リール 写真

18バスライズの人気急上昇中!バス釣りはもちろんロックフィッシュゲームのベイトタックルとしても活用可能!

FISHING JAPAN 編集部

2018年に新発売となったベイトリール・18バスライズの人気が高まっています。

バスアングラーはもちろん、海水対応モデルなのでロックフィッシュをテキサスリグで狙う釣り人も増えていますよ。

その特徴や遠投性能チャレンジ動画もチェックしてみましょう。

18バスライズってどんなベイトリールなの?基本スペックはこちら!

18バスライズは、コストパフォーマンスの高いモデルとして、シマノリールのラインナップに属しています。

右巻きのみで、左巻きを選ぶことができないのが残念。

自重は200グラムで、ギア比は7.2対1。

ハンドル1回転で、77センチ分のラインを巻き上げることができますよ。

18バスライズにはライン付きモデルも!

画像はライン付きモデル、3.5号ラインが出荷時から巻かれているものです。

これならすぐに釣りを始められますね。

3.5号ということは、14ポンド前後と認識して扱えそうです。

スリップシンカーを使ったテキサスリグにも対応できますから、海のロックフィッシュゲームにもそのまま持ち出せますよ。

ボディカラーは艶消しブラック!そしてマグネットブレーキを採用!

18バスライズは、ボディカラーに艶消しのブラックを採用しています。

これがなかなかシンプルで、ユーザーに好印象を与えているようですよ。

そして何より特筆すべきなのが、搭載されているブレーキシステム。

なんと、イージーマグと称された、ダイヤル式のマグネットブレーキなのです。

シマノといえば遠心ブレーキがお家芸、そこにマグネットとは驚きですよね。

でもその名の通り、本当にイージーにキャストできてしまいます。

トラブルレスで使えるのが、イチバン嬉しい機能です。

18バスライズを使って遠投にチャレンジしている動画はこちら

驚異のコストパフォーマンスモデル!

動画では、18バスライズを使って遠投性能をチェックしていますよ。

コストパフォーマンスモデルとは思えないほどの飛距離が出ていますね。

これは実釣でも信頼して使えることを意味しているのではないでしょうか。

メーカーのものづくりに対する姿勢が、はっきりと表れているようです。

18バスライズを初めてのベイトリールに選んでいる人もいますよ。

そうやって釣りの裾野を広げていく役割を担ってくれているのですから、ハイエンドモデルのみにスポットライトを当てるべきではない!と実感します。

2018年に登場した名機として、これからも支持され続けるに違いありません。

製品のご購入はこちら

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 18 バスライズ 初心者向け

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 18 バスライズ 初心者向け

参考価格:¥4,860

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング