ヒョウモンダコ 写真

釣り人注意!釣れても素手で触ってはいけない毒あり魚をご紹介!刺された時は応急処置が重要です【動画】

FISHING JAPAN 編集部

釣りをしていると、あまり一般的には知られていない魚が釣れることがありますよね。

その中には食べられない魚や毒があり触ると危ない魚もいます。

毒を持つことで有名なフグやエイ以外にも危険な魚がたくさんいますよ!

今回はよく釣れる危険な魚をご紹介します。

目次

  • ナマズの仲間・ゴンズイ
  • 小さくても注意!ハオコゼ
  • 西日本でよく釣られるアイゴ
  • 最近出現率が上がっているヒョウモンダコ
  • タンパク毒を持つ魚に刺された時の応急処置!

まずはこちらの動画をご覧ください!

ナマズの仲間・ゴンズイ

ゴンズイはナマズの仲間です。

見た目はナマズに似ているものの、頭部から尾にかけて黄色い線が2本あります。

夜行性で、主に浅い岩場や防波堤付近に生息します。

そのため夜釣りの際に、外道としてよく釣られることがあります。

背びれと胸びれにタンパク毒があり、刺されると非常に強い痛みに襲われます。

毒は、加熱しない限り失活せず、たとえ死んでいたとしても毒は残ったままです。

仮にゴンズイを誤って踏んでしまうと、靴を貫通して足に針が刺さるので、注意しなければいけません!

とはいえ、毒針を除けば身は白身で美味しく食べることができる魚です。

小さくても注意!ハオコゼ

ハオコゼは、防波堤釣りでよく釣れる魚の一つです。

他のオコゼ類と同様に、背びれの針に毒があります。

刺されると直ちに死んでしまうという毒ではありませんが、かなりの激痛に見舞われます。

小さな見た目から油断してしまいがちですが、もしハオコゼが釣れた場合は、絶対に素手では触らずにハサミなどで慎重に扱いましょう。

西日本でよく釣られるアイゴ

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY