エギとイカのアップ写真

ヤリケンサックをキャストしてヤリイカ&ケンサキイカをゲットしよう!

FISHING JAPAN 編集部

ヤリイカやケンサキイカなどのツツイカの群れが、接岸してくる季節になってきました。

小型で抱き付きやすいエギを用意すれば、効率よく釣ることができるでしょう。

ジャングルジムから新しくリリースされたエギ・ヤリケンサックなら、ライトソルトウォーターゲーム用のタックルそのままで扱えます。

ここでは、ヤリケンサックの特徴や使い方についてご紹介しましょう。

ヤリケンサックとは

ヤリケンサックとは、ジャングルジムから新しく発売となった、ツツイカエギング専用のエギのことです。

ツツイカとは、ヤリイカやケンサキイカのような小型で細長いフォルムのイカ。

これを通常のエギで釣ろうとすると、せっかくバイトがあってもツルリと外れてしまうことが多発します。

原因は、ツツイカの手足の長さ。

アオリイカ同様に、活発にエギを追ってくれるまではいいのですが、いざ抱き付こうとしているのを見ると、手足が短過ぎてエギを抱え込めないようなのです。

試しに3.5号エギでアプローチしてみたら、ケンサキイカが抱き付くものの、フッキングするたびにツルリ!スルリ!と手足が外れるのです。

もっとしっかり抱いて、クチバシで噛みついてよ!とやきもきするのですが、相当手足が短いので多くは期待できません。

そこで開発されたのが、小型・軽量でボリュームも小さ目な専用エギです。

ジャングルジムのツツイカ専用エギ・ヤリケンサックなら、1.8号と2.2号の2種類しか設定は用意されていませんから、めっちゃ小さくてしっかり抱けるでしょう。

ちなみに、ヤリケンサックの2.2号エギなら、自重は9.0グラムしかなく、フォールスピードは1メートル沈むのに約2.5秒かかるようにセッティングされていますよ。

これならあえてエギングタックルを準備する必要はないでしょう。

流行りのアジングタックルでアジを釣っていた延長で、そこにエギを結んでキャストすればいいのです。

繊細なツツイカのバイトでも、弾かすにフッキングに持ち込みやすいですし、アジの居場所近くにツツイカも寄っているはずですから、カンタンに釣れてしまうかもしれませんね。

シャクリを入れ過ぎないようにして、テンションフォール主体の釣り方で誘ってみましょう。

アタリは結構明確なので、しばらくエギを持たせてから、軽めのフッキングをおこなってください。

ヤリケンサックのカンナとシンカーに注目!

ヤリケンサックの最後尾に注目してください。

カンナが1重に装着されています。

よく見かける2重でないのは、フッキング効率を高めるため。

このほうが、ツツイカにしっかり刺さりやすいんですよ。

また、2重カンナよりもウエイトが軽くなるので、よりシャープでメリハリのあるアクションを引き出せるでしょう。

沈下姿勢も、後ろ下がりになりにくいですよね。

それから、アゴ下のシンカーにもこだわりが見受けられます。

シンカーが底と接触しているとき、シンカー下部を支点にして定点シェイクを試みることができますよ。

沈下姿勢も安定しますから、絶妙な形状・装着位置のシンカーといえるでしょう。

ヤリケンサックには8種類のから―バリエーションを設定!

ヤリケンサックには、全部で8種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

定番カラーやアピール力の高いカラーが、いい感じに入り混じっていますね。

●エビレッドカラー

●エビオールピンクグローカラー

●エビブラックカラー

●金キラアジカラー

●オリーブバイトグローカラー

●ピンクバイトグローカラー

●青イワシカラー

●アピールピンクグローカラー

アピール系カラーでツツイカの位置を探ってから、ローテーションで対応するのがおすすめです。

ヤリケンサックを操るのにおすすめのロッドをピックアップ!

ヤリケンサックをキャストして操るのに適した、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

あえてエギングロッドを揃えずに、アジングゲーム用ロッドで操作してみませんか?

そのほうが、アジングゲームも楽しめますし、手持ちのタックルを減らせるでしょう。

ダイワ(DAIWA) アジングロッド アジングX 72L-S 釣り竿

ダイワ(DAIWA) アジングロッド アジングX 72L-S 釣り竿

最安値価格
¥7,986(Yahoo!)

Amazonへ ¥8,478

楽天市場へ ¥8,090

Yahoo!へ ¥7,986

ダイワから発売されている、アジングゲーム専用のスピニングロッドです。

全長は2.18メートルと、やや長めに設定されているので、エギをロングキャストするのに向いているでしょう。

2ピース仕様で、仕舞寸法は113センチですから、釣り場まで運ぶのが楽になります。

自重は115グラムで、先径/元径は0.9/9.9ミリと細め。

適合するルアーウエイトは、最大で8グラム前後になります。

適合するPEラインは、0.15号から0.4号まで。

ブランクのカーボン素材含有率は、87パーセントです。

実際に手に取ってみると、軽くてしっかりと振り切れる張りが備わっている印象ですね。

ヤリケンサック程度のウエイトなら、じゅうぶんに耐えられるでしょう。

実売価格は8千円台と、とても安い価格帯に設定されています。

これ1本でアジングもエギングも楽しめるのは、とても嬉しいですね。

ヤリケンサックを使いこなしてヤリイカ・ケンサキイカを釣り上げよう!

ヤリケンサックの特徴や使い方、おすすめのロッドを取り上げましたが、いかがでしたか?

ミミイカやアオリイカの新子もたくさん釣れるので、エギングゲーム初心者の人に特におすすめしたいですね!

エギングの関連記事はこちら

エギング」カテゴリの人気記事

DAILYランキング