エギ 写真

エギングの基本をマスターしよう!基本動作やおすすめエギ・タックルをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

エギングを始めるなら夏の終わりから秋がおすすめです。

春から夏にかけて孵化した新子のイカが、港内部や防波堤周りに集まってくるからで、エギング初心者の人でもカンタンに釣り上げることができますよ。

ここではエギングの基本についてご紹介しましょう。

エギングの基本動作

エギングの基本動作は、シャクリを入れることだといわれています。

具体的には、ロッドを縦方向に振り上げてラインを張り、水中のエギを跳ね上げることになります。

ただし、跳ね上がるからイカが釣れるのではありません。

そのトップの位置からフォールを開始することで、落ちて行くエギをイカが抱きに来るのです。

新子のイカをターゲットにすれば、エギを追いかけてくる様子を見ることができますよ。

エギをフォールさせてイカに抱かせよう!

シャクリを入れてフォールアクションを繰り出せるようになれば、イカをとらえられるようになるでしょう。

日中でも釣れますが、イカは夜行性ですから、照明設備のある漁港内などで夜のエギングにトライしてみてください。

水辺は危険が伴ないますから、ライフジャケットは必ず着用するようにしましょう。

ロッドの動かし方やポイントの選別等は、動画でチェックしてください。

エギングの基本を習得するためのおすすめエギはこちら

エギングの基本を習得するために、おすすめのエギをご紹介します。

サイズは3.5号から始めて、イカのサイズが小さければ3.0号や2.5号のような小型エギにローテーションしてください。

赤テープでピングやオレンジのカラーを纏っているエギは、夜でも日中でもイカの反応が良いことで知られていますよ。

ケイムラカラーもイカを引き付けるので有効です。

エギングにおすすめのロッド

エギングにおすすめのロッドは、長さが8.6フィート前後で軽くて張りのあるタイプです。

最初から硬くて長いロッドを操ろうとすると、基本的なアクションを習得するのが難しくなるでしょう。

3.5号エギを操作するなら、ミディアムパワー前後のロッドが適していますよ。

エギングにおすすめのリール

エキングをするのに適しているのは、ラインをフリーで放出可能なスピニングリールです。

0.5号から0.8号クラスのPEラインを150メートルから200メートル巻ければ、じゅうぶんに使えるでしょう。

番手は2500番クラス、軽量なほどシャクリなどのアクションを加えやすくなります。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング