リールのアップ写真

驚きのハンドル1巻き112cm!2023年新登場のレボ5ロケット大特集!

FISHING JAPAN 編集部

エクストラハイギア仕様のベイトリールは、さまざまな釣具メーカーからリリースされています。

2023年アブガルシアブランドから新発売されるレボ5ロケットには、なんと10.1対1のギア比を設定。

これならキャストしたルアーを素早く回収し、次のポイントへあっという間にアプローチできるでしょう。

その詳細スペックについてご紹介します。

レボ5ロケットとは

レボ5ロケットとは、2023年アブガルシアブランドから新発売となるベイトリールのことです。

左・右ハンドル仕様が用意されていて、どちらか好みのほうを選べるようになっています。

注目は、やはりギア比。

なんと10.1対1に設定されていますから、ハンドル1回転につき112cmものラインを巻き取ることができるように作られているのです。

112cmも巻き取れるなら、ロングキャストを連発しても、手返しの良さで多くのポイントを叩けるでしょう。

またショートバイトがひんぱんに発生するような状況なら、ロッドを立てずにリールハンドルを回すだけで、巻きアワセによるフッキングを実践できます。

意外と半掛かり状態から貫通まで持っていきやすく、バラシ抑制につながるのは間違いなさそうです。

ウエイトは215gあるので軽いとはいえませんが、長時間の釣行でも疲れを感じてしまう展開にはなりにくいでしょう。

スプールの直径は35mmと、やや大きめ。

スプールの幅は、22mmに設計されています。

ハンドルの長さは95mmで、最大ドラグ力は8.1kgです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら16lbを115m巻けます。

PEラインなら、3.0号を120m巻くことが可能です。

ボールベアリングは、10個搭載しています。

レボ5ロケットの全体的なシルエットに注目してください。

エルゴノミックデザインを採用しているので、左右のカタチが非対称になっているのが特徴です。

パーミングした際に親指を置くサムレストが、ハンドルアーム側にオフセットしています。

これにより、魚が掛かった時により深く強く握り込めます。

安定した巻き取りにもつながりますし、クラッチレバーを誤作動させてしまうのも防げます。

高強度デュラメタルフレーム+クランクサイドプレートで支えているレボ5ロケット!

レボ5ロケットには、高強度なデュラメタルフレームとクランクサイドプレートで構成されています。

アルミニウムアロイ製なので、最もタフで精度の高いギアのサポートを実現しています。

例えば、ビッグベイトをラインに結んでキャストする場合。

大きな負荷がベイトリールに掛かりますが、ガッチリとした剛性で支えてくれるでしょう。

巻き心地の安定感にもつながるので、ビッグベイトで釣果を伸ばしたいアングラーに向いています。

IVCB6ブレーキシステムを搭載しているレボ5ロケット!

レボ5ロケットには、IVCB6ブレーキシステムが搭載されています。

直径35mmのスプールとの相性が良く、プレート外側の調整ダイヤルを回すだけで、追い風・向かい風などのさまざまなシチュエーョンやコンディションに対応できます。

毎回プレートを開けてブレーキ調整する手間が省けるので、テンポよく次のアプローチへ移れるのがメリットです。

その他パワースタックカーボンマトリックスドラグやDuragearギアシステムを採用。

カーボン製ハンドルは、長さ95mmでストレート形状の4mm厚になっています。

中空で大型のハンドルノブが付いていて、ピニオンサポート構造でスプールの自由度やキャスタビリティの向上が実現しています。

レボ5ロケットを装着したいおすすめのロッドを選んでみた!

レボ5ロケットを装着して釣り場で活用したくなる、おすすめのベイトロッドを取り上げてみましょう。

海外の怪魚を含めた大物狙いのロッドなら、ビッグベイトを背負えるパワーブランクスモデルがマッチします。

アブガルシアブランドから、こちらをピックアップしてみました。

アブガルシア(Abu Garcia) ルアーロッド ベイト ワールドモンスター WMSC-734H 怪魚 パックロッド 4ピース ライギョ

アブガルシア(Abu Garcia) ルアーロッド ベイト ワールドモンスター WMSC-734H 怪魚 パックロッド 4ピース ライギョ

最安値価格
¥21,945(楽天市場)

Amazonへ ¥31,350

楽天市場へ ¥21,945

Yahoo!へ ¥35,485

アブガルシアブランドからリリースされている、持ち運びに便利なマルチピースタイプのベイトロッドです。

全長は2.21mで、4ピース仕様。

仕舞寸法は、なんと60cmにまで縮まります。

これなら航空機に乗せて運ぶのもカンタンですから、海外や離島遠征などに向いているでしょう。

ウエイトは281gと重めで、先径/元径は2.4/16.2mmと太めです。

適合するルアーウエイトは、最大で300gまで。

適合するPEラインは、最大で10号までとなっています。

モノフィラメントラインなら、40lbまで使えるでしょう。

ブランクスのカーボン素材含有率は、84%です。

レギュラーファーストテーパーなので、ルアーの重みをしっかりブランクスに乗せて、前方へ押し出すようなキャストをおこないたいものです。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

マルチピース仕様の便利さは、さまざまな釣り場へ出向いて魚を狙える機会を拡大してくれます。

継ぎの作業は丁寧におこない、差しの甘さが無いように努めましょう。

グリップ側からロッドティップを見るようにして、ガイドリングのズレが発生していないか、必ずチェックしてください。

ズレたままだと余分な抵抗が出て、飛距離が伸びなくなってしまいます。

またフッキングの際にパワーが伝わりづらく、最悪の場合ブランクスやガイドを傷めてしまうかもしれません。

釣行から帰宅したら、継目の洗浄は丁寧に実施して、付着物などが残らないようにしましょう。

ガイド足も入念にチェックして、濡れタオルなどで拭き取り作業をおこなってください。

テイルウォーク(tailwalk) WIDE POWER BOW 66 15800

テイルウォーク(tailwalk) WIDE POWER BOW 66 15800

最安値価格
¥18,480(amazon)

Amazonへ ¥18,480

楽天市場へ ¥18,480

Yahoo!へ ¥18,480

テイルウォークからリリースされている、ビッグベイトをキャストするのに適したベイトロッドです。

全長は6.6ftで2ピース仕様ですが、バットジョイント方式を採用しています。

なので仕舞寸法は、150cmとやや長めの設定になっています。

ウエイトは208gと、やや重め。

適合するルアーウエイトは、100gまでです。

船やボートに乗ってバーチカルジギングをおこなうなら、最大250gまでぶら下げることができます。

適合するPEラインは、最大で5.0号までです。

実際に手に取ってみると、かなり張りのあるブランクスという印象でした。

でもロッドティップに負荷をかけたら、スムーズに曲がろうとします。

ビッグベイトをキャストするつもりなら、じゅうぶんにブランクスを曲げてから、しっかりと押し出すスイングを実践してみてください。

ガイド足にはラインが絡まりにくいので、手返しのいいアプローチを続けられるでしょう。

実売価格は2万円台と、購入しやすい価格帯に収まっています。

大型魚の引きに対してもじゅうぶん耐えられるはずですから、バス釣りはもちろんライギョやナマズ・シーバスなども、積極的に狙ってみましょう。

レボ5ロケットの気になる発売日はいつ?

レボ5ロケットの気になる発売日は、2023年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、38,000円です。

ロングキャストして着水即バイトがあった場合は、この高いギア比が効いてきます。

ロッドを振ってもフッキングに必要なパワーは伝わりにくいので、素早くリールハンドルを回して糸フケを取り除いてください。

そのままフックを貫通させてもかまいませんし、ラインテンションが張った状態ならロッドでアワセてもいいかもしれません。

レボ5ロケットを用いて巻きアワセ→貫通ができるように、練習を重ねてみましょう。

アブガルシアの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

アブガルシア」カテゴリの人気記事

DAILYランキング