夜行性 ルアー 蛍光塗料

蛍光塗料を塗ったルアーが効く!!「明と暗」を意識したバス釣りの極意とは!?

FISHING JAPAN 編集部

自然界にはさまざまな刺激があって、バスは水中からそれらを受け続けています。

その刺激にも色々ありますが、バスを釣る時に役に立つ、明と暗という刺激があります。

バスは明るいところ?暗いところ?

どちらに興味を示してくれるのでしょうか??

明と暗のどっちに刺激される?

自然界には明と暗という刺激が存在します。

バスはどちらにも興味を示すのですが、どちらかというと暗のほうが得意なんです。

実は、バスは超の字が付くくらいの夜行性なんですよ!!

だから昼間でも暗いところが好きですし、明るいところではまぶしさを避ける行動に出がちです。

目立たせるための工夫

そのバスの特性を利用して、昼間でも暗い日陰などに、ボワッと光るグロー蛍光塗料を塗ったルアーを投げ入れると、簡単にバスが食ってきたりします。

本来は暗いところに、それとは真逆の刺激を入れることで、瞬間的に反応してしまうのでしょう。

目立ち過ぎると襲われてしまう、自然界はやはりシビアなんです。

刺激を演出する!

この事例の応用として、ルアー全身を光らせるのではなく、部分的に光らせる「チラ見せ」塗装も、バスにとっては気になる存在のようです。

ピカピカと全身が光り続けているだけでは、その目立ち方が不自然で警戒心を生むのでしょうか?

はたまた、ひとつの刺激を与え過ぎると、飽きてしまうのかも?!

バスを釣り上げようと思ったら、刺激を時間の経過とともに変化させていくのが、重要なのかもしれません。

興味を持つもの・持たないものと振り分けるのではなく、全ての刺激に興味を持ってくれる!と考えたほうが、釣るための工夫を膨らませやすくなります。

ぜひ、明と暗の刺激をバス釣りに活用してみてくださいね♪

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

様々な釣り情報をお届けします!
SNSでも最新記事を配信中!よろしくね!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY