釣り人 タチウオ 写真

おもしろタチウオ生態学!生息域・性質・習性など・・タチウオを釣るために知っておくべき情報を一挙ご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

「タチウオを釣りたい!」

そんな釣り人の皆さんのために、FISHING JAPAN編集部が、タチウオ釣りに役立つ耳寄り情報をお届けします。

今回は、タチウオの生態について注目しました!

タチウオとは、一体どんな魚?

日本のどのあたりに生息しているの?

生きたまま取り扱う時の注意点は?

タチウオ釣りをするために知っておきたい情報はたくさんありますが、詳しく分からない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、タチウオの生息域・性質・習性などを詳しくご紹介します。

知っているようで知らなかったおもしろ情報が満載ですよ!

特に、タチウオ釣り初心者の方は、新たな発見がたくさんあって、ためになること間違いなしです!

それでは早速、タチウオの生態を見ていきましょう!

目次

  • 太刀魚(タチウオ)とは
  • 太刀魚(タチウオ)の生息域
  • 太刀魚(タチウオ)の性質
  • 太刀魚(タチウオ)の習性
  • 太刀魚(タチウオ)の呼び方

太刀魚(タチウオ)とは

タチウオは、サバ亜目タチウオ科の海水魚です。

産卵期が4月から11月と長いせいか、釣りの時期にも抱卵したメスがよく釣れます。

寿命は5~7年ぐらいで、メスの方が大型になります。

太刀魚(タチウオ)の生息域

生息域はほぼ全国

タチウオは、カツオやサワラと近縁の魚で、北は北海道から南は九州まで広く生息しています。

タチウオは、旬の時期になると防波堤からもよく釣れるので、浅い海に広く生息している魚だと思っている方が多いです。

しかし、最も数が多いのは、実は水深50~100mの海域なんです。

オキナワオオタチ

ちなみに、屋久島から南の琉球列島にもタチウオは生息していますが、本州のタチウオと少し種類が違います。

その名も、オキナワオオタチ。

呼び名の通り、タチウオよりさらに大きくなり、体の幅は指10本分、全長も2m近くになることもあります。

太刀魚(タチウオ)の性質

12

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で記事の編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテラン釣り師や釣り雑誌元編集長、釣りガイドの人気インストラクターなど、バライティーに富んだ総勢15名が在籍し、釣り関連の幅広い記事を毎日配信しております。

釣り上級者から釣りを全く知らない方にも、釣りの魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるような記事配信に今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY