リール 写真

海釣り後のPEラインのメンテナンスは、塩抜きする派?しない派?両者の主張とその背景を徹底解明!

FISHING JAPAN 編集部

今や主流となったPEライン。

海釣りに使ったPEラインのメンテナンスをネットで検索すると、PEラインをスプールから外す塩抜き派と、保水力はないので塩抜き不要派に分かれます。

はたしてどっちが正しいのでしょうか?

両者が主張する海水の塩対策とは

塩抜き派は、PEラインをリールから購入した時についていた空スプールに巻き戻し、ぬるま湯か水に1日から数日つけて塩を抜くという方法をとります。

塩抜き不要派は、PEラインにはそもそも保水力がないので、数日水に漬ける必要はなく、日々のスプール毎の水洗いで十分と主張します。

さて、どちらが正しいでしょうか?

これは両者とも正解と言えます。

PEラインの構造は極細ポリエチレンの撚り糸

PEラインはポリエチレン繊維を編んだマルチフィラメント構造です。

例えば、PEライン0.5号の直径は0.117mm。

これを4本、8本で撚りますので、それぞれの直径は0.029mm、0.015mmの超極細ラインを圧着させるように編みます。

したがって、撚り糸の間に隙間は生れようがなく保水性がないので、ラインを全部外して塩抜きの必要はない、というのが不要派です。

確かにこの主張もあっています。

ナノレベルに染み込んだ海水が起こす悪さ

一方、丸ごと塩抜き派は、フィラメントの間にナノレベルの隙間、緩みがあった場合、そこに塩水が浸透してしまい、保管しておくと水分が蒸発するとともに、塩が結晶化してフィラメントの隙間を広げてしまうので、丸ごと塩抜きが必要と主張します。

これも間違いではありません。

もっとも、塩水が染み込むようなナノレベルの隙間ができるのは、かなり使い込んだり、擦れたためにラインが弱ったりしたことで起こります。

これは、塩抜きというより、一般的には交換時期と言えるでしょう。

塩抜き派も、塩抜き不要派も、両者の主張に間違いはないようです。

もっとも、ラインを別のスプールに巻き替えるのは、結び目やほつれのチェックに役立ちます。

釣行後に必ずスプール毎の水洗いを欠かさないのは必須で、そこからどう判断するかは自分次第のようですね。

関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング