ロッドとリールのアップ写真

釣り方をマスターして海釣りを満喫したい!初心者におすすめのアプローチとは

FISHING JAPAN 編集部

魚の釣り方って初心者の人にしてみれば、とんでもなく難しいものに思えます。

どこにいるか分からない魚を、どうやって食わせればいいのか?

釣れない時間が続けば続くほど、そのハードルは上がっていくでしょう。

ここでは、海釣りにおける魚の釣り方について、分かりやすくご紹介します。

「ルアーじゃなくって、餌釣りなんだよね?」

その通り!ここでは餌釣りを選ぶことで、少しでもハードルを下げた状態からスタートしたいと考えています。

コツやアプローチの方法、数ある種類の中からおすすめの釣り方をピックアップしてみましょう。

海釣りにおける魚の釣り方をマスターするにはどうすればいいの?

魚の釣り方をマスターするには、まず何から始めればいいと思いますか?

海釣りなら、釣り場へ出向いてみましょう。

当然魚を釣りやすい場所が、ベストです。

水深の浅い場所だと、魚の姿が見えるので、恰好の釣り場だと考えがちですが、実はそうではありません。

試しに、河口域に広がる干潟エリアへ行ってみてください。

チヌやシーバス・ボラなどが、悠々と泳いでいますよ。

「それらを狙えばいいんじゃない?」

そんなふうに判断して、数歩水辺へ近づいてみると・・・サッと魚たちが移動してしまいます。

潜って逃げるだけの水深がありませんから、急速な横移動で逃げていきますよ。

魚が逃げるということは、こちらの姿、すなわち人間の存在に気付いているということ。

一旦警戒されてしまうと、餌の付いた仕掛けを投げ入れても、その着水音に反応して散ってしまうようになります。

これでは釣りになりませんよね。

そこで是非行ってもらいたい初めての釣り場は、水深のある深場に隣接した防波堤にしましょう。

防波堤なら、こちらの姿に気づく前に、仕掛けを投入できる機会がアップします。

警戒心の薄い魚なら、釣れる確率も一気に上がるでしょう。

防波堤は、漁港や埋め立て地などに設置されていますから、地図を見ながら選んでみてください。

できれば釣り人の少ない場所のほうが、プレッシャーは低く、餌に食い付くはずです。

天秤付きの投げ釣り仕掛けを使いこなそう!

釣り場の選定が済んだら、使うタックルを用意しましょう。

持ち込みたいのは、餌を付けるための仕掛けです。

釣具屋さんや通販サイトでは、カンタンな投げ釣り仕掛けセットが販売されていますよ。

ハリの付いた仕掛け+オモリの付いた天秤が同梱包されています。

これなら防波堤から沖へ向かって遠投できますし、足元直下の底付近も丁寧に誘えるでしょう。

パッケージから出して、道糸に結んでください。

ハリに餌を取り付ければ、あとは海に向かってキャストするだけです。

餌は、青イソメやゴカイなどの虫餌を用いるようにしましょう。

釣具屋さんや餌屋さんで調達できますよ。

ウネウネ動いて慣れるまで大変ですが、釣りを楽しむ上で越えなければならないハードルのひとつです。

魚の釣り方を習得するためのタックルにはどれを選べばいいの?

仕掛けを装着するためのタックルを用意しましょう。

投げ釣りをするからといって、投げ釣り専用のものを購入する必要はありません。

軽量で振り抜きやすい、エギングゲーム用の2ピースロッドと、3000番前後のスピニングリールがあれば、カンタン投げ釣り仕掛けをキャストすることが可能です。

感度も申し分ないですから、長さ8フィートから9フィートクラスのエギングロッドを選んでくださいね。

リールに巻く道糸は、ナイロンでもPEラインでもかまいません。

最初は3号前後のナイロンラインのほうが、扱いやすいかもしれませんね。

仕掛けは、キャストして着底させたら、そのままの位置をキープしましょう。

ズルズルと底を這わせてしまうと、すぐに根掛かりしてしまいますよ。

リールハンドルを回して、道糸のたるみのみを取り除き、魚が食い付いてくるのを待ちましょう。

ロッドの穂先から伸びている道糸を、じっと見つめてください。

風に揺られている状態が、ある瞬間、ブルッと震えることがあります。

急にたるんだり張り詰めたりを繰り返すようなら、ハリに付いた餌を魚がくわえている可能性が高いでしょう。

投げ釣りスタイルの餌釣りを実践している動画はこちら

魚の釣り方を習得するのにおすすめのタックルを選んでみた!

魚の釣り方を習得するのに使ってみたい、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

まずは、投げ釣り仕掛けから。

本格的なものではなく、防波堤からエギングロッドを用いてキャストできるタイプがいいですね。

各メーカーからさまざまな仕掛けセットが販売されていますよ。

ハヤブサ(Hayabusa) かんたん投げ釣りセット 立つ天秤 2本 HA310 7-9

ハヤブサ(Hayabusa) かんたん投げ釣りセット 立つ天秤 2本 HA310 7-9

最安値価格
¥1,000(amazon)

Amazonへ ¥1,000

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥1,520

ハヤブサからリリースされている、カンタンに操作可能な投げ釣り仕掛けセットです。

ハリの付いた仕掛けと、オモリ+天秤が同梱包されていますよ。

この天秤は、ライトショットシンカー立つ天秤と名付けられていて、底でしっかりと立つように設計されています。

それにより仕掛け全体が海中で漂うことになり、魚を誘ってくれますよ。

仕掛けの全長は65センチで、2本のハリが付いています。

仕掛けそのものが絡みにくい、ヨリイト仕様なのが嬉しいですね。

枝スにはパイプが通して合って、これも絡み付き防止効果があります。

硬質ハリスのエステルを使っているので、幹糸からしっかり伸びてアピールしてくれるでしょう。

実際にキャストしてみると、確かに根掛かりしにくい印象です。

オモリのみ底に着いていて、仕掛けは底を切って水中を漂っているのでしょう。

これならヒトデやウミケムシなどに、まとわり付かれるトラブルも減りそうですね。

魚からのアタリは、明確に手元に伝わってきますよ。

天秤のアームの剛性は強めで、変形しにくく扱いやすいです。

実売価格は400円台と、とても低価格に設定されています。

これなら複数個購入しておいて、いつでも持ち出せるように準備しておけますよね。

替えハリは付いていますが、もし切って失くしてしまう恐れのある人は、ハリス付きのハリを別に購入しておきましょう。

マルキュー(MARUKYU) パワーイソメ ソフト (中) 桜イソメ(夜光)

マルキュー(MARUKYU) パワーイソメ ソフト (中) 桜イソメ(夜光)

最安値価格
¥553(楽天市場)

Amazonへ ¥585

楽天市場へ ¥553

Yahoo!へ ¥553

マルキューから発売中の、生餌に似た疑似餌です。

イソメそっくりのカタチをしていて、約10センチの長さがありますよ。

そのまま使ってもかまいませんし、爪先でカットして小さい状態でハリを付けてもいいでしょう。

どうしても本物の青イソメやゴカイに触れない人に、ぜひ使ってもらいたいですね。

また生餌独特のニオイも、このアイテムからは排除されています。

なんとピーチの香りが漂うように作られているので、もう餌付けを苦手に感じることはなくなりますね。

実際に釣り場で使ってみると、パッケージから取り出しやすく、保管もカンタン。

気温50℃以下なら、そのまま保存できるので、もし余ったら次回の釣行で用いることも可能です。

さまざまなカラーバリエーションやサイズがラインナップされていますから、ターゲットにしている対象魚に合わせて使い分けてみましょう。

赤色やピンク系を選ぶと、底付近まで落としたときに、明滅の効果を期待できます。

グロー系ならボワッと光って、魚を集めてくれますよ。

フグやベラなどの歯の鋭い魚には、かじり切られることがあります。

ときどき仕掛けを引き上げて、餌が無くなっていないか確認してください。

実売価格は500円台と、とても安い価格帯に設定されています。

魚の釣り方をじっくりマスターしながら釣りを楽しもう!

魚の釣り方を覚える方法や、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

釣り場に足しげく出向いていると、どんどん経験値が溜まっていきますよ。

魚の居場所が分かるようになってきますし、潮の状態との関連性にも気づくようになります。

通いやすい釣り場を見つけて、次の休日も釣りを楽しみましょう!

海釣りの関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング