リール 写真

ダイワのベイトリール・リョウガを使ってみた!ソルト仕様も含めたインプレチェック

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから発売中の丸型ベイトリール・リョウガのユーザーは、このリールにどんな評価を与えているのでしょう。

丸型ベイトリールといえば、1960年代にスウェーデンのABU社が赤い5000番を世に出し、その剛性感と使いやすさに多くのアングラーが魅了されました。

リョウガはその魅力を現在の技術で超えたのか、詳しくチェックしてみましょう。

過去のリョウガにはソルト専用モデルも

最新のリョウガは、2018年にフルモデルチェンジを実施しました。

ソルト専用リールの中には、2014年にリリースされたリョウガの名称を冠したリールが存在しますから、そちらのインプレもピックアップしてみます。

リョウガ1016Hのインプレ

ダイワ(DAIWA) リール リョウガ(2018) 1016H

ダイワ(DAIWA) リール リョウガ(2018) 1016H

参考価格:¥45,400

Amazonへ

他のリールも負荷を掛けずにハンドルを回すと凄く滑らかには感じますが、実際負荷を掛けると滑らかさが無くなる物が殆どですが、18リョウガは負荷を掛けた状態でも滑らかさが変わりません!素晴らしく滑らかです!

出典:amazon

リョウガには、2種類のスプールサイズが用意されていて、それぞれに2つのギア比と左右巻き仕様が設定されています。

1016Hは、小さいほうのスプールキャパ+ハイギア+右巻きハンドルになっていて、巻き物ルアーなどを手返しよくキャストしながら広範囲を攻めるのに向いています。

高い評価は、搭載されたハイパーメッシュギアシステムとボディ剛性によるものでしょう。

リョウガ1520Hのインプレ

ダイワ(DAIWA) リール リョウガ(2018) 1520H

ダイワ(DAIWA) リール リョウガ(2018) 1520H

参考価格:¥46,621

Amazonへ

ブレーキ効きすぎで飛距離が伸びないバックラッシュしないけどブレーキ設定最小でぶん投げるほどブレーキ効いて飛ばないのはとても残念遠投には全く使えない値段高いリールです。カルカッタ超えてないです。

出典:amazon

なかなか手厳しいインプレ評価になっていますが、ブレーキに関してはマグフォースを標準装備していて、調整幅はかなり細かく幅広くなっている印象があります。

ただ、メカニカルブレーキの代わりにゼロアジャスターが付くようになったので、ここの調整の仕方が紛らわしいのかもしれませんね。

実際にはゼロアジャスターですから、ブレーキ調整時は必要ないはずなのですが、その点は全てのユーザーにきっちり伝わっていないことも考えられます。

動画や公式サイト等で、リョウガに対する使用説明を増やす必要があるのではないでしょうか。

リョウガ ベイジギングC1012PE-Hのインプレ

ダイワ リール 14 リョウガ ベイジギング C1012PE-H

ダイワ リール 14 リョウガ ベイジギング C1012PE-H

Amazonへ

鯛ラバ釣り用に購入しました。性能等申し分ない商品です。しかしながら、使用中にサイドのカバーが緩んでいたらしく、使用中に外れ海中へ…… 帰りにキャスティングで部品注文。1万円かかりました。皆さん注意して下さい。

出典:amazon

過去にリリースされたリョウガをベースに、船釣りにおけるジギング仕様のものが存在します。

鯛ラバやスロージギングなどが流行っていますから、ユーザーも多いはず。

評価の内容を見てみると、サイドカバー脱落のトラブルがあったようですから、皆さんも注意して使うようにしてください。

DAILYランキング