バス釣りの写真

日本のバス釣りをあきらめない!釣り場がどんどん減っていく原因は何?楽しいバス釣りを続けるためにしなければならないこと!

FISHING JAPAN 編集部

日本におけるバス釣りは、間違いなく曲がり角を迎えています。

それどころか、日常の中で気軽に楽しむ趣味としては、その領域や権利を奪われようとしているといっても過言ではありません。

淡水域内水面、いわゆる管理者が明確な灌漑用貯水池でのバス釣りは、今後全面禁止になる恐れが出てきました。

バスが駆除対象の外来魚だから、というわけではありません。

バスに群がる我々釣り人に、大きな問題があるからです。

バス釣りは楽しい!でもバスの食性について詳しく知ってる?

バス釣りは、アメリカを始め海外の至るところで認められている釣りのひとつです。

ルアーを追いかけて激しくバイトを繰り返すバスの姿に、興奮を覚える人が多いのでしょう。

一度釣ってみれば、その生態やルアーへの反応の仕方に、愛くるしささえ感じてしまう、そんな対象魚ではあります。

しかしながら、バスの食性はそれまでの環境を一変させるに足る、激しく強烈なものであることを、釣り人はもっと知るべきでしょう。

サギや鵜に食べられてしまうバス!でも釣り場にとって本当に厄介なのは・・・

バスが池に入ると、食物連鎖の頂点に君臨します。

在来の魚種は簡単に駆逐されていきますかから、それまでの池ではなくなります。

厳密にはサギや鵜などの鳥類が、バスを好んで食べていますから、食物連鎖の頂点の座はスルリと取って代わられているのですが。

実は本当に厄介なのは、バスでも鳥でもありません。

我々ニンゲンなのです。

そこに池があるのは灌漑用水を確保するため!

釣り場となった池は、元々釣りをするための場所ではありません。

先に書いたように、農業を営むための灌漑用水を確保するところなのです。

そこで釣りをするということは、当然のように与えられた権利ではなく、管理者から許可を得て初めて釣りが可能になるという事実を、知っておくべきでしょう。

にもかかわらず、ニンゲンが勝手に釣りを始めたり、ボートを浮かべたり。

ゴミは平気で捨てていき、木の枝は折り放題。

挙句の果てには、取水施設であるポンプやイノシシ・鹿除けのフェンスまで壊していく始末です。

これでは釣り禁止の池や湖が増えていくのは仕方のないことで、そのうちその流れが日本全国に広まったとしても、何ら不思議ではありません。

このままバス釣りが気軽に楽しめない日本になってかまわないのですか?

害人に成り下がっている釣り人が、その意識を変えなければ、世界でも珍しいバス釣り禁止の国が出来上がってしまうでしょう。

そうならないための施策を個々で発案し、実行に移す時期に来ています。

ゴミを捨てない・取水施設には近寄らない・釣り禁止エリアで釣りをしない。

この辺を意識しながら、釣り場を管理している地元の人々とのコミュニケーションを密にするところから始めてみましょう。

日本でいつまでもバス釣りが楽しめるように、その努力を惜しまない釣り人になりましょう。

釣り場で切断したラインを持ち帰るのに便利なおすすめグッズはこちら

第一精工 糸くずワインダー ダークアース ゴミ カラビナ 釣り

第一精工 糸くずワインダー ダークアース ゴミ カラビナ 釣り

参考価格:¥307

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

バス釣り関連記事

バス釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング