カサゴ ルアー 指 写真

ロックフィッシュゲーム必須テクニック5選!操作が変われば釣果も変わる!ロックフィッシュゲームでよく使うロッドワーク&リーリングテクニックをご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、ロックフィッシュゲームを楽しんでいますか?

ロックフィッシュゲームで大切なのは、使用するタックルとそれを使う釣り人のテクニックです。

そこで今回は、ルアーが起こすアクションではなく、アングラー側が行うテクニックについて詳しく見ていきましょう!

ロックフィッシュゲームでよく使うロッドワーク&リーリングテクニックをご紹介します!

ロックフィッシュゲームの必須テクニックとは

ロックフィッシュゲームで爆釣を狙うために、必ず修得しておきたいテクニックはこちらの5つです!

・リフト&フォール

・ズル引き

・シェイキング

・ステイ

・スイミング

それでは早速、各テクニックを詳しく説明していきましょう!

リフト&フォール

リフト&フォールはもっともよく使用されるアクションです。

ルアーを持ち上げる「リフト」と落とす「フォール」を繰り返すだけなので、簡単なテクニックです。

ロックフィッシュゲームではボトムを狙うことが多く、効率よくサーチ&アピールができます。

竿を持ち上げる幅によってルアーの持ち上がる到達点が変化するため、アングラー側のリフトの高さによって移動幅を調整可能です。

ラインの素材や太さ、ルアーの位置によっては、イメージよりもルアーが持ち上がっていない事が多々あるので、多少大げさなアクションでもいいでしょう。

フリーフォールとカーブフォールの違い

ルアーが落ちていくときにラインを出して抵抗をあまりかけずに落とすのが「フリーフォール」、テンションを掛けながら手前方向へ落とすのが「カーブフォール」です。

それぞれフォール時の軌道が異なります。

どちらが良いとは言い切れませんが、テンションを掛け、カーブフォールにした方がアタリは取りやすく着底もわかりやすいのでおすすめです。

実際にどんなアクションなのか気になる方は、こちらの動画が参考になります!

ロックフィッシュを愛する男のハタゲーム in南伊豆

ズル引き

ズルズルと底を引きずる釣り方です。

ロッドワークでも、ゆっくりとしたリーリングでも、操作ができます。

リフト&フォールよりアピール度は下がりますが、活性が低く、ルアーを追い切れない魚に対して強い場面が多いです。

ただし底の起伏が荒い場所だとスタックしやすいので注意が必要です。

ロッドポジションを高めにしておくことでラインに角度が付き、底の感触を確かめやすく、多少の起伏なら乗り越えられるので、竿は寝かせないようにするのがポイントです。

海藻などに引っ掛かることも多く、使うシチュエーションを選ぶテクニックとなります。

オススメリグはテキサスです。

回避能力が最大限発揮できるテクニックでしょう。

シェイキング

シェイキングは、ロッドを振動させてルアーを小刻みに動かし魚を反応させるテクニックです。

ルアーをあまり動かさず、一点で動かしたいときに使用します。

狙ったスポットから移動させずに留め、魚に対してアピールするのが目的となります。

使用するリグによってはうまく操作出来ないものもあるので、足元で一度試してからキャストするのがオススメです。

また固い素材のワームだと動きが伝わりづらいので、柔らかくて細かなパーツが付いているワームを選ぶのがベターです。

そうすることで、アングラー側がイメージしているアクションに近づきます。

また、ルアーにアクションを加えやすく、移動もしづらくするためには、ダウンショットリグの使用が断然オススメです。

ステイ

動かさない、というテクニックです。

ステイさせる時間はアングラー次第ですが、ワームをステイさせてバイトを誘う「食わせ」の時間を作り出すために行います。

バスフィッシングではサイトなどで多用されますが、ロックフィッシュを狙う場所ではなかなか通用するポイントが少ないのが悩ましいところです。

一度バイトがあった場所、沈み根の周り、スリットなど「ここぞ!」と思える場所で使いましょう。

その際に使うルアーはわずかな潮の流れでも動くもの、ラメやホイルが入ったフラッシング効果が期待できるもの、または味付きやにおい付きのワームが効果的です。

海では潮流があるため、ラインを緩めすぎてルアーが流されてしまうと根がかりの原因にもなるので、テンションは張り気味でキープします。

そうすることで、違和感も感じ取りやすくなります。

スイミング

リールを巻くだけのテクニックですが、ハンドルを回すスピードを変える事で幅が生まれます。

ファスト→ミディアム→スローと状況に応じてスピードとアクションの強弱を変化させることができます。

しかし、意外と難しいのが一定速でのリーリングです。

ルアーの抵抗を感じにくく、どのレンジを探っているのかわからなくなってしまいがちなので、自分のリズムを作って巻くことがポイントです。

また、ロッドを安定させないとルアーの軌道がぶれ、きれいなリトリーブの軌道が描けません。

グリップを脇に挟むか、肘にあてて固定するなど、極力ロッドポジションを変えないようにしましょう。

テキサスリグのままでもできますが、直進性とフッキングを両立させたジグヘッドリグでの使用率が最も高いですね。

オススメのロッドをご紹介します。

ロックフィッシュ専用ロッド ハイドアウトハンター

ご購入はこちら

Jackson(ジャクソン) ハイドアウトハンター HHS-710MH-MST.

Jackson(ジャクソン) ハイドアウトハンター HHS-710MH-MST.

最安値価格
¥29,230(Yahoo!)

Amazonへ ¥31,672

楽天市場へ ¥30,135

Yahoo!へ ¥29,230

引き出しを多く作ってロックフィッシュゲームを楽しもう!

渋い状況ほど試されるのが、釣り人のテクニックです!

ワームで狙うことが多いロックフィッシュゲームにおいて、ルアーの動きよりも、アングラーが行う操作が重要な場面に多く直面します。

今回紹介したテクニックは単体だけではなく、連携技としてつなげていく事も出来ます。

魚からの反応が得られない、根がかりばかりで釣りにならないなど苦しいときこそ試してみてくださいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング