ルアーのアップ写真

渓流ルアーってどれを選べばいいの?ネイティブトラウトゲームにおすすめのタックル特集

FISHING JAPAN 編集部

暖かい季節になれば、渓流に足を向けたくなりますよね。

各地の河川で、ヤマメやアマゴの放流が実施された話も耳に聞こえてきますよ。

となれば、渓流ルアーや専用のロッド・リールなどを携えて、釣行の計画を立ててみましょう。

ここでは、渓流ルアーの特徴や使い方、おすすめの専用タックルについて特集します。

「やっぱ管釣りトラウトゲームで使っているものを転用しちゃあダメなのかな?」

そんな決まりはどこにもありません。

管釣りトラウトで使っているスプーンやミノーなども、渓流ルアーとして活用してみてください。

流れのあるシチュエーションに変わりますから、それに応じたアプローチの仕方が求められます。

渓流ルアーとは

渓流ルアーとは、河川の上流域に棲むヤマメやイワナ・アマゴなどをターゲットにした、小型でフラッシング機能強めのルアーのことです。

餌やフライと比べてウエイトがあるので、狙ったピンポイントへ送り込むのに適していますよ。

低い弾道で素早くアプローチできますから、魚に気づかれずに彼らのテリトリー内へ入り込めるのが、大きなメリットといえるでしょう。

不意を突かれた魚は、侵入者に対して①警戒心を高めて逃げる!②威嚇して襲い掛かる!の二手に出るでしょう。

③捕食対象として認識し食らい付く!は、その後の選択のような気がしますね。

この辺の判断は、アングラーによって個人差がありますから、自由なスタンスで釣りに取り組んでください。

③に移行するのに、ちょっとした間が発生します。

これが魚の持つ個性のような気がするのですが、この間に直接刺激を与えるのが、渓流ルアーだと考えてみてください。

アトラクター機能の秀でたルアーなら、間を活かすことができるでしょう。

もし間の長い魚なら、アトラクターを見切ってしまうかもしれません。

そこでルアーをチェンジし、再度のアプローチを試みるわけです。

1日などあっという間に過ぎ去ってしまい、また渓流に足を運びたくなる、そういうループがあなたを待っています。

渓流ルアーとの付き合いは、深く長いものになっていくでしょう。

フラットサイド+ヘビーシンキング

渓流ルアーの昨今の特徴は、フラットサイド+ヘビーシンキングでしょう。

とあるメーカーがヒット製品を作れば、他社がすぐに追従するので、いったいどれが元祖だったのか分からなくなります。

いや、アングラーにとって起点がどこか?などということには、興味が膨らまないのかもしれません。

それよりも、どれが最もよく釣れるか?に引き付けられていきます。

答えは、やはり使ってみないことには判断できません。

お気に入りのメーカーやブランドを見つけるために、足しげく釣具店に通い、足しげく渓流にも通いましょう。

でも、時間には限りがあります。

渓流まで遠いなら、自宅近くの釣り場でルアーの泳ぎをチェックしてください。

そして魚の追いも観察してみましょう。

メッキやアジ・メバル・チヌ・キビレ・シーバスなら、渓流ルアーにすこぶる反応してくれます。

バスやブルーギルも、追従の姿勢を見せてくれるでしょう。

その中でキラリと光るものが発見できたら、次の渓流釣行に持参してください。

渓流釣りで守りたいルール

渓流で釣りをするには、守らなければならないことがあります。

定められたルールに則り、遊漁券の購入はもちろん、指定された釣り可能エリアのみで渓流釣りをするようにしてください。

熱中症対策は万全に、ロングスリーブのラッシュガードや耐水性の高いウエーダーにシューズを用意するのを忘れないようにしましょう。

また岩肌が剥き出しになっている箇所が多いので、擦り傷や切り傷が絶えません。

応急治療のできるキットを持ち込んでおかないと、大きなトラブルになってしまう危険性があります。

野生生物との遭遇も、想定しておく必要があります。

いつもイノシシのほうから逃げてくれるとは限りませんので、注意深く歩を進めるようにしたいですね。

ヘビやハチの存在は、彼らが移動する際に発する音でも、気づくことができます。

かなり小さな音ですが、耳による危険察知の訓練も怠らないようにしてください。

イトウクラフトの丁寧で魅力的なルアーデモンストレーション動画はこちら

渓流ルアーに関連するおすすめタックルはこちら!

それでは、おすすめの渓流ルアーや関連タックルを取り上げましょう。

ミノーやスピナー・スプーンはもちろん、ロッドやリールも並べてみました。

軽量かつコンパクトなほうが、移動しやすいのは間違いありません。

イトウクラフト(Ito Craft) バルサミノー ボウイ 42S PYG

イトウクラフト(Ito Craft) バルサミノー ボウイ 42S PYG

参考価格:¥3,509

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

イトウクラフトからリリースされている、バルサウッド素材のシンキングミノーです。

2.4グラムとさほどヘビーではないものの、流れる水に対してしっかりと絡み付くセッティングになっていますよ。

ラインのたるみでルアーヘッドが下を向くので、フロロカーボンラインのリーダーや道糸は欠かせない印象。

そのほうがロッドワークに機敏に反応してくれますし、キルを入れてスラックを出した際の誘いの要素が、短時間で膨らみます。

縦方向に操りつつ、左右へのよじるようなアクションも忘れないようにすれば、この渓流ルアーを見切れる魚は、ほぼいないでしょう。

ダイワ(DAIWA) トラウト シルバークリーク スピナー 4.0g 珈琲 ルアー

ダイワ(DAIWA) トラウト シルバークリーク スピナー 4.0g 珈琲 ルアー

参考価格:¥440

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダイワから発売中のベーシックなスピナーです。

低い軌道で伸びるようにキャストアプローチできますよ。

浮力の要素はないのですが、ひとたびブレードが回転をし始めると、水面に向かって浮き上がってきます。

そのままリトリーブしてしまえば、水面を割って飛び出してしまうので、巻き取るスピードを下げて沈めるようにしてください。

完全に沈めるとボトムに引っ掛かりますから、引っ掛からない程度にリトリーブを再開します。

水中を漂う生き物のように、しっかりとトレースゾーンを確定してキャストを繰り返せるようになれば、カンタンに魚が釣れるでしょう。

水の流れの強弱に合わせて、ウエイトを切り換えながら使ってみてください。

シマノ(SHIMANO) ルアー カーディフ ストリームフラット 50HS ZN-350T 010 Pゴールドヤマメ

シマノ(SHIMANO) ルアー カーディフ ストリームフラット 50HS ZN-350T 010 Pゴールドヤマメ

参考価格:¥1,001

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

長さ50ミリで自重4.5グラムの、シマノのヘビーシンキングミノーです。

リップ角や面積・取り付け角が絶妙で、イメージした層をしっかりトレースできるようになっていますよ。

トゥイッチを繰り出すと、左右にメリハリのあるダートアクションでスライドしてくれるのがいいですね。

誘いから食わせへの切り替えがしやすいルアーといえるでしょう。

アキュラシー精度の高いキャストを、繰り返すことができます。

メガバス(Megabass) ルアー グレートハンティング50フラットサイド (FS) M ブルーストリーム 36653

メガバス(Megabass) ルアー グレートハンティング50フラットサイド (FS) M ブルーストリーム 36653

参考価格:¥1,420

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

体高が、他のフラットサイドタイプより抑え気味なので、ロールピッチが細かくなっているのが特徴のヘビーシンキングミノーです。

長さ50ミリで自重4.0グラムですから、飛距離も精度もじゅうぶん。

標準装備されているフックは、刺さりがよく強めのフッキングを実施しなくても刺さっているケースが多いですね。

やや曲がりやすい印象ですが、折れてしまうフックよりこちらのほうが扱いやすいでしょう。

ダイワ(DAIWA) トラウト シルバークリークシャッド チャートヤマメ 50F ルアー

ダイワ(DAIWA) トラウト シルバークリークシャッド チャートヤマメ 50F ルアー

参考価格:¥1,089

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ミノーだけでなくシャッドプラグも、渓流ルアーとして有効です。

特にこのフローティングタイプは、岩などに引っ掛かることなくトレースできますし、泳ぎが滑らかで柔らかい印象に。

つまり、シンキングルアーのようなメリハリアクションとは異なる誘い方を、しっかり実践できることになります。

食いが落ちたかな?と感じたら、フローティングのシャッドプラグをローテーションの一角に加えてみましょう。

シマノ(SHIMANO) ロッド カーディフ ネイティブスペシャル S47UL-3

シマノ(SHIMANO) ロッド カーディフ ネイティブスペシャル S47UL-3

参考価格:¥29,645

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

携帯性に優れた、シマノのネイティブトラウト用スピニングロッドです。

渓流に生い茂る草木の中にも持ち込みやすいですし、キャストも引っ掛かりを気にせず振り回せるのがいいですね。

全長4.7フィートで自重79グラム、仕舞寸法がたったの50.0センチです。

7グラムまでの渓流ルアーを背負えるので、幅広いルアーローテーションを楽しみながら釣り歩くことができます。

シマノ(SHIMANO) リール 19 ヴァンキッシュ C2000SHG

シマノ(SHIMANO) リール 19 ヴァンキッシュ C2000SHG

参考価格:¥43,700

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノのヴァンキッシュ、C2000番のハイギアモデルです。

ラインキャパは、フロロカーボンラインの3ポンドなら110メートルも巻けるようになっていますよ。

これなら余裕を持ってキャストを続けられますよね。

自重は145グラムと脅威の軽さを誇っているので、疲れ知らずで渓流釣りを楽しんでください。

ハンドル1巻きで82センチのラインを回収することができます。

渓流ルアーを駆使して釣りを楽しもう!

渓流ルアーの特徴や、おすすめの渓流タックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

釣り場に到着して先行者の姿を見つけたら、密接を避けるために別の流域へ移動することを心がけてください。

アングラー同士のコミュニケーションをとることは大切ですが、大勢が1ヵ所に集まって釣りをおこなうことは避けましょう。

ルアーの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング