魚のアップ写真

ソウダガツオを釣りたい!おすすめの食べ方や釣り方を詳しくチェック

FISHING JAPAN 編集部

ショアジギングを楽しんでいると時折釣れるのが、体長40センチほどのソウダガツオです。

沿岸部に接近して回遊しているケースが多いので、アングラーの恰好のターゲットになっていますよ。

どんな特徴や釣り方・食べ方があるのか、詳しくチェックしてみましょう。

「夏によく掛かってくるけど、旬は脂の乗ってくる晩秋から冬にかけてがいいんでしょ?」

その通り!美味しく食べるには、釣ってすぐに締める下処理も必要になってきます。

ソウダガツオとは

ソウダガツオとは、スズキ目・サバ科の回遊魚で、マルソウダとヒラソウダの2種類があることがよく知られています。

普通のカツオよりはボディサイズが小さく、全長は40センチ前後のものが多いですね。

中には60センチ近いものも釣れますが、ショアジギングによるアプローチならあまり大きな個体は見られないでしょう。

ソウダガツオの体形は、細長い円筒状になっていて、色や模様はやはりサバに似ています。

ウロコは、身体の前半部に集中している感じでしょうか。

高知や徳島などの四国地方では、メヂカという名前で呼ばれています。

生息域は、世界の温帯・熱帯の暖かな海域で、日本では北海道から九州各地の沿岸部で回遊しています。

表層に居て、捕食対象に引っ張られて中層にレンジを下げる傾向がありますね。

ボトムにベタベタに付いているケースは、釣っていてあまり経験したことがありません。

キャストしたメタルジグは、一応ボトムまで落とすのですが、ソウダガツオが掛かってくるのは、決まってリトリーブ中。

リフト&フォールでも誘うのですが、やはり一定の層をトレースするほうが、効率よくフッキングに持ち込めるでしょう。

ソウダガツオの生態

ソウダガツオの生態についてチェックしてみましょう。

産卵は、春から夏にかけておこなわれます。

捕食の対象は、小魚全般やエビなどの甲殻類・タコやイカといった軟体動物・動物プランクトンなど。

いわゆる暖流に乗って移動を繰り返しているので、そこに同居するイワシなどは、恰好の捕食対象となっています。

ひんぱんに釣れ出すのは、産卵を終えた時期からでしょうか。

晩秋から冬にかけても、丁寧に根気よくキャストを続けていれば、ブリ系の魚と同様に釣れることがあります。

寒い季節のほうが脂が載っていて美味しく食べることができますよ。

食べ方は、鮮度が良ければ刺身がおすすめです。

その他煮付けや焼き物・揚げ物・なめろうなどに調理してもバッチリですよ。

ソウダガツオの食べ方・釣り方

ソウダガツオを食べる際に注意したいのは、鮮度です。

鮮度が落ちると、血中にヒスチジンが多いので体内でヒスタミンが生成されてしまうことに。

そのまま食べるとヒスタミン食中毒を起こしやすくなるので、それを防ぐには釣ってすぐに血抜きを徹底することです。

エラをカットして取り除き、その状態で海水を入れたバッカンやバケツに浸けておくと、上手く血を抜くことができますよ。

発生してしまったヒスタミンは、加熱処理しても残る特性があるので、最初の血抜き作業がとても重要になってきます。

釣り方は、メタルジグをロングキャストして、リトリーブで誘いをかけるショアジギング、もしくはライトショアジギングによるアプローチがおすすめです。

ソウダガツオをライトショアジギングで狙っている動画はこちら

ソウダガツオを狙うのにおすすめのタックルを選んでみた!

それでは、ソウダガツオをターゲットにしたおすすめのタックルについてご紹介しましょう。

ショアジギングでアプローチすると、効率よくソウダガツオの回遊に遭遇することができるでしょう。

ロングキャストを考慮して、ロッドは10フィートを超えるもので揃えたいですね。

バイトの衝撃が結構強いですし、他の大型青物が掛かってくることから、PEラインは2号~3号前後の太いものにしましょう。

フッキングしたらバレを防ぐために、ゴリ巻きで引き寄せてください。

メジャークラフト ファーストキャストショアジギング FCS-1002MH

メジャークラフト ファーストキャストショアジギング FCS-1002MH

最安値価格
¥8,118(楽天市場)

Amazonへ ¥8,311

楽天市場へ ¥8,118

Yahoo!へ ¥8,118

メジャークラフトから発売中のショアジギングロッドです。

長さが10フィートを超えているので、しっかり振れば相当な飛距離を期待できるでしょう。

バットパワーがとてもしっかりしていて、ブランクはMHパワーに仕上げられていますよ。

振り抜けもよく、ブレがあまり生じない味付けなので、キャストを繰り返すのがとても楽な印象です。

適合ジグウエイトは、30グラムから80グラムまで。

実際に手にしてキャストしてみた感じでは、60グラム程度のジグとのマッチングがバツグンに良かったですよ。

ラインが絡まるようなトラブルは、解消されていますから、扱いやすいロッドといえそうですね。

ガイドシステムにはFujiのOリングを使っていて、2号前後の太いPEラインとの相性がいい感じです。

実売価格は8千円前後と、とても安い価格帯に設定されていますよ。

これならスピニングリールやPEライン・メタルジグなどを一緒に揃えやすいですよね。

初心者アングラーの人で、最初の1本を決めかねているなら、このロッドを試してみることをおすすめします。

ブリなどの大型青物が掛かっても、しっかりと耐えてくれる中弾性カーボンブランクが頼りになりますよ。

メジャークラフトからは、このロッド以外にもコスパに優れた豊富なラインナップが用意されています。

ガイドシステムやリングの材質などが変更されているので、好みのスペックのものを見つけて試してみるのもいいかもしれませんね。

どれも低価格に抑えられていますから、どれを選ぼうか迷ってしまうでしょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 レグザ LT6000D-H (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 レグザ LT6000D-H (2019モデル)

最安値価格
¥15,600(amazon)

Amazonへ ¥15,600

楽天市場へ ¥16,214

Yahoo!へ ¥16,214

ダイワの中型スピニングリール・レグザの6000番です。

4000番以上なら、ショアジギングゲームを楽しめるのですが、PEラインを2号以上の太いものにしたいときは、番手をこれぐらいにするとラインを多めに巻くことができます。

ギア比5.7対1で、ハンドル1回転101センチものラインを回収可能ですよ。

これならロングキャストをしても、カンタンに巻き取ってしまうことができますね。

手返しのピッチが早くなり、その分ソウダガツオに遭遇する確率も高まるでしょう。

自重は380クラムと、やや重めになりますが、6000番という番手を考えるとさほど重くはないですよね。

ラインキャパは、PEラインの3号で300メートルも巻くことが可能です。

豪快にフルキャストを繰り返しても、ラインが足りなくなることは防げるでしょう。

実売価格は1万円台と、かなり低価格に抑えられています。

これからショアジギングをスタートさせたい人に、強く響くリールといえそうです。

もう少しラインの号数を低くしたいなら、5000番以下の機種も視野に入れて選ぶようにしてください。

クレハ(KUREHA) PEライン シーガー PE X8 300m 3.0号 48lb(21.8㎏) 5色分け

クレハ(KUREHA) PEライン シーガー PE X8 300m 3.0号 48lb(21.8㎏) 5色分け

最安値価格
¥2,420(Yahoo!)

Amazonへ ¥2,648

楽天市場へ ¥2,645

Yahoo!へ ¥2,420

クレハからリリースされている、定番のPEラインです。

こちらは3号の太さで300メートルの量がありますから、ロングキャストをメインとするショアジギングに向いているでしょう。

8本撚りで、強くてしなやかな使い心地が好評です。

使われている素材は、超強力ポリエチレン繊維=イザナスになります。

10メートルごとに配色が切り替わっていて、オレンジ・青・赤・緑・紫の順に並んでいますよ。

巻き取りの際に飛距離を確認できますし、バイトが発生した距離を推し量ることも容易です。

実売価格は2千円台と、300メートル巻きにしてはかなり安い価格帯になっています。

ラインにかかる費用を抑えることができれば、ライン交換もスムーズにおこなえますし、ライントラブルの発生も未然に防げるでしょう。

ショックリーダーラインとの結節もカンタンで、滑らずにノットが安定してくれるのが嬉しいですね。

ソウダガツオの生態を理解してショアジギングで釣り上げよう!

ソウダガツオの特徴や食べ方・釣り方や、おすすめのタックルについて取り上げましたが、いかがでしたか?

ショアジギングが盛んにおこなわれている釣り場では、アングラーの釣り座を隣りの人からできるだけ離すようにしましょう。

あまりに近いと、キャスティングやランディングの際にトラブルが発生してしまうかもしれません。

釣り場に到着してあまりに先行者が多いようなら、思い切って別の釣り場へ移動するように心がけたいですね。

無理やり間に入ってショアジギングを始める行為は、厳に慎みましょう。

ショアジギングの関連記事はこちら

」カテゴリの人気記事

DAILYランキング