リールのアップ写真

ダイワのスピニングリールってどれを選べばいいの?おすすめ機種のインプレ特集

FISHING JAPAN 編集部

ダイワからリリースされている釣りアイテムは、数え切れないほど豊富でアングラーを魅了し続けています。

中でも人気なのが、先進技術を惜しげもなく搭載しているスピニングリール。

2020年に登場して話題の中心になっているルビアスや、堅牢で剛性・耐久性のあるセルテートなど、個々の釣りスタイルに合わせて選択肢が用意されているのがスゴイですよね。

ここでは、ダイワのスピニングリールについて、インプレも絡めながら詳しくご紹介しましょう。

ダイワのスピニングリールとは

ダイワのスピニングリールとは、釣りを始める際にまず手にしたい、完成度の高い釣り道具のことです。

魚を釣るのに、エサやルアーを投入しなければなりません。

延べ竿で届く範囲なら問題はないのですが、もし遠くにポイントがあるのなら、ロッドの長さ以上の距離をキャストして届けなければならなくなります。

そして届けた以上は、きっちり回収しなければ釣りは成立しません。

この基本的な釣りのアプローチを何度も繰り返すことができ、なおかつ魚が掛かった場合にバラさず引き寄せて、確実にランディングに持ち込めるのが、ダイワのスピニングリールなのです。

粗悪で剛性・耐久性のないものなら、魚による数度の引きで故障してしまうでしょう。

また滑らかで軽やかな巻き心地がなければ、魚からのアタリすら感じ取ることが難しいでしょう。

極めて基本的な部分で、釣りそのものを支え構築してくれる役割を持っているといえそうです。

「でも最初から高価なスピニングリールは買えないんだよなぁ~、、」

その点もだいじょうぶ!ダイワのスピニングリールには、コスパ優秀で安い価格帯の機種も揃っています。

低価格で高性能なものが用意できているのも、ダイワというメーカーの姿勢の表れです。

安心してお好みの機種を選んでみましょう。

ダイワのスピニングリールに搭載されている先進技術をチェック!

ダイワのスピニングリールには、先進の技術が詰め込まれています。

マグシールドやザイオン素材・ATDなど、我々の釣りスタイルの向上に影響を与えてくれるものばかり。

さまざまな優秀スペックの中から、注目したいのがハンドルです。

ノブの形状や材質へのこだわりは、そのまま我々ユーザーの使い心地・満足度に直結していますよ。

握りやすさ・つまみやすさが徹底的に研究されていて、自然と指先にフィットするものがセットされています。

社外品のハンドルに交換しているアングラーも見かけますが、まずは純正ハンドルのまま実釣で使ってみてください。

最新型のスピニングリールがリリースされるたびに、人間工学に基づいた扱いやすさの最たるものが、そこに存在していますから。

それからスプールら付いているラインストッパーの形状にも注目です。

最新のタイプは、極細エステルラインから太目のショックリーダーラインまで、パーフェクトに留め置くことが可能です。

とても小さな箇所の改善行為ですが、これを大切にしているところにダイワらしさを感じずにはいられません。

番手が表すボディサイズに注目!

ダイワのスピニングリールの番手サイズが、少しコンパクトになった印象があります。

例えば、バス釣りやエギングゲームでは2500番が標準と思っていて、最新のセルテートやルビアスを手にしてみると、とても小さいのです。

ラインキャパはじゅうぶんですから、これまで通りバスやイカを釣ることはできるのですが、1つ上の番手にも興味が湧いて来て、「こっちの番手も使えるんじゃないか?」と手にする機会が増えました。

実際に使ってみると軽量化と相まって操りやすく、キャストフィールやドラグの滑りの向上・糸ヨレ抑制の効果なども体感できるレベルです。

同じ対象魚を釣るのに、選択肢が増えた気がしますよね。

細いライン・太いラインの使い分けを、スピニングリールの番手の違いで対応できるとなると、釣り方そのものが変わっていくでしょう。

ダイワのスピニングリールからおすすめの機種をピックアップ!

それでは、ダイワのスピニングリールの中から、おすすめの機種を取り上げてみましょう。

初心者の人に手に取ってもらいたいものを中心に、選んでみました。

実際に使ってみたインプレも絡めているので、ぜひ購入時の参考にしてみてくださいね。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 クレスト LT2500S-XH (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 クレスト LT2500S-XH (2020モデル)

最安値価格
¥4,605(amazon)

Amazonへ ¥4,605

楽天市場へ ¥4,716

Yahoo!へ ¥4,646

2020年にリリースされた、最新型のクレスト・2500番のエクストラハイギアモデルです。

コスパ優秀で価格が安いのが特徴ですが、実際に使ってみるとその完成度に驚かされますよ。

ラインキャパは、PEラインの0.6号で200メートルありますから、バス釣りやエギングゲームにじゅうぶん対応できるでしょう。

ギア比6.2対1なので、ハンドル1巻きで87センチのラインを回収可能です。

糸フケが発生しても、これなら一瞬で巻き取ってラインにテンションを与えられますよね。

同じ2500番には、深溝スプールタイプやローギアタイプも用意されていて選択肢が充実。

自分の釣りスタイルに合わせて使い分けが可能なのが嬉しいですね。

実際に手にしてみると、ボディ下部に付いていたオン・オフストッパーがありません。

ハンドル回転を逆に回せなくなっていますから、ラインの放出はドラグを緩めて対処することに。

でもこのほうが、ストッパーレバーに指が当たって思わぬタイミングでハンドルが逆転してしまうのを防げます。

確実にフッキングしてランディングに持ち込みたいなら、思い切ってストッパーレバーを無くしてしまうのもありでしょう。

巻き心地は滑らかで、ザラついた感じや引っ掛かりなどは皆無。

実売価格5千円前後のスピニングリールで、この使用感を出してしまう辺りが、ダイワらしさといえるでしょう。

エサ釣り・ルアー釣りともに活用できますから、さまざまな釣りにチャレンジしたい人におすすめです。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス LT2500S-DH (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス LT2500S-DH (2020モデル)

最安値価格
¥27,295(amazon)

Amazonへ ¥27,295

楽天市場へ ¥29,395

Yahoo!へ ¥28,528

こちらも2020年に新発売となったルビアス、2000番から2500番まで手にしてみましたが、いやはや軽い!のひと言です。

ここまで軽量化されると、アジングやメバリングなどのライトソルトウォーターゲームは、20ルビアスで対応したくなってしまいますよね。

ダイワが採用しているモノコックボディの素材にザイオンを使ったことで、より一層軽さが際立ったということでしょうか。

実釣で使ってみると、エステルライン・PEラインともに相性が良好で、キャストの際のライントラブルや、魚が掛かってからのラインブレイクが見事に抑えられています。

2点支持のラインローラーもかなり効いている印象で、糸ヨレを防ぎながら長い時間釣りを楽しめるのがいいですね。

2500番で185グラムしか自重がありませんから、手首やヒジが疲れにくく、微細なアタリにも敏感に対処できるでしょう。

ラインが張り詰めた状態からの、ATDドラグの滑り出しも良好で、思わぬ大型魚が掛かっても慌てずやり取りをおこなってください。

このモデルも、ストッパーレス化が図られていますから、ノブ部分から海水が浸入する心配もありません。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 セルテート LT3000-XH (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 セルテート LT3000-XH (2019モデル)

最安値価格
¥37,804(amazon)

Amazonへ ¥37,804

楽天市場へ ¥40,405

Yahoo!へ ¥40,400

ダイワのモノコックボディの強みを活かしている印象の強いスピニングリールといえば、やはりこのセルテートでしょう。

使っていて剛性・耐久性を体感できますし、シーバスなどの大型魚が掛かっても難なく引き寄せることが可能です。

頼りがいのあるボディだからこそ、攻めの釣りを展開できますから、積極的にルアーをキャストしてゲームを組み立てたい人におすすめですね。

5000番サイズならショアジギングを楽しめますから、釣り方や対象魚に応じて番手を選ぶようにしましょう。

小さな番手が用意されていないことからも、大きな負荷のかかる大型魚を相手にした釣りを、このスピニングリールで楽しんでください。

ダイワのスピニングリールを駆使して釣りを楽しもう!

ダイワのスピニングリールの特徴や、おすすめの機種をご紹介しましたが、いかがでしたか?

自分の釣りスタイルは、経験を重ねていくとステップアップしていきます。

そのときの自分に合ったスピニングリールを選ぶことで、より一層魚を獲ることが可能に。

ダイワのスピニングリールなら、豊富なラインナップによってアングラーのスキルにマッチしたものを手にすることができます。

ぜひ釣具店で実際に触れながら、自分にとってのベストを見つけ出してくださいね!

ダイワの関連記事はこちら

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング