映画 パッケージ

映画「リバー・ランズ・スルー・イット」の釣りシーンは見どころ満載!アメリカの雄大な自然とフライ・フィッシングの世界があなたを魅了します!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さんは、天気が悪かったり、体調が悪かったり、釣りに行きたいのに行けない時、どうやって過ごしていますか?

「リバー・ランズ・スルー・イット」は、そんな皆さんにおすすめの映画です。

では早速、釣りがテーマのこちらの映画をご紹介いたします!

「リバー・ランズ・スルー・イット」とは?

「リバー・ランズ・スルー・イット」は、1992年公開のアメリカ映画です。

主演はクレイグ・シェイファー、ブラッド・ピットで、ロバート・レッドフォード監督が指揮をしました。

モンタナ州の雄大な自然とフライ・フィッシングの描写は大変美しく、第65回アカデミー賞で撮影賞を受賞しています。

ノーマン・マクリーンの小説「マクリーンの川」が原作となっています。

あらすじ

牧師の家庭で厳格に育てられた兄弟ノーマンとポールは、正反対の性格でした。

エリート大学の大学院を卒業した生真面目な兄ノーマンと、自由奔放で天真爛漫な弟ポール。

成人してからは違う道を歩む2人ですが、ポールはその無鉄砲な性格から賭けポーカーにハマり、危ない道に入りこんでしまいます・・

さて、ポールはどうなってしまうのか?

最後はちょっと切ないストーリーになっています。

モンタナ州の雄大な自然をバックに、父親に習ったフライフィッシングを通して成長し、人生を学んでいく2人の様子が、じっくり描かれている物語です。

釣りシーンが盛りたくさん!

釣りのシーンが多くて、釣り人の皆さんは非常に楽しめること間違いなしです!

景色、映像もすごく綺麗で、大自然に釣りに行きたくなる映画となっています。

フライフィッシングのシーンでは、ブラッド・ピットの見事なキャスティングが見れますよ。

もしかして、ブラッド・ピットの趣味は、釣りなのかもしれませんね!

兄のノーマンが、年老いても釣りを続ける理由が切なくて、心が締め付けられました。

釣りをしている皆さんはもちろん、していない方にもオススメしたい映画です!

人々の人生は様々でいろいろな事があるが、そんな時の流れのなかで、川は変わらぬ姿で流れ続ける・・・

「A River Runs Through It」というタイトルの意味です。

日本語吹き替え版が、DVD・ブルーレイで発売されています。

気になった方は、是非見てみてくださいね!

釣り経験者の皆さんなら、様々な観点で映画が楽しめて、より一層楽しいですよ。

購入はこちら!

関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング