オモリ 釣り 写真

1号のオモリって何gか知ってる!?重さがわかりにくいガン玉や割シズについて詳しく解説します!

FISHING JAPAN 編集部

昔はオモリの大きさを表すとき、重さの単位である貫(かん)や匁(もんめ)が使われていました。

1貫目のオモリが存在したかどうかは定かではないですが、釣りでは5匁とか10匁のオモリがよく使われていました。

ところが終戦後に尺貫法が廃止されたとき、この呼び名も消滅してしまったのです。

そして、1匁のオモリを1号と呼び変えたのです。

オモリにも色々あるようですので、詳しく見ていきましょう!

1号の重さは?

昔の1貫は1000匁でキロに換算すると3.75kgになります。

1匁が1号ですので、3.75kgの1000分の1は3.75g、これが現在のオモリの1号の重さです。

1号が3.75g、10号で37.5g、100号で375g、1000号では3750g、つまり3.75kgということになりますが、昔も今も釣り用でこんな大きなオモリは市販されていませんね。

さて、この1号=3.75gという基準は、JIS規格に沿ったものではないのであくまで目安と考えた方がいいでしょう。

実はオモリを作るメーカーによって重さに多少のばらつきがあるのです。

ガン玉や仁丹シズと呼ばれるオモリ

現在、市販されている六角型や釣り鐘型、ナス型などオモリの表面に号数が表示されているものは、ほぼ基準通りの重さで作られていると考えていいのですが、ややこしいのはもっと小さなオモリ、ガン玉とか仁丹シズと呼ばれるオモリです。

ガン玉とは文字通り、ガン、つまり銃に使われるタマ(弾=散弾)のことですね。

釣りに使われるガン玉の大きさや重さは、狩猟に使われる散弾を基準に決められているため、1号=3.75gという数式には当てはまりません。

散弾は、弾1個の直径を基準にして1号とか2号、2Bとか3Bという風に表示されています。

この呼び名をそのまま釣りのオモリにも当てはめたため、同じ号数でも重さがまったく違うオモリができあがったのです。

さらに同じ号数でも重さがまったく違うことにくわえて、小型オモリは呼び方も変則的ですね。

普通のオモリは1号、2号という風に前の数字が大きくなるにつれて重くなっていきますが、仁丹シズの場合だけ数字が大きいほど軽い、つまりオモリが小さくなっていくのです。

現在市販されている仁丹シズは、1号から8号までありますが1号が一番重く、8号が一番軽い、数字が大きくなるほど軽くなっていくのです。

ところがガン玉は、現在、Bから6Bまでありますが、これは普通のオモリと同じようにB、2B、3Bと数字が増えるにつれて重くなっていきます。

このようなややこしい基準を変えることはできないのかと思ってしまいますよね。

日本に古来からある割シズ

このように一応の基準がはっきりしたオモリもあれば、そうでないものもあります。

日本に古来からある割シズ(割ビシ)と呼ばれるオモリは、小さな番手になると明確な重さの基準がないのだそうです。

現在市販されている割シズは、極小、小々、小、中、大、大大、特大の7種と1号から10号ぐらいまであります。

このうちの1号から10号までのオモリは、一応、1号=3.75gという基準に基づいて作られているそうですが、極小から特大までの7種に限っては明確な基準がないため、昔から作られてきた大きさを参考に、大体これぐらいだろうという目安でいまも作られているため、メーカによってさらに重さのばらつきがあるようです。

釣りはオモリひとつとっても奥が深いですね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング