定機種は、ギア比の異なる3種類に、それぞれ左・右ハンドル仕様が用意されています。

最もギア比の低いタイプが、レボ5X-ウインチ。

ウエイトは統一の204gで、じゅうぶん軽く収まっているといえるでしょう。

注目のギア比は、5.4対1です。

ハンドル1巻きにつき、56cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

いわゆるローギアードなパワフル巻きに向いています。

例えば、巻き抵抗の大きなディープクランクベイトを、あまり負荷を感じずにリトリーブし続けることができるでしょう。

スプールの直径は33mmで、幅は22mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら16lbを100m巻けます。

PEラインなら、3.0号を100m巻くことが可能です。

ハンドルの長さは90mmで、最大ドラグ力は9.1kg。

ボールベアリングは、7個搭載しています。

最もギア比の高いタイプが、レボ5X-HS。

ギア比は7.3対1に設定されていて、ハンドル1回転につき76cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

スプール径や幅・ラインキャパ・ハンドルの長さ・最大ドラグ力・搭載ボールベアリングの個数は同じです。

手返しよくルアーを回収しては、次のキャストにつなげることを得意としています。

バス釣りはもちろん、ソルトウォーターのロックフィッシュゲームなどに活用しやすいでしょう。

そして3つめのギア比は6.7対1で、いわゆるノーマルギアに設定されたモデルも選べます。

ハンドル1巻きにつき69cmのラインを巻き取ることができるようになっているので、さまざまな釣り方に応用できるのが嬉しいです。

C6カーボンフレームを採用したレボ5X!

レボ5Xには、C6カーボンフレームが採用されています。

アブガルシア独自の新しい素材・C6カーボンは、カーボン繊維で強化されたエンジニアプラスチック。

強度と耐久性を維持しながら、大幅な軽量化を実現しています。

ベイトリールは、ロッドブランクスの上の乗せて支えることになるので、重過ぎると手首やヒジ・腕などが疲れてしまいます。

キャストを何度も繰り返しながら、安定したリトリーブをおこないたいなら、軽いウエイトのベイトリールは不可欠。

早くレボ5Xをベイトロッドに装着して、フィールドで使ってみたいものです。

また左右非対称なエルゴノミックデザインをボディに採用しているのも、とても特徴的です。

パーミングしたときに親指の位置が安定するるので、軽さのメリットを体感しやすいかもしれません。

MAGTRAXブレーキシステムでバックラッシュトラブルを防ぐレボ5X!

レボ5Xには、MAGTRAXブレーキシステムを搭載しています。

アングラーのキャスティングスキルに合わせて、設置マグネットの数を調整することが可能です。

デフォルトで3mm厚のマグネットパーツが、5個付いています。

利きの調整は、実際にキャストしながらおこなってみましょう。

マグネットブレーキは、遠心ブレーキよりもキャスト初期から利き始める傾向があります。

バックラッシュトラブルを未然に防ぐには好都合ですが、キャスト終盤で失速しがちな面も。

そこでマグネットパーツの個数を減らしたり、位置をズラしたりすることで、最適なブレーキの利きを見つけ出すことが、MAGTRAXブレーキシステムならできるはずです。

また二重成型のハンドルノブと、長さ90mmのクランク形状アルミハンドルを標準で装備しています。

レボ5Xを装着するのにおすすめのロッドを選んでみた!

レボ5Xを装着してフィールドで活用するのに、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

まずは、バス釣り用ベイトロッドから。

さまざまなルアーを操りたいなら、Mパワーブランクスを搭載したこちらはいかがでしょうか。

アブガルシア(Abu Garcia) ベルサート (Versart) VERC-66MR

アブガルシア(Abu Garcia) ベルサート (Versart) VERC-66MR

最安値価格
¥18,473(amazon)

Amazonへ ¥18,473

楽天市場へ ¥21,500

Yahoo!へ ¥20,412

アブガルシアブランドから発売中のベイトロッド・ベルサートシリーズの中から、Mパワーブランクスモデルを選んでみました。

全長は1.98mなので、さほど長いと感じるブランクスではないでしょう。

1ピース仕様なので、仕舞寸法も198.1cmに収まっています。

ウエイトは、109gと軽め。

適合するルアーウエイトは、5gから21gまでなので、ワームリグから各種ハードルアーまで幅広く扱えるのがメリットです。

このベイトロッド1本持っておけば、オカッパリはもちろんボートゲームでも重宝するでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまでです。

ブランクスは、レギュラーファーストアクションですから、しなやかに曲がり込んでルアーウエイトをとらえ、前方に押し出すようにキャストをおこなえるでしょう。

極端に反発が強いと、アキュラシー精度が落ちてしまうので、扱いやすいベイトロッドに仕上がっているとえそうです。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ガイドには、 FUJI製のSiC-Sガイドを搭載しています。

ガイドリングが薄くて軽いので、ラインに優しく魚とのやり取りを存分に楽しめるでしょう。

ロックフィッシュロッド ベイト ソルティーフィールド SFC-702ML

ロックフィッシュロッド ベイト ソルティーフィールド SFC-702ML

最安値価格
¥6,578(Yahoo!)

Amazonへ ¥7,342

楽天市場へ ¥6,853

Yahoo!へ ¥6,578

アブガルシアブランドからリリースされている、ソルティーフィールドシリーズのベイトロッドです。

カサゴやソイ・メバル・アコウ・アイナメなどをターゲットにするのに向いています。

全長は7.0ftで2ピース仕様、仕舞寸法は109.2cmにまで縮まります。

これならクルマに積み込みやすく、釣り場まで持ち込むのもカンタンにおこなえるでしょう。

繊細なロッドティップやガイドを、干渉・接触などで破損せずに済みそうです。

ウエイトは110gと軽めなので、長い時間振り回しても疲れを感じにくいかもしれません。

先径は1.1mmと細めで、適合するルアーウエイトは、2gから24gまでと幅広くなっています。

もしエギをキャストしてアオリイカやコウイカを狙うなら、3.0号までなら対応可能です。

適合するPEラインは、0.5号から1.2号まで。

そこに結ぶショックリーダーラインは、最大で16lbまでがマッチします。

2ピース仕様であることが、ロックフィッシュゲームを楽しむ上でとても重要です。

波消しブロックエリアはもちろん、防波堤・磯場などへ持ち込みやすく、操作性の高さが好釣果を導いてくれるでしょう。

実売価格は6千円台と、とても低価格な設定に収まっています。

今からロックフィッシュゲームを始めたい初心者アングラーにとって、購入を決断しやすい価格帯といえそうです。

レボ5Xの気になる発売日はいつ?

レボ5Xの気になる発売日は、2023年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、16,000円です。

販売価格が安いので、ベイトリールを扱いのが初めての人にもおすすめです。

海で使った場合、スプール周りなどに塩が残るとトラブルの要因になるので、しっかりと真水で洗浄してください。

巻いているラインごと洗って、しっかり拭き取りをした後、自然乾燥させるようにしましょう。

ベイトリールの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

アブガルシア」カテゴリの人気記事

DAILYランキング