ザリガニのアップ写真

ザリガニ釣りのエサには何を使えばいいの?

FISHING JAPAN 編集部

子供のころにちかくの水路や池で楽しんだのが、ザリガニ釣りでした。

今でも同じようなロケーションで足を止めてみると、赤いボディを発見できるかもしれませんよ。

ここでは、ザリガニの特徴や釣り方、その際に用いるエサについてご紹介しましょう。

エサは、家にあるもので対応できますし、あたりめなどをコンビニで購入してもしっかり釣ることが可能です。

ザリガニ釣りをするには居場所を突き止めるところから始めよう!

ザリガニは淡水に棲む甲殻類ですから、近場に池や水路があるなら、足を運んでみるところから始めてみましょう。

池に関しては、ほとんどが農業の灌漑用水ですから、管理者がおられます。

管理者の人に釣りをしてもいいか、必ず確認を取るようにしましょう。

池の堰堤から水が流れ出ていて、その先に田や畑を見つけたら、そこで働いている農家さんに声掛けをします。

今から上の池でザリガニ釣りをしたい!というこちらの意向を伝え、OKがもらえたら池へ戻って釣りスタートですね。

ザリガニ釣りに限らず、バス釣りやフナ釣り・コイ釣りでも、地元農家さんとコミュニケーションを取ることは、とても重要です。

きっちり了解を得てから釣りをすることで、その池が釣り禁止になってしまうことを防げますよ。

目についたゴミがあれば、必ず拾って釣り場の美化にも努めましょう。

そういうひとつひとつの行為が、釣り人に対する印象を良いものに変え、将来にも釣り場が残っていくことにつながります。

子供のころに覚えたザリガニ釣りを、未来の子供たちにも体験させてあげたいですよね。

さて、釣り場を確保できたら、ザリガニそのものを探してみましょう。

いきなり竿を出すのではなく、ザリガニが居るか居ないか確認するのです。

池や水路に藻が生えていたり、護岸に窪みや凹みがあれば、そのそばに潜んでいるケースが多いですよ。

赤い体色をしているので、じっくり観察すればすぐに見つけられるでしょう。

触角が左右に動いていたり、ツメのカタチが明確に見えたりしますよ。

ザリガニの居場所が分かったら、少し後ずさりしてザリガニからこちらの姿が見えないようにしてください。

その場で釣竿と道糸、そしてエサの取り付けをおこないます。

ザリガニの釣り方を詳しく解説している動画はこちら

ザリガニ釣り用のタックルセッティング!

ザリガニ釣りに使う釣竿は、延べ竿にするのがおすすめです。

掛かったらそのまま待ち上げるだけなので、リールを取り付けるロッドは要らないでしょう。

道糸は、太くて切れにくいものがベストです。

ナイロンラインよりも太い、タコ糸のような撚り糸で対応してみてください。

そんな太い道糸を使っても、ザリガニはエサに夢中で、糸につながっていることなど眼中にありません。

タコ糸の先端には、小さなクリップを結んでおきます。

文房具として用いるクリップですね。

これを指で開いて、エサを挟んで留めておくといいでしょう。

取り換えも楽におこなえますし、ザリガニはクリップの存在も気にせず食い付いてきますから。

ザリガニ釣り用のエサをチェック!

ザリガニ釣りに用いるエサは、家にあるもので対応可能です。

冷蔵庫を開けてみて、魚肉ソーセージやイカの塩辛などがあれば、持ち出してみてください。

さきほどの仕掛けの先にぶら下がっているクリップで挟めば、ザリガニ釣り仕掛けの完成です。

自宅にエサがないようなら、釣り場へ向かう途中でコンビニに立ち寄りましょう。

あたりめや貝柱などが、お酒のおつまみとして販売されていますから、それらを購入してエサとして使います。

長さ5cm前後にカットして、クリップで挟んでから、ザリガニが潜んでいるポイントへぶら下げてみてください。

すぐに赤いツメが伸びてきて、エサを持ち逃げしようとしますよ。

しっかりと口で食べ始めたら、ゆっくり仕掛けを引っ張って、ザリガニを水の中から引き上げてください。

暴れさせてしまうと、そのまま池に落ちて逃げてしまいます。

ゆっくりと気づかれないように引き上げるのがコツです。

ザリガニ釣りを楽しんでいる動画はこちら

ザリガニ釣りに使ってみたいおすすめのタックルをピックアップ!

それではザリガニ釣りに使いたい、おすすめのタックルについてご紹介しましょう。

ロッドは、短めの延べ竿が適しています。

足場の低いところからアプローチできると、バラシを減らせますよ。

釣り上げたザリガニは、水を少し入れたバケツの中に放っておきましょう。

プロマリン(PRO MARINE) PG VSやすらぎ 180

プロマリン(PRO MARINE) PG VSやすらぎ 180

最安値価格
¥501(Yahoo!)

Amazonへ ¥823

楽天市場へ ¥612

Yahoo!へ ¥501

プロマリンブランドからリリースされている、小継ぎタイプの万能延べ竿です。

これ1本あれば、ザリガニ釣りはもちろん、他の魚釣りにも幅広く活用できるでしょう。

全長は1.80mですから、あまり足場の高い場所では水面まで届きません。

水辺まで近いポイントで、無理なく使うようにしましょう。

継数は4つで、仕舞寸法はたったの56cmにまで縮まります。

これならタックルバッグやデイパックに入れて、持ち運びをカンタンにおこなえますし、クルマの中に常備しておいても邪魔にならないでしょう。

自重は43gしかないので、長い時間振り回してもあまり疲れずに済みますね。

先径/元径は、0.8/12.0mmと細めに作られています。

実際に手にしてみると、とてもよく曲がり込んでバラシを防いでくれる印象です。

ザリガニがエサに食い付いてきたら、いきなりロッドを立てようとせずに、そのまま食べさせておきます。

エサに夢中になったタイミングを見計らって、ゆっくりと引き上げてみてください。

口とツメでエサをガッチリ挟んでいるので、多少揺れても落ちてしまうことはないでしょう。

そのままバケツまで持ってきて、振り落とせばランディング完了です。

実売価格は600円前後と、とても安い価格帯に収まっています。

仲間とみんなでワイワイ釣りに出かけるのに、複数本用意しておきたいですね。

プロックス EVA丸水汲みバケツDX 18CM PX8362MW18 ブルー・レッド

プロックス EVA丸水汲みバケツDX 18CM PX8362MW18 ブルー・レッド

最安値価格
¥590(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,123

楽天市場へ ¥700

Yahoo!へ ¥590

プロックスから発売されている、柔らかいEVA樹脂製の角型水汲みバケツです。

底の直径12cmサイズから24cmサイズまで揃っているので、用途に応じて使い分けてみてください。

オモリやロープが標準で付いていますから、足場の高いところからでも水を汲みやすいですよ。

ロープは8mの長さがありますから、安全に水汲み作業をおこなえるでしょう。

同社からは側面が透明の水汲みバケツも発売されていて、釣り上げたザリガニを観察するのに向いています。

実際に使ってみると、とても水汲みしやすくて、丈夫に作られている印象を持ちました。

底や側面が地面と接触しても、カンタンに破損してしまう様子はありません。

ザリガニを釣る前に水を入れておくのですが、あまり大量の水は要らないですよ。

ザリガニを中に放ったときに、その背中が水から出るぐらいがベストでしょう。

満水状態のところにザリガニを放つと、酸欠で弱ってしまうことがあります。

常に水の量は意識して、少な目をキープするようにしたいですね。

実売価格は千円を下回る低価格に設定されています。

カラーバリエーションも、ブルーカラーとレッドカラーから選べるので、好みのものを購入するようにしてください。

ザリガニは、一緒に複数匹入れておくと、共食いを始めることがあります。

観察が終わったら、リリースしてあげるほうがいいかもしれませんね。

ザリガニ釣りをマスターして休日を楽しく過ごそう!

ザリガニ釣りの特徴や釣り方・エサ、おすすめのタックルについて取り上げましたが、いかがでしたか?

比較的浅い水深のエリアで、その姿を見つけることができるので、深場を探る必要はありません。

身を潜めることのできる窪みや亀裂・隙間などを見つけたら、しばらく立ち止まって姿を見せないか観察を続けてみましょう。

ザリガニの関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング