リールのアップ写真

ソルティストTW PEスペシャルは2023年新登場のPEラインを操作しやすいベイトリール!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから2023年、ソルトゲーム用の新しいベイトリールがリリースされます。

その名は、ソルティストTW PEスペシャル。

PEラインを用いたベイトキャスティングを実践するために、PE専用スプールが新たに組み込まれています。

その詳細スペックについてご紹介しましょう。

ソルティストTW PEスペシャルとは

ソルティストTW PEスペシャルとは、2023年ダイワから新発売となる、ソルトゲーム用ベイトリールのことです。

設定機種は、全部で6種類になっています。

80番サイズ・100番サイズ・300番サイズに、それぞれ左・右巻きハンドルが設けられています。

とても斬新でシンプル、ソルトゲームをPEラインで楽しんでいるアングラーに、ベイトリールという選択肢を与えてくれたことに。

ソルティストTW PEスペシャルには、ハイパードライブデザインが採用されています。

高い初期性能が長く続くことを目指したもので、全ての基本性能の水準を大幅に高めています。

支持する剛性が確保されていますし、稼動パーツも強さもアップ。

塩ガミによる固着トラブルにも配慮されているので、大胆に積極的に使えるベイトリールといえるでしょう。

ハイパードライブデジギア・ハイパーダブルサポート・ハイパーアームドハウジング・ハイパータフクラッチの4つの要素が、ソルティストTW PEスペシャルを支えています。

またダイワオリジナルのTWSも、標準で装備しています。

TWSとは、スプールに近いラインガイドでの抵抗を、大幅に削減するシステムのこと。

飛距離への抵抗部分を減らすことになるので、従来以上の飛距離・コントロール性がアップします。

フォールスピードも速くなり、何よりバックラッシュトラブルを抑えられるのが大きいでしょう。

80番サイズには、SVコンセプトが活かされています。

軽・中・重量級のルアーをトラブルレスに扱えるようになっている、ブレーキコンセプトのことです。

100番サイズ・300番サイズのブレーキシステムには、MAGFORCE V/Zが搭載されています。

ドラグに関しては、80番サイズにはUTD、100番サイズ・300番サイズにはATDが使われています。

ソルティストTW PEスペシャルのスプールに注目!

ソルティストTW PEスペシャルの特徴を、もう少し深掘りしてみましょう。

注目は、何と言ってもスプールです。

PE専用スプールになっていて、PEラインの使用を前提とした新しい形状のスプールです。

スプールの底面と側面の湾曲部分を、垂直に近いカタチに仕上げています。

これにより、糸巻き状態を大幅に改善できるようになり、これまでに無いトラブルレスを実現しています。

ただし、伸びのあるモノフィラメントラインにはマッチしておらず、必ずPEラインを巻いて実釣で使うようにしましょう。

その他ハイスピードレベルワインドや、ドラグ引き出しクリック音が鳴るように作られています。

ソルティストTW PEスペシャルを各番手別にチェック!

ソルティストTW PEスペシャルを、番手別にスペックチェックしてみましょう。

●SV TW80XH(=右巻き・左には末尾にLが付きます)

80番サイズのウエイトは、185g。

ギア比は全機種8.1対1で、ハンドル1巻きにつき81cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

ラインキャパは、PEラインなら0.8号を150m巻けます。

ボールベアリングは、全機種7個搭載しています。

●TW100XH(=右巻き・左には末尾にLが付きます)

100番サイズのウエイトは、200g。

ハンドル1巻きにつき、86cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

ラインキャパは、PEラインなら1号を200m巻けます。

●TW300XH(=右巻き・左には末尾にLが付きます)

300番サイズのウエイトは、300g。

ハンドル1巻きにつき、109cmものラインを巻き取ることができるようになっています。

ラインキャパは、PEラインなら3号を200m巻けます。

ソルティストTW PEスペシャルを装着してみたいおすすめのロッドを選んでみた!

ソルティストTW PEスペシャルにマッチするベイトロッドは、同時期にソルティストという名称で5本リリースされる予定です。

既存のベイトロッドに装着するなら、バス釣り用のものが合うかもしれません。

短いロッドから長いロッドまで揃っているので、釣り方に合わせて選んでみましょう。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルSG 6102M+RB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルSG 6102M+RB 釣り竿

最安値価格
¥32,870(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥32,870

ダイワからリリースされているバス釣り用ベイトロッド・ブラックレーベルシリーズの中から、6.10ftの2ピースタイプを選んでみました。

Mパワーを少し上回るブランクスなので、クランクベイトやチャターベイトなどを連続キャストするのに向いています。

全長は2.08mと長過ぎず短過ぎず、操作性の高いブランクスに設計されています。

継数は2本で、仕舞寸法は108cmにまで縮まります。

これならさまざまな釣り場へ持ち込みやすいですし、クルマでの積み降ろしも楽におこなえるでしょう。

ウエイトは111gと軽めで、ブランクスの先径/元径は2.1/14.9mmと太め。

適合するルアーウエイトは、6gから25gまで。

適合するラインは、PEラインなら最大3号ぐらいまで対応できそうです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%になっています。

実際に手に取って継いでみると、独特の張りが備わっている印象を受けました。

バイトを手元で感じたら、すぐにフッキングに持ち込めるのではないでしょうか。

実売価格は3万円台と、購入を検討しやすい価格帯に設定されています。

ロックフィッシュゲームやチニングゲームなどに、上手く活用できそうなスペックです。

ダイワ(DAIWA) LATEO86LB・R

ダイワ(DAIWA) LATEO86LB・R

最安値価格
¥16,245(amazon)

Amazonへ ¥16,245

楽天市場へ ¥22,715

ダイワから発売中のシーバスゲーム用ベイトロッド・ラテオシリーズの中から、86LBを選んでみました。

全長は2.59mと、かなり長めのブランクスに設計されています。

継数は2本で、仕舞寸法は134cmにまで縮まります。

ウエイトは119gと、とても軽いですから、手元に伝わる情報も大幅に拡大するでしょう。

ブランクスの先径/元径は、1.6/11.4mmです。

適合するルアーウエイトは、5gから28gまで。

適合するラインは、PEラインなら0.6号から1.2号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、97%に設計されています。

実際に手に取ってみると、とても軽くてしなやかに曲がってくれる印象を持ちました。

シーバスゲーム用のミノーやシンペンなどを駆使するのに、ちょうどいい調子かもしれません。

きっちりとロングキャストを敢行しながら、さまざまなポイントを攻めてみましょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ベイトタックルでシーバスが狙えるようになれば、これまでとは違ったアプローチでバイトに持ち込めるようになるかもしれません。

ソルティストTW PEスペシャルの気になる発売日はいつ?

ソルティストTW PEスペシャルの気になる発売日は、2023年の9月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、33,200円から46,500円です。

80番から300番までラインナップしてくれているので、幅広いソルトゲームに対応することができます。

しかもPE専用スプールの登場で、思いっきり振り込める楽しさを味わえるのではないでしょうか。

このベイトリールによって、新しい釣り方・ソルトゲームの可能性が膨らんでいくはずです。

2023年新製品関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング