魚 ヒラマサ 釣り人 男性 写真

ヒラマサ狙いは泳がせ釣りが一番効果的!前アタリから本アタリを待つ!?プロ直伝のタックル選びから釣り方まで一挙大公開!  

FISHING JAPAN 編集部

ヒラマサの食性は完全な肉食で、若魚の頃から小魚のエサをメインに食べるフィッシュイーターです。

このような肉食系の魚を狙う時は、泳がせ釣りが最も効果的です。

この釣法のポイントは、ハリを刺して泳がせている小魚の動きです。

ヒラマサが好む小魚を、まるで弱ったように見せかけて泳がせたり、大きな魚に追いかけられて逃げ惑う小魚の動きを巧く演出してやると、一発で飛びついてくる可能性が高いですよ。

今回は、そんな巧妙な泳がせ釣りに必要なタックルと釣り方をご紹介しましょう!

竿先が軟らかくて腰のある竿がベスト

ヒラマサの泳がせ釣り専用の竿というものはないので、他の竿で代用するしかありませんね。

食い込みの良さから言えば、竿先は軟らかい方がいいのですが、竿全体が軟らかいものは泳がせ釣りには向きません。

ヒラマサの馬力とスピードは相当なものですから、この走りが止められるぐらいのバットの強さが必要です。

竿の長さは、2mから長くても2.4mまでが使いやすいでしょう。

これ以上長い竿だと魚とのやり取りが大変です。

例えば、シマノのアルシエラ キハダの190や、海攻アオモノリミテッドのMH240あたりが使いやすそうですね。 

商品はこちら

シマノ アルシエラ キハダ 190

シマノ アルシエラ キハダ 190

最安値価格
¥62,920(Yahoo!)

Amazonへ ¥76,451

楽天市場へ ¥74,921

Yahoo!へ ¥62,920

シマノ ロッド 海攻アオモノリミテッド MH240

シマノ ロッド 海攻アオモノリミテッド MH240

最安値価格
¥66,204(Yahoo!)

Amazonへ ¥74,189

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥66,204

仕掛けはシンプルに

リールは電動か手巻きのどちらでもいいのですが、5~8号のPEラインが最低200m以上巻けるもので、ドラグ性能の良いものを選んでおきましょう。

仕掛けは、幹糸から1ヒロほどの長さで1本のエダスを出し、その先にハリを結んでエサを刺すというシンプルなものが良いでしょう。

付属品を出来るだけ少なくすることで、トラブルが少なくなるからです。

ハリスとハリは、狙う魚の大きさで決めます。

ヒラマサが1mまでならハリスは12、13号で、ハリはヒラマサバリの13号ぐらいが良いでしょう。

それ以上の大物を狙う時は、ハリスは15号以上で、ハリもヒラマサバリの18号以上が必要ですね。

底から2、3m上げてアタリを待つ

ポイントに船が着いて釣りが始まったらすぐに仕掛けが投入できるよう用意しておきましょう。

船長から合図が出たら、ハリにエサを刺して投入です。

エサが小アジのときは背掛けよりも鼻掛けが良いでしょう。

この時、エサを弱らせないよう素速くハリを刺して放り込みます。

エサは弱っている方がヒラマサが食いやすくて良いように思いますが、これは正反対です。

元気なエサほどアタリが出る確率が高まりますから、エサが弱ったらすぐに交換しましょう。

アタリを待つタナは、ベイトがいる場合だけベイトのタナより少し下で待ってもいいのですが、基本は底まで仕掛けを下ろしてから、2、3m底を切って待つのが正解です。

タナが決まったら竿を手持ちにしてアタリを待つか、竿受けに預けておいても構いません。

泳がせているエサの近くにヒラマサが寄ってきたら、エサは食われまいとして暴れ始めます。

この動きが前アタリになって竿先に現われます。

竿先が小刻みに震えだしたら竿を手にして本アタリに備えましょう。

決して前アタリの段階で合わせないで下さいね。

アワセが早すぎるとすっぽ抜けが多くなるからです。

前アタリに続いて竿が大きく締め込まれるアタリが出たら、それが本アタリになります。

この段階で一度大きく合わせてしっかりフッキングさせておくと、ハリ外れが少なくなります。

素速くリールを巻いて4、5m底を切ってしまえば、あとは慌てず騒がずでヒラマサとのやり取りを楽しみながら取込んで下さいね。

釣り上げたヒラマサは、野締めをしてしっかり血を抜いておき、できれば神経締めもしておく方が長くヒラマサの味を楽しむことが出来ますよ。

釣り人の皆さんも、泳がせ釣りのテクニックを試して、ヒラマサを釣り上げてくださいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング