釣り人のアップ写真

今江克隆プロ特集!日本のバストーナメント界に君臨し続けるプロアングラー

FISHING JAPAN 編集部

今江克隆プロが日本のバストーナメントに参戦したのは、彼がまだ大学在学中のころで、ラインメーカーとのスポンサード契約もそのころからスタートしています。

彼の活躍を通して、バス釣りの面白味や奥深さ、トーナメントのシビアな状況、そしてアングラーとして外来魚であるバスと、どのように向き合うべきかを考えさせられるきっかけになりました。

プロは、アマチュアを導き、支え続けるために存在しています。

その意識を常に持って、今もなお現役のトーナメンターであろうとする彼に、期待する人は多いでしょう。

ここでは、今江克隆プロの経歴やバス釣りとの関わり方について取り上げます。

今江克隆プロとは

今江克隆プロとは、日本を代表するバストーナメントアングラーのことです。

自身が独立して立ち上げたルアーメーカー・イマカツを主宰し、これまでに数多くのルアーやバス釣り関連タックルをリリースしてきました。

イマカツの公式サイトがリニューアルされて、とても見やすくなりましたが、その豊富はアイテム数は他メーカーの追随を許しません。

だからなのか、彼が登場する動画は、どれを観ても商品プロモーション絡みばかり。

メーカーやスポンサー企業を支える立場である以上、仕方ないのかもしれませんが、これでは今江克隆プロ当人の、アングラーとしての本質がスポイルされてしまいます。

過去に村田基さんが言われていたことをはっきりと覚えていますが、彼にバス釣り以外の釣りをさせてあげたい!と。

そういうシーンをオープンにすることで、釣りそのものに相対している姿を、我々は見ることになるはずです。

モノを売らなきゃならない!という足枷をひと時外した状態の、釣りを心から楽しんでいる表情を露わにすること。

これもプロとして歩んでいくのに、とても大切だと感じるのですがいかがでしょうか。

たぶんその瞬間、次のステップが明確になるでしょうし、我々も今江克隆プロへの期待を、より一層膨らませることにつながるでしょう。

でも、シンプルなことのようで、なかなか越えられないハードルなのかも。

それは当人にしか分からない、こだわりの部分でもあるのでしょう。

プリスポーンニングのビッグバスを仕留める今江克隆プロの動画はこちら

今江克隆プロとコンバットスティック

今江克隆プロがプロデュースしたロッドといえば、エバーグリーンのコンバットスティックが挙げられます。

特に初代とその次のインスパイアシリーズは、多くのアングラーから高評価を得ました。

発売当時、アメリカのフェニックスやフェンウィック、エビスのミスタードンなど、バスロッドの選択肢が広がりを見せ始めていた時期で、硬さという個性とバリエーションの豊富さから、最も刺激的だったのがコンバットスティックだったといえます。

使ってみたい!使わなきゃ分からない!という焦燥感に似た感覚に支配され、購入を繰り返したのを覚えています。

ラバージグをうまく操作するためのツールとして、このロッドシリーズは卓越したスペックを持っていましたし、アマチュアにも深く浸透するほどの分かりやすさを備えていました。

そうです!あの時代のアイテムには、バス釣りタックル開拓期であったことも重なって、分かりやすさが伴なっていたのです。

今江克隆プロが口にする言葉が、その入り口を構築していたのは間違いないでしょう。

今江克隆プロが使うシークレットというフレーズ

今江克隆プロがよく口にする言葉の中に、“シークレット”があります。

内緒にしていることがあるからこそ、他のアングラーとは違う好釣果に恵まれる!という図式ですが、これも分かりやすさを追求したひとつのカタチでしょう。

最近はそのシークレットアプローチを集めて公開していますから、実のところ内緒でもなんでもないのです。

バスを釣るために必要なものを挙げていくと、場所や使うルアー、そして個々が持つ釣りスキル。

そのスキルを支える着想を、彼はシークレットと名付けたに過ぎません。

それを情報として知っておくだけでなく、釣り場で実践して自分のものにすることが、もしかすると今江克隆プロが目指していた帰結点かもしれませんね。

シークレットメソッドを公開しながらバスを釣る今江克隆プロの動画はこちら

今江克隆プロに関わりの深いおすすめタックルをピックアップ!

今江克隆プロに関わりの深いタックルの中から、おすすめのアイテムを取り上げてみましょう。

まずは、リールから。

スペシャル仕様のアブガルシアリールは、年々ハイスペックにバージョンアップされている感があります。

軽量のルアーでも、正確にライントラブルなく扱えるのがスゴイですよね。

アブガルシア(Abu Garcia) LX992ZーL

アブガルシア(Abu Garcia) LX992ZーL

最安値価格
¥39,551(amazon)

Amazonへ ¥39,551

楽天市場へ ¥39,551

Yahoo!へ ¥39,551

アブガルシアからリリースされている、今江克隆プロ監修の最新ベイトリールです。

2020年に新発売されて、多くのバスアングラーから注目を浴びていますよ。

高い剛性感を作り出す、アルミ素材フレームでリールの心臓部を支えています。

サイドプレートにはC6カーボンを使っていて、大幅な軽量化を達成。

自重は160グラムとかなり軽めで、ギア比8.0対1です。

ハンドル1回転で83センチのラインを回収できるようになっていますよ。

最大ドラグ力は7キロ、ラインキャパは本体に装着されているほうは、8ポンドラインを100メートル巻けます。

予備用に付属しているほうは、16ポンドラインなら75メートル巻けます。

2つのスプールが同梱されているので、幅広い釣り方に対応できるのがいいですね。

実際に手にしてみると、ハイエンドスペックモデルらしい仕上がりで、パーミングもしやすいデザインです。

ハンドルノブのつまみやすさはバツグンで、指先に馴染むような感触は、長く釣りを続けるのにもメリットとなるはずです。

実売価格は4万円前後と、他メーカーのハイスペックモデルより低い価格帯に設定されています。

左・右両ハンドルが用意されていますから、好みのほうを選んで実戦投入してみましょう。

エバーグリーン(EVERGREEN) アイマッチョ 2.8インチ #126 イマエアユ

エバーグリーン(EVERGREEN) アイマッチョ 2.8インチ #126 イマエアユ

最安値価格
¥900(amazon)

Amazonへ ¥900

エバーグリーンから新発売されるI字系ワームです。

コンパクトな2.8インチサイズですから、ダウンショットリグや巻きキャロ、スモラバのトレーラーとして幅広く活用できるでしょう。

ヘッド部分が幅広いデザインになっているので、フックをセットする際やネイルシンカーを打つときなどに便利です。

ボディのリブには、45度の傾斜が与えられているので、横方向に引っ張った際の浮き上がりが抑えられるようになっています。

また水平の胸ビレは、ふらつきや浮上を抑えてレンジキープを実践するのに効果的。

ボディにはセンターラインが刻まれていますから、フック装着時に曲がって付けてしまうトラブルを避けられます。

実売価格は800円前後と、バス釣り用ワームの平均的な価格帯に収まっていますよ。

4インチを超えるサイズのワームでアプローチしても、なかなか口を使ってもらえないときに、このワームをI字スイミングさせて誘ってみましょう。

製品パッケージは、型崩れしにくいトレイ入りで、切り離して2本ずつ保持することも可能です。

IMAKATSU(イマカツ) ルアー ゲキアサシャッド 3Dリアリズム #548 3Dメスギル

IMAKATSU(イマカツ) ルアー ゲキアサシャッド 3Dリアリズム #548 3Dメスギル

最安値価格
¥3,500(amazon)

Amazonへ ¥3,500

Yahoo!へ ¥4,990

イマカツから発売中のシャッドプラグ・ゲキアサシャッドです。

全長58ミリとコンパクトで、自重は7グラム。

キャストして着水しても、急潜行するようには作られておらず、水面直下50センチの層を水面と並行にリトリーブすることができます。

これにより、ルアーの位置は常にバスの目線の上に。

これをキープするほうが、バスからよく見えますし、バイトにもつながりやすいのです。

実際なキャストしてみると、7グラムと軽いものの飛距離の伸びはバツグン。

素晴らしいキャスタビリティを誇りながら、ボトムは叩かないで泳げるのがいいですね。

実売価格は2千円前後で、3Dリアリズムとよばれるリアルな小魚のカラーリングも好評です。

よく似たベイトフィッシュがいないかどうか、よく観察してからカラーを選ぶようにしましょう。

リトリーブのスピードは、いろいろ変えながら試してみるのがいいですよ。

今江克隆プロの釣りスタイルを参考にしてバス釣りを楽しもう!

今江克隆プロの経歴や釣り方、おすすすめの関連タックルをご紹介しましたが、いかがですか?

多くのアングラーに影響力のある人ですから、今後の行動やリリースアイテムなどに注目し続けたいですね。

バス釣りの関連記事はこちら

バスプロ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング