リリーサーのアップ写真

リリーサーってどれを選べばいいの?管釣りトラウトゲームの必需品を詳しくチェック

FISHING JAPAN 編集部

リリーサーを使った経験はありますか?

管釣りトラウトゲームでは、スプーンルアーなどに付いているのがシングルフックの場合が多いですよね。

トラウトが掛かって引き寄せたときに、リリーサーを用いればカンタンにそのシングルフックを口から外すことができますよ。

魚体にできるだけダメージを与えず、水中へリリースできるスグレモノです。

ここでは、リリーサーの特徴についてご紹介しましょう。

「針金を曲げているだけに見えるんだけど・・」

その通り!でも柔らかいと役に立ちませんし、グリップの握りやすさがリリース作業にテンポや正確性を生んでくれます。

シンプルな道具ほど、奥は深いものなのです。

リリーサーを自作する人もいますし、使い方が独特な人も見かけますよね。

リリーサーとは

リリーサーとは、釣り上げたトラウトの魚体に触れることなく、主にシングルフックをきっちり外して魚をリリースできるアイテムのことです。

少し練習すれば、誰でもカンタンに素早くリリース作業できるようになりますよ。

その効能は、魚体に優しく自分の手がヌメリなどで汚れないことが挙げられます。

またランディングネットを差し出さなくてもリリースできるメリットがありますから、管釣りでおこわれるトラウトトーナメントなどではとても重宝されています。

リリーサーの構造を見てください。

太目の針金が、グネグネと曲げられている状態です。

最初はL型や弧を描いたタイプが多かったですが、どんどん形状に工夫が施されるようになりました。

波打つようなグネグネ形状は、意味なくそのようになったのではありません。

細いラインを引っ掛けやすく、そこからシングルフックにたどり着いて、魚体をふと振りで外してしまえるような形状になっていますよ。

リリーサーの使い方について、順を追ってチェックしてみましょう。

トラウトが掛かったタイミングで、ロッドを立てます。

しっかりと曲がり込むことで、ロッドのパワーがじゅうぶんに活かされますよ。

そうすればトラウトは徐々に体力を失っていき、水面まで浮き上がってきます。

口で空気を吸わせたら、ランディングできるくらいの距離までトラウトを引き寄せてください。

手元まで近寄ったら、目の前にある細いラインをリリーサーで引っ掛けます。

ロッドはそのままキープしてもかまいませんし、ラインテンションを保てるのであれば、ロッドティップを水面に近づけてもかまいません。

リリーサーをゆっくり滑らせて、トラウトの口に掛かっているシングルフックのところまで持っていきましょう。

その際、リリーサーからラインが離れてしまわないように、常にテンションをかけることを忘れないでください。

シングルフックがリリーサーと接触します。

しっかりとフックベント部分をリリーサーの内側で引っ掛けたら、リリーサーのグリップを持つ手をひねってください。

リリーサーの使い方をマスターしよう!

リリーサーの使い方の続きです。

慎重に丁寧に実践するようにしましょう。

でないと、せっかく釣ったトラウトの口周りを傷めてしまうことになりかねません。

リリーサーを回転させつつ、自分のほうへ向かって引いてください。

同時にロッドは、押し出すようにするとラインテンションを保てますよ。

これら一連の作業を上手くおこなえば、刺さっていたフックはカンタンに外れます。

スムーズにおこなうには、何度も管釣りに出向いて練習するのがイチバンでしょう。

スタッフの方々からレクチャーしてもらうのもいいかもしれませんね。

リリーサーを用いるメリット!

リリーサー最大のメリットは、ランディングネットに触れさせず、もちろんアングラーの指や手にも触れさせずにリリースできるところにあります。

魚体はとてもデリケートで、その表面にはヌメリがあります。

このコーティングを剥がしてしまうと、まるで火傷を負ったのと同じ状態に陥りますよ。

最悪の場合、そのトラウトの命を奪ってしまうかもしれません。

せっかくリリースするつもりでいるのに、死なせてしまっては意味がありませんよね。

リリーサーを使いこなすことで、元気なトラウトを維持することができるのです。

それをまた釣ることができるわけです。

管釣りトラウトゲームで使いたいおすすめリリーサーを選んでみた!

それでは管釣りトラウトゲームで使ってみたい、おすすめのリリーサーを取り上げてみましょう。

携帯しやすいサイズで、剛性・耐久性のあるものが好ましいですね。

あまりら重いと使いづらいので、その辺も詳しくチェックしてから購入したいものです。

握りやすいグリップデザインにも、こだわってみてください。

スミス(SMITH LTD) リリーサー イージーリリーサー L 140mm

スミス(SMITH LTD) リリーサー イージーリリーサー L 140mm

最安値価格
¥1,028(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,090

楽天市場へ ¥1,089

Yahoo!へ ¥1,028

スミスから発売中のコンパクトなリリーサーです。

サイズはLで、全長は140ミリになっています。

先端の輪っかは、比較的大き目にデザインされているので、小型スプーンルアーならスムーズにすり抜けてくれるでしょう。

その逆、グリップエンド部分には凹みが設けられていますよ。

これはフックをトラウトに飲み込まれた際の、ハリハズシの役割を果たしてくれます。

両端が別の目的で使えるようになっているので、使い勝手はとてもいいでしょう。

実際に手に取ってみると、軽くて扱いやすい印象です。

剛性感も伴なっていますから、長く釣り場で使えるのは間違いありませんね。

管釣りトラウトゲームはもちろん、海のサビキ釣りでもリリーサーとして使えそうです。

アジングやメバリングなどのライトソルトウォーターゲームなどにも、バッチリ対応できますよね。

実売価格は千円台と、とても安い価格帯に収まっていますよ。

これなら複数個保持しておけば、さまざまな釣りシーンで活用できるはずですし、同行のアングラーにも貸すことができますね。

リリーサーの特徴や使い方をマスターして釣りを楽しもう!

リリーサーの特徴や使い方、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

管釣りトラウトゲームには、必ず持参するようにしたいですね!

トラウトの関連記事はこちら

トラウト」カテゴリの人気記事

DAILYランキング