GT 写真

リバーGTって知ってる!?釣り人憧れのGTが川で釣れる!謎に包まれたリバーGTの実態と実際に釣り上げた映像をご紹介!【動画】

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、GTことロウニンアジを釣ったことはありますか?

GTといえば釣り人憧れの魚ですよね!

一般的に、GTを釣り上げるには、沖に出て泳がせ釣りで・・・というイメージではないでしょうか?

でも今回ご紹介するGTは、そんなイメージを覆すある意外な場所で釣れたんです!

いったいどんな場所で釣れたのでしょうか?

早速、その謎に迫っていきましょう!

GTが釣れた意外な場所って?

では、いったいどんな場所で釣れたのかというと・・・

その答えは沖縄です!

しかも、現場は海ではなく川!

釣り人の皆さん、驚きましたか?

実は、沖縄の河川では、たまに大きなGTが回遊してくることがあるんです。

GTはその獰猛さと大きく成長する姿から、釣り人なら一度は釣ってみたい魚ですよね!

さらに、ルアーマンの皆さんは、ルアーで釣ってみたい!と思うことがあるのではないでしょうか?

しかし、川にいるGTは、その状況自体が珍しい上に、ルアーで釣り上げるなんて、テクニックだけではなく運も必要になってきます。

上げ潮に乗って遡上し、海に帰っていくGTをベストなタイミングで狙う釣りは、非常に難しいです。

そのため、リバーGTは、まさに奇跡が重なって釣ることのできる、超貴重な魚なんです!

そして、2018年の夏、釣り人が待ちに待った奇跡が起きました!!

リバーGTをビックロイドで釣る!

10kgオーバーの見事なGTが釣れました!

釣り人が持っても、非常に大きくて重そうです!

イマカツのビックロイドで釣り上げたようですね!

ビックベイトを使ったリバーGT釣り、皆さんも挑戦したくなったのではないでしょうか?

GTは釣り人の憧れ!

GTは、最大2m、80kgにもなる魚です。

基本的にはオフショアで狙います。

温かい海に生息しており、日本では沖縄などで釣ることが出来ます。

リバーGTは、海のGTとは違って、釣り人から姿が見えています。

ということは、GTから釣り人も見えているということです。

そんなGTに、どのようなアプローチをしていくかで釣果が変わります!

今回GTが釣れた河川は、沖縄では普通に町中を流れている「久茂地川」という川です。

都市河川に10kgの魚が釣れるなんて夢がありすぎます!

釣り人の皆さんも沖縄に行った際は海だけではなく、川も覗いてみてくださいね!

GTを釣ったタックルは!?

気になるのはルアーです!

今回は、イマカツのビッグロイドというルアーで釣れたようです。

ビックバスを狙うためのビックベイトですが、GTにも効果的です。

GTが大きすぎてルアーが小さく見えますが、21cmもあるんですよ!

こちらのルアーの詳細が気になる方は、イマカツの公式HPで確認してみてくださいね。

ビックベイトは、使用する時も、購入する時も、何だかワクワクしますよね。

価格は高価なものが多いですが、GTが釣れたときの嬉しさは、お金では換算できません!

海でも川でも使用できるルアーなので、ビックベイトを使ったことのない方は、一度使ってみるのも良いかもしれませんよ!

ジョイクロもオススメです!

ビックベイトの代表格といえば、ジョイクロです!

ガンクラフトが製造・販売している、ジョインテッドクローもリバーGTに最適なルアーのひとつです。

詳細は、ガンクラフトの公式HPをご確認ください。

言わずとしれたビックベイト・ジョイクロでも、リバーGTを狙うことができます!

ビックベイトを使用する時の注意点は、ビックベイト用ロッドを使うことです。

ベイトを投げ入れる時にロッドが折れてしまったり、必要以上に負荷がかかってしまうと、ロッドに悪影響を及ぼします。

それぞれのロッドには対応するルアーの重さがあるので、そちらをチェックしてからタックルを選んでみてくださいね!

釣り人の皆さんも、GT釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか?

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング