タオルのアップ写真

釣りで使える便利グッズ特集!あると助かるおすすめアイテムってどれなの?

FISHING JAPAN 編集部

釣り場に着いて、いざロッドを振り出すと、さまざまな展開が発生します。

いきなりライントラブルに見舞われることがありますし、陽射しを強く感じることも。

それらを上手く解消しながら釣りを楽しむには、釣りで使える便利グッズが不可欠でしょう。

釣具店に並んでいるものや、100均で販売しているものに目を向けると、使ってみたくなるアイテムがいっぱい!

ここでは、数ある小物・アイテム類の中から、おすすめの便利グッズをご紹介します。

釣りで使えるおすすめ便利グッズ①偏光グラス

釣りで使える便利グッズとして、真っ先に挙げたいのが、偏光グラスです。

偏光グラスとは、一般的によく知られているサングラスとは異なり、水面のギラつき=反射光を抑えて、水中の様子がよく見える効果を引き出してくれるものです。

紫外線をカットする効果も持ち合わせているので、釣り場で目が傷むのを防いでくれるでしょう。

実際に偏光グラスをかけてみると、明らかに水中の様子が分かるようになります。

魚がバッチリ見えるというより、岩などの地形変化を判別しやすいメリットを体感できます。

魚は、地形変化のあるところに好んで定着する習性を持っていますから、そこを基点にして釣りを組み立てることが可能でしょう。

その他には、藻の存在を見つけられますし、沈下物の位置も確定できるようになります。

ルアーや仕掛けをキャストする標的を絞り込めるので、魚か釣れる確率は飛躍的にアップすることに。

キャストの精度を上げつつ、絞り込んだピンポイントを叩いていくアプローチは、何やら狩りをしている感覚に近いものがあります。

偏光グラスのレンズには、さまざまなカラーが用意されています。

基本的にはブラウン系カラーにすると、日照の当たっている水中の様子を判別しやすいでしょう。

オーバーハング下などの日陰の水中を探るには、イエロー系カラーにすると、魚の姿をとらえやすくなります。

その他グリーン系やグレー系などもラインナップされているので、いろいろ試しながら自分に合ったものを見つけ出してください。

シマノやダイワなどの釣具メーカーから販売されている偏光グラスは多く、ZoffやJINSなどのメガネ店でも購入することができます。

度入りのレンズが必要なら、メガネ店の偏光グラスを選ぶのがベターかもしれません。

自分の目の度数を、専用機器で測ってもらえるので、安心して釣り場で使うことができるでしょう。

もうひとつ偏光グラスの効能を挙げるとすれば、顔に向かって飛んできたルアーが直撃するのを防いでくれます。

ルアーにはフックがぶら下がっていて、とても危険ですから、裸眼で釣りをするより偏光グラスをかけることをおすすめします。

釣りで使えるおすすめ便利グッズ②ライン巻き機

釣りで使える便利グッズとして、クルマなどに常備しておきたいのが、ライン巻き作業をカンタンにおこなえる専用機器です。

これがあれば、バックラッシュトラブルなどで使えなくなったリールを、もう一度使える状態に戻せます。

ラインは破棄しなければなりませんが、新しいラインを素早くリールに巻き付けて、釣り場へ戻るようにしましょう。

自宅にもライン巻き機を設置しておくと、リールメンテナンスの際に便利に活用できます。

釣りで使えるおすすめ便利グッズ③プライヤー

ロングノーズタイプのプライヤーを用意しておけば、釣り場で発生するさまざまな事例に対処できます。

例えば、フックを魚に飲み込まれたとき。

ロングノーズをノドの奥へ突っ込んで、引っ掛かっているフックを引き出すことが可能です。

カッター機能が付いているプライヤーなら、ラインをカットして結び直すこともできるでしょう。

ノーズの先端が鉤状に設計されていたら、スプリットリングオープナーとても使えます。

ルアーのフック交換に活用すれば、鈍ったフックを取り換えて釣果アップを図れるでしょう。

ラインアイのトゥルーチューンにも使えますから、プライヤーは必ず釣り場に持ち込むようにしましょう。

釣りのおすすめ便利グッズを具体的にピックアップ!

釣りのおすすめ便利グッズを、具体的に2アイテムご紹介しましょう。

まずひとつめは、クーラーボックスです。

釣れた魚を冷やした状態で保管できて、そのまま持ち帰ることが可能です。

魚を美味しく食べるためにも、よく冷える高性能なクーラーボックスは不可欠でしょう。

あまりに大きなサイズを選ぶと、持ち運びするのに重くてタイヘン!

全長50cm前後のサイズなら、魚・氷が入った状態でも運びやすいのではないでしょうか。

底部分にキャスターの付いたタイプなら、地面を転がしながら運ぶことができます。

シマノ(SHIMANO) フィクセル リミテッド 22L NF-222V ホワイト

シマノ(SHIMANO) フィクセル リミテッド 22L NF-222V ホワイト

最安値価格
¥27,456(楽天市場)

Amazonへ ¥29,863

楽天市場へ ¥27,456

Yahoo!へ ¥27,456

シマノから発売中のクーラーボックス・フィクセルリミテッドシリーズの中から、容量22Lモデルを選んでみました。

ウエイトは4.8kgと軽めなので、持ち運びするのにとても便利です。

外寸は530×300×332mmで、内寸は391×211×250mm。

素材は、PPとステンレスで出来ています。

ICE値(h)は55で、断熱構造には発泡ウレタン+3面一体型真空パネルが採用されています。

1泊2日程度の釣行なら、中に入れた氷か解けない状態で持ち帰れるでしょう。

ボディインナーには抗菌処理が施されていて、上フタは取り外し可能です。

両面開きになるので、魚を入れるときに重宝するでしょう。

その他ラックトップレバーや手持ちハンドル・ショルダーベルト・ワンアクション水栓・滑り止めゴム・内部トレーか付いています。

実際にフィールドで使ってみると、さほど重く感じる状態にはなりませんでした。

ショルダーベルトで肩にかけて移動できるのが嬉しいです。

実売価格は2万円台と、購入を検討しやすい価格帯に収まっています。

釣りはもちろん、キャンプなどのアウトドアイベントにも活用できるでしょう。

ダイワ(DAIWA) フィッシングシューズ DS-2102QS-H ネイビー 26.5

ダイワ(DAIWA) フィッシングシューズ DS-2102QS-H ネイビー 26.5

最安値価格
¥7,430(amazon)

Amazonへ ¥7,430

楽天市場へ ¥7,431

Yahoo!へ ¥7,430

ダイワからリリースされている、釣り専用のシューズです。

高い耐久性で定評のある、コーデュラ素材を本体のアッパー部分に採用しているのが特徴で、引き裂き・摩擦・摩耗などに対処できます。

またオーソライト・インソールを搭載しているので、歩行時のパフォーマンスがアップしています。

カカト部分には、ホールド感が向上するEVAカップソールを組み入れています。

オープンセル構造ですから、高い通気性が確保されています。

これまでのウレタンフォームと比べて、優れたクッション性が持続します。

EVAミッドソールにより、非常に柔らかいので履き心地や屈曲性を期待できます。

ソールのスパイクピンからの突き上げを、しっかり防いでくれるでしょう。

水が入りにくい防水構造なので、快適に過ごせるのは嬉しいです。

完全防水ではないので、ウェーディングアプローチには向いていません。

堤防などの護岸エリアを歩くのに、とても履きやすいスペックに仕上がっています。

実売価格は1万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

釣りで使える便利グッズを駆使してビッグフィッシュを釣り上げよう!

釣りで使える便利グッズの特徴や、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

快適な状態をキープできるもの、使って便利に感じるものが、釣り場では求められます。

さまざまなアイテムが開発されていく中で、多くのアングラーに支持されるものが残ります。

気になるグッズがあれば釣り場で実際に使ってみて、自分なりの評価を与えてみましょう。

それが進化したときに再度使ってみるようにすると、自分の釣りアプローチが充実してくるのを実感できるはずです。

釣りの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング