エギ 写真

エギングが雨の日に向かないかどうか検証してみた!アオリイカを雨の日に釣ってみよう

FISHING JAPAN 編集部

アオリイカは、雨が降ると釣れない!という定説があります。

それはなぜなのでしょうか?

実際にエギングを雨の日におこなってみて、体感したことを挙げてみました。

雨の日に釣り場へ向かおう!

梅雨の時期なら雨の日が多くなりますから、そういう天候を選んで海へ向かいます。

途中、河川を通ると濁りと増水でたいへんな状況に。

これがそのまま海に流れ込むとすれば、いくら目の良いアオリイカでも捕食対象を見つけにくくなるでしょう。

塩分濃度が下がってしまう雨の日

雨は海水と違って、塩分をほとんど含みません。

ということは、海水に棲むアオリイカが、淡水による塩分濃度の低下を嫌って、その影響の少ないエリアや層に逃げてしまうのではないでしょうか。

実際にエギングを始めてみると・・・

実際に海に到着して観察すると、河川からの濁りが入ったエリアでは、キャストしたエギに反応してくるのは、シーバスオンリーでした。

これではエギングを楽しむどころではないですね。

ただし、アオリイカが全く釣れないかというと、そうでもありませんでしたよ。

エギングアングラーがほとんどいないので釣り場を独占できるかも!

雨の日のエギングは釣りにくい!という定説が広まっているせいか、辺りを見渡してもエギングアングラーは皆無です。

ということは、いつもは混雑している釣り場を、ほぼ独占できるので、色々なことを試しながらエギングを楽しめることになります。

またローライトコンディションなので、ベイトフィッシュの活性が上がり、それに気づいたアオリイカが捕食を始める可能性が高くなります。

ディープエリア攻略用のエギを使用することで雨の日のエギングを楽しめる!

もしアオリイカが塩分濃度の低下を嫌うとすれば、その影響が出にくいディープエリアをエギで叩けば解決するかもしれません。

いつも使っているエギの他に、ディープエリア攻略用のエギを持参するようにしましょう。

当然雨に濡れても平気なウェアや、タックルバッグを用意するのも忘れないようにしてくださいね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング