魚のアップ写真

ハゼのさばき方をマスターして美味しく食べたい!唐揚げや天ぷらにするのがおすすめ

FISHING JAPAN 編集部

旬のハゼをたくさん釣ってきたら、しっかりさばいて美味しく食べたいですよね。

せっかく鮮度がいいのに、上手くさばけなかったらもったいないですよ。

ここでは、ハゼのさばき方について詳しくご紹介しましょう。

「ハゼってタイみたいに平たくないから、さばくの難しいのかな?」

いえいえ、そんなことはありませんが、ボディ自体が小さいので包丁さばきには注意が必要です。

ハゼのさばき方その①下ごしらえの際のウロコ取りを丁寧におこなおう!

釣ってきたハゼを早速さばいてみましょう。

まず最初にしておくのは、たくさんのハゼをザルに入れます。

そこに大さじで1杯程度の食塩を用意して、まんべんなく振りかけてください。

それが完了したら、おもむろにハゼをてのひらで揉んでいきます。

何故こんな作業をおこなうかというと、ハゼの体表には腰の強いヌメリが付着していて、それをキレイに取り除くためですね。

ヌメリが浮いてきたら、手のひらの感触で分かりますから、しっかりと水洗いしてください。

洗い終わったらボウルなどの器に入れて、水に浸します。

そのとき、水がまだ濁るようであれば、ヌメリは完全に取り除かれていない証し。

再度ザルに入れて塩をまぶし、揉みほぐす作業をおこないます。

これを何度も繰り返すうちに、ハゼのヌメリは取り除かれてしまうでしょう。

つるんとしたハゼになったらまな板の上に乗せて、ウロコを取っていきます。

包丁を用意して、ハゼに真っ直ぐ刃先を当てながら、横方向に走らせつつウロコを剥がしてみましょう。

とても細かいウロコなので、一瞬皮が剥がれたのかな?と感じてしまうかも。

背ビレなどの付け根に、ウロコが残りやすいので、刃先を使って丁寧に取り除いてください。

ウロコが残ったままだと、食べたときの食感に影響が出ることがあります。

ハゼを美味しく食べるには、ウロコ取りがとても重要なのです。

初心者にも分かりやすい釣ってきたハゼのさばき方や調理法を収めた動画はこちら

ハゼのさばき方その②包丁を丁寧に入れていこう!

包丁を使ってさばいていきましょう。

ハゼの胸ビレを見つけてください。

胸ビレの根元辺りに刃先を入れて、身体の逆側からも同じように刃先を入れます。

次に刃先をお腹入れて、ゆっくりと開いていきましょう。

先に入れた胸ビレの根元の切り込みに刃先を当てて、頭を切り離します。

そのとき、指先でハゼの内臓を押し出すと、上手く取れるでしょう。

ハゼのさばき方その③ハゼの松葉おろしって何なの?

次にハゼの身を、背骨から切り離す作業をおこないます。

背骨に当たるとこまで、浅く刃先を入れてから、背骨に沿って刃先を走らせていきましょう。

向かう先は、尾ヒレ。

ただし、身を完全に切り落とさないように、尾ヒレの付け根の手前で刃先を止めます。

つまり、背骨は身と切り離すけれど、左右の身は尾をカナメにしてつないだままにしておくのです。

これを、松葉おろしと呼んでいますよ。

確かに松の葉そっくりのカタチをしていますよね。

ハゼの松葉おろしを収めた動画を見つけましたので、ぜひ参考にしてください。

珍しいハゼ・ムツゴロウのさばき方や調理方法を収めている動画はこちら

ハゼのさばき方を練習するためにたくさん釣りたい!おすすめのハゼ釣りタックルを選んでみた!

ハゼのさばき方をマスターしようと思ったら、さばく作業の回数をこなしたほうがいいですよね。

そのために、たくさんのハゼを釣ってくることにしましょう。

そのためのおすすめタックルを選んでみました。

簡単に用意して釣り始めることのできる、延べ竿仕掛けです。

ハゼが釣れたら、鮮度の良いものは刺身に、あとは唐揚げや天ぷらにして食べてみましょう。

プロマリン(PRO MARINE) PG VSやすらぎ 450

プロマリン(PRO MARINE) PG VSやすらぎ 450

最安値価格
¥1,930(amazon)

Amazonへ ¥1,930

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥2,234

プロマリンブランドから発売中の、万能延べ竿です。

ハゼ釣りはもちろん、さまざまな釣り方に対応できるのが、延べ竿の強みですね。

全長は4.50メートルと、やや長めの設定です。

このほうが河口域などの広いエリアで、有効に使うことができるでしょう。

継数は10本の振出式で、仕舞寸法はたったの56センチにまで縮まります。

自重は237グラムで、先径/元径は0.8/23.8ミリです。

実際に手に取ってみると、さほど重く感じることはありませんし、穂先が繊細なので、ハゼを弾いてしまう展開にもなりにくいでしょう。

使い方は、いきなり水辺に立つのはやめるようにしてください。

人影を見て、ハゼが逃げ出してしまいます。

それがたとえ1匹でも、逃走アクションをした個体を別の個体が見つければ、警戒モードがそのエリア全体のハゼに伝わっていきますよ。

そうなるとなかなか釣りにくくなるので、姿勢を低くして竿を出すように心がけてください。

実売価格は千円台と、とてもリーズナブルな価格に収まっています。

家族にひとり1本ずつ揃えても、費用は安く抑えられるのが嬉しいですね。

プロマリン(PRO MARINE) ハゼ仕掛けセット 4.5m竿用 ASK001-4.5

プロマリン(PRO MARINE) ハゼ仕掛けセット 4.5m竿用 ASK001-4.5

最安値価格
¥162(Yahoo!)

Amazonへ ¥323

楽天市場へ ¥163

Yahoo!へ ¥162

プロマリンブランドから出ている、ハゼ釣り用の仕掛けセットです。

仕掛けの長さは、2.7メートル用・3.6メートル用・4.5メートル用の中から選べるようになっていますよ。

ちなみに4.5メートル延べ竿用のスペックは、幹糸が1.5号でハリスが1.0号に設定されています。

ハリは、交換用も含めて2本付いているので、根掛かりトラブルに見舞われても対処可能です。

魚のカタチをした仕掛け巻きにセットされていますから、釣り場でそこから簡単に取り外して使うことができます。

実際に釣り場で使ってみると、取り外しやセッティングはスムーズにおこなえます。

仕掛け巻きからも外しやすいですし、延べ竿との相性もバッチリ。

ややラインが太目なので、大物が掛かっても安心してやり取りを楽しめるでしょう。

ハリには、ハゼが視認しやすい赤色が着色されています。

実売価格は100円台と、驚きの低価格に設定されていますよ。

これなら別の種類の仕掛けも同時購入して、持ち込む延べ竿の長さやポイントまでの距離に合わせて、使い分けてみたくなりますね。

マルキュー(MARUKYU) ワーム パワーミニイソメ 約4.5cm 赤イソメ ルアー

マルキュー(MARUKYU) ワーム パワーミニイソメ 約4.5cm 赤イソメ ルアー

最安値価格
¥564(楽天市場)

Amazonへ ¥585

楽天市場へ ¥564

Yahoo!へ ¥564

マルキューから発売中の、生分解性ワームです。

ゴカイや青イソメなどの生餌が手に入らないときに、1パッケージ持っておけばとても重宝しますよ。

長さは45ミリで、カラーバリエーションは豊富なラインナップから選べるようになっています。

こちらは赤イソメカラーなので、赤い色でハゼを誘ってくれるでしょう。

独特のデザインで、頭部がやや大きく、複数の細かな足パーツで全体が覆われています。

これらが泡を含んだり、個別にアクションして微細な波動を生み出すのです。

それに気づいたハゼは、迷わずバイトしてくるでしょう。

味とニオイもマルキューならではの設定になっていますから、一度口に入れたら、なかなか吐き出そうとはしません。

きっちりフッキング作業をおこなって、確実に取り込むようにしましょう。

実際に使ってみると、ツメの先で切断してハリに付けることができるので、食いがよくないときの対処もやりやすいですよ。

実売価格は500円台と、とてもリーズナブルな価格に設定されています。

別のカラーも同時に購入して、ハゼの反応を見ながら使い分けてください。

ボトムまで落とし込んで、しばらくはそのまま放置。

そこからゆっくりと延べ竿を立てていくと、ワームはボトムから離れずにズルズルと引っ張られます。

しっかりと地形変化をとらえていることになるので、微細な震えやイレギュラーなアクションがランダムに発生。

それがハゼの食い気を、効果的誘ってくれるでしょう。

延べ竿を素早く動かしてしまうと、この一連のアクションにはつながりません。

丁寧な誘いが、好釣果につながるとこを覚えておきましょう。

釣ってきたハゼのさばき方をマスターして美味しく食べよう!

ハゼのさばき方や、おすすめの釣りタックルを取り上げましたが、いかがでしたか?

ハゼの旬の時期になると、大勢のアングラーで釣り場がいっぱいになります。

いくら野外でも密状態に変わりはないので、そういうポイントからは離れて、自分で新しい釣り場を探すようにしてください。

魚の関連記事はこちら

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング