人気急上昇中のテイルウォークから新発売された「バサルCA」の性能はプロのお墨付き!トーナメントでも使われるその実力とは?

FISHING JAPAN 編集部

人気急上昇中のブランド・テイルウォークが開発するベイトリール「バサル」シリーズから、2019年春にキャスティングモデルが発売されました。

バサルはバストーナメントでも使用され、初心者はもちろん、ベテランの方まで納得できる高品質が魅力のベイトリール。

今回は、そんなバサルについてテイルウォークテスターの井上泰徳プロの実釣インプレやトーナメント結果とともにご紹介していきます!

バサルはテイルウォークの新ベイトリール

バサルはエラン、フルレンジ、タイゲームリールに続くテイルウォークの新たなベイトリールシリーズとして、2018年秋にバーチカルモデルが登場しました。

そして2019年春、バサルにキャスティングモデルが登場します!

徹底的に価格を抑えつつ、ベテランアングラーをも唸らせる高品質を実現したバサルは、キャスティングモデルの登場によって、バスフィッシングやボートシーバスなど使用できるフィールドがグンと広がりました。

BASS+SALT=バサルという名前の通り、バスでもシーバスでも使えること間違いなし!ですが、実際はバスで使用している方が多いようで、バスフィッシングにおけるバサルの実力はプロもお墨付きです。

今回新たにキャスティングモデルが発売されるので、バスフィッシングでの活躍の場が広がるのはもちろん、ソルトでもより使いやすくなりそうです!

ブレーキは初心者の方でも扱いやすいマグネットブレーキシステムを採用し、ボディにはグラファイトフレームに強化カーボンサイドカバーを使用して、軽くて丈夫なリールに仕上がっています!

バーチカルモデルとキャスティングモデル、どっちを使う?

バサルのバーチカルモデルはタイラバやジギングに最適で、今回発売されたキャスティングモデルはバスフィッシングや、ボートシーバスゲームにおすすめです。

キャスティングモデルのリールは汎用性が高く使いやすいので、バサルでもキャスティングモデルの発売を待っていた方も多いのではないでしょうか?

どちらを使うかは、よく行く釣り場やフィールド、ターゲットのお魚を考えて選んでみてください!

ちなみにバーチカルモデルと同様、右巻きと左巻きが同時に発売され、バサルのラインナップはバーチカルモデルの2種に加えて合計4種になりました。

バサル VT73Rバーチカルモデル(右ハンドル)
バサル VT73Lバーチカルモデル(左ハンドル)
バサル CA73Rキャスティングモデル(右ハンドル)
バサル CA73Lキャスティングモデル(左ハンドル)

バサルの性能は井上泰徳プロも納得!

テイルウォークのテスターでもあるバスプロの井上泰徳プロが、TOP50七色ダム戦でバサルを使用し見事21位にランクインしています!

当日はいくつかのタックルをチェンジしながら、リールは、バサルのキャスティングモデル(CA73L)を、ロッドはフルレンジなどを使用してトーナメントに挑みました。

この日の七色ダムは、早春のクリアリザーバーで、プロでもノーフィッシュの選手もいる、苦戦する状況だったようです。

そんな悪条件でも、見事釣り上げるところはさすが井上泰徳プロ!といったところですね。

井上泰徳プロはフルレンジの愛用者で、C67L、C610ML、S610UL/SLがお気に入りとのこと。このトーナメントでも使用していました。

こちらは、井上泰徳プロのタックル。赤いボディのバサルがフルレンジの黒に映えてもかっこいいです!

トーナメントでのメインタックルはこちらです。
ロッド:FULLRANGE S610UL/SLの2.7gライトキャロ。
ライン:フロロ3lb+2.5lbリーダー。
ルアー:フィッシュカーリー2.8”

バサルの実力は日本国内だけではなく、海外のビッグフィッシュにも使えるタフさを持っています。

次は、バサルのタフさを、釣り上げた海外のビッグフィッシュの釣果写真とともにご紹介します!

バサルなら海外の怪魚も釣り上げられる!

海外には日本にはいないハードなアクションが魅力的な魚がたくさんいて、そんな魚を釣り上げるには頑丈でタフなロッドはもちろんのこと、タフなリールが必要です。

バサルは海外の魚にも対応できるタフさも魅力です!

テイルウォークスタッフの開発チーフマネジャー、Nakachaaanこと中村宗彦さんが、海外でビッグフィッシュを釣り上げていましたよ!

モバイルロッドのアウトバックと新製品のバサルCAベイトキャスティングリールでこんなに巨大な魚が釣れています。

場所はタイとのことですが、強烈なファイトだったそうで写真から釣りが楽しめたことが伝わってきますね!

バサルの価格や入手方法は?

バサルはこれからのルアーフィッシングに、欠かせないリールになっていきそうなシリーズですね。

今後の注目が集まるバサルの価格は、バーチカルモデル・キャスティングモデルともになんと驚きの定価11,000円!

  • 井上泰徳プロ

    井上泰徳プロ

    ギア比7.3:1。マグネットブレーキシステム搭載! まぁ流石にベアリングは4+1個入りとのことですが…当然スプールシャフトには2個入ってる訳で…ルアーの飛びに関して問題は全く無し。定価はぶったまげプライスな11000円! ∑(゚Д゚)

井上泰徳プロも驚きのコストパフォーマンス!

バサルのバーチカルモデルは、各釣具屋さんやアマゾンから購入可能ですが、キャスティングモデルはアマゾンでの取扱はまだのようでした。(2019年4月現在)

テイルウォーク バサル VT73R の購入はこちら!

バサルはテイルウォークで今売り出し中のリールで、性能や実力だけでなく、コスパまで言うことなしのベイトリールです。

みなさんも一度バサルを使ってみてはいかがでしょうか?

バサルを開発しているテイルウォークについてはこちら↓の記事に詳しく書いていますので、読んでみてくださいね!

テイルウォークで一味違うルアーフィッシングを楽しもう!独創性とトレンド性に富んだブランドを徹底解剖!

テイルウォークは、ルアーフィッシング用タックルの総合ブランド。発売されているタックルは、フルレンジやエランなどの有名なロッドやリールを筆頭にどれも個性的でトレンドをしっかり押さえ…

FISHING JAPAN 編集部
テイルウォークで一味違うルアーフィッシングを楽しもう!独創性とトレンド性に富んだブランドを徹底解剖!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング