ルアー スナップ

ルアーの交換を劇的に早くする方法はこれだった!スナップを使った簡単な交換方法を紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

ルアーフィッシングでは狙う魚、釣り場の状況、エサとなる魚の種類、釣れない時の気分転換などいろいろなタイミングでルアーを交換します。

交換するたびにラインを結び直していると時間がかかりますし、ラインも少しずつ短くなってしまいます。

そこで、毎回ラインを結び直さずにあっという間にルアーを交換する方法をご紹介します!

効率よくルアーを交換したいならスナップを使おう

ルアーを買うとラインを結ぶ所にスプリットリングというリングがついています。

普通はそのリングにラインを結んで使うのですが、スプリットリングにラインを結んだままルアーを取り外すことはできませんのでルアーを交換する際はラインを切って、また結ぶことになります。

しかし、スナップという部品を使うとラインを結んだままルアーを取り外すことができるので、ラインを毎回結び変える必要がありませんし、あっという間に交換することができます。

スナップは対象魚の大きさ、使うルアーの大きさに合わせてサイズを選びましょう。

スナップの使い方

オーナー(OWNER) 耐力スナップ P-20#00

オーナー(OWNER) 耐力スナップ P-20#00

参考価格:¥237

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ルアーを購入するとラインを結ぶ所にスプリットリングがついているのでそれをラジオペンチなどを使って外しておきましょう。

ルアーフィッシングを始める時はスナップとラインを結んで、スナップにルアーをつけます。

ルアーを交換する時はルアーをスナップから外し、新しいルアーをスナップにつけましょう。

交換は誰でも非常に簡単にできますよ!

スナップを使うメリット、デメリット

スナップを使うメリットだけでなく、デメリットもあります。

メリット

・ルアーを交換する際に毎回ラインを結ぶ必要がなく、簡単に交換できます。

デメリット

・最初からついているスプリットリングを外す必要があります。

これは、スプリットリングを外さずにスナップを付けるとバランスが悪くなってしまう可能性があるためです。

・ラインを触る機会が減り、障害物や魚の歯で傷ついたラインに気づきにくくなります。

ラインが傷ついていると魚がかかった時などに切れやすいので、魚がかかった後や何かに引っかかった後は確認してあげましょう。

また、軽いルアーやワームを使うときはバランスが悪くなるのでスナップは使わない方がいいです。

ラインの傷をこまめに確認する必要はありますが、ルアーフィッシングはルアーを交換する機会が多いのでスナップを使うと効率よくルアーの交換をすることができます。

ぜひ使ってみてくださいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング