ウェーダーのアップ写真

ウェーダーを使いこなして釣りを楽しみたい!話題のワークマンにはあるの?

FISHING JAPAN 編集部

ウェーダーを着用すれば、いつもは進入できない水の中へ立ち込むことができます。

ルアーをキャストしてみたかったポイントへ、しっかりと届けられるようになるでしょう。

ここでは、ウェーダーの特徴や安全な使い方について、分かりやすくご紹介します。

ウェーダーってどんな釣りアイテムなの?

ウェーダーとは、足先から太もも・お尻・お腹・胸前までゴムや布で覆われた、水の中に立ち込むことのできる釣りウエアのことです。

胴長靴といえば、イメージしやすいかもしれません。

靴に外装が連なっているデザインなので、足からお腹にかけて継目=隙間部分が無く、水の浸入を防いでくれる構造になっています。

ヒザ上程度の水深までなら、慎重に立ち込んで釣りをすることができるでしょう。

以前は激安価格で知られているワークマンでも、ウェーダーのラインナップがあったように記憶していますが、現在の公式サイトでは見つけることができません。

ウェーダーは、釣具店やネット通販ショップなどで入手するようにしましょう。

ウェーダーを活用したくなる釣り場はどこなの?

ウェーダーを活用したくなる場所は、ズバリ!浅瀬です。

河川の渓流・源流エリアでは、足を水に浸けないと進めないところがありますから、ウェーダーの出番はかなり多くなります。

ゴロタ石や岩が点在していて滑りやすいので、靴部分の裏側=ソールの素材に気を付けましょう。

苔などが付着していて滑りやすいケースを想定すると、ソールはフェルト素材のものがおすすめです。

その他浅瀬といえば、河川の中流域や河口域にも広がっています。

砂地が多くなってくると、ソールはラジアルタイプのほうが歩きやすいかもしれません。

特に河口域でのウェーダーの使用率は、年々高まっています。

シーバスゲームやチニングゲームが、盛んにおこなわれているからでしょう。

かなり沖合いまでウェーダーを着込んで立ち込んでいるアングラーを見かけますが、とても危険です。

足元の水深が増していくと、爪先の位置など全く見えない状態になります。

一歩前に進めば、いきなり深くなっていることも考えられますので、歩みは慎重におこなってください。

具体的には、ヒザを曲げて歩かないこと。

必ず擦り足で、ボトムを足裏で感じながら、ゆっくりと前進するのがベストです。

もし爪先に何か当たったら、前進を止めて探ってみてください。

爪先に何も当たらず、ふわりと浮いた感じになったら、すぐさま後退りをしましょう。

何かにつまづいてお尻を着いてしまうと、ウェーダーの上端部分から水が入ってしまいます。

そうなると水の重みで立ち上がれなくなるケースも発生するので、絶対に座り込まないようにしてください。

サーフや磯場でもウェーダーは大活躍!

ウェーダーを活用すれは、サーフにも立ち込むことができます。

ヒラメやマゴチなどをロングキャストで狙えるので、サーフゲームにウェーダーを着込んで参加する人は多いでしょう。

遠浅だと思い込んでどんどん水の中へ入って行くと、トラブルの原因になりますから、じゅうぶん注意して行動してください。

また磯場に立ち入る際にも、波をかぶっても平気なので、ウェーダーは重宝します。

ソールにはスパイクピンが付いているタイプを選ぶようにすれば、磯場の岩肌でも滑りにくくなるでしょう。

ただし、常に波が当たっているところには付着物が多いので、スパイクピンでも完全に歩けるとは言い切れません。

過信することなくゆっくりと移動することを心がけましょう。

ライフジャケットも同時に着用することを忘れないでください。

さまざまな釣りシーンで使えるおすすめのウェーダーを選んでみた!

それでは釣りシーンで活用するための、おすすめウェーダーを取り上げてみましょう。

水温が低いときは、生地に厚みのあるタイプを着込むことがベストです。

釣り場で寒さを感じないように、クロロプレン生地を採用したものを選んでください。

プロックス(Prox) 3Dインナークロロプレンウェダー(ストッキング) Mサイズ PX5516M

プロックス(Prox) 3Dインナークロロプレンウェダー(ストッキング) Mサイズ PX5516M

最安値価格
¥12,520(楽天市場)

Amazonへ ¥12,532

楽天市場へ ¥12,520

Yahoo!へ 取扱なし

プロックスからリリースされている、厚みのあるクロロプレン素材を用いたウェーダーです。

ストッキングタイプなので、ウェーディングシューズを履かなければなりませんから注意してください。

ウォームロックとウォーターガードのW2マテリアルを採用しているので、高い保温性能と防水性能を確保しています。

4mm厚のクロロプレン素材に加えて、温かい空気を滞留させる3D立体加工生地をインナーとして使っています。

冬の釣り場や解禁当初の渓流などに、積極的に使ってみましょう。

ウェーダーの前部分には、大型ポケットが付いています。

ハンドウォーマーになるオープンポケットと、簡易防水機能の付いたポケットの2重構造が嬉しいです。

ウェーダーのウエスト部分には、誤って転倒したときの水の浸入を抑えるウエストベルトが装備されています。

ハイバック仕様なので、長時間水に浮いているフローターの釣りでも活用できます。

全体的に可動部が多く設定されていますから、動きやすく扱いやすい印象です。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

(DRESS)ヒップウェーダーAIRBORNE エアボーン ラジアルソールS ブラック

(DRESS)ヒップウェーダーAIRBORNE エアボーン ラジアルソールS ブラック

最安値価格
¥6,250(amazon)

Amazonへ ¥6,250

楽天市場へ ¥6,380

Yahoo!へ 取扱なし

ドレスから発売中のショートレングスなウェーダーです。

いわゆるヒップウェーダーで、脚の付け根部分までをカバーするようにデザインされています。

シルクプリントを施したミリタリーテイストは、幅広い年齢層に支持されるでしょう。

軽くて動きやすいナイロン生地を採用しています。

サイドベルトが付いているので、履いていてズレてしまうのを防いでくれます。

コンパクトに畳めますから、持ち運びがとてもカンタンです。

ブーツ部分にはPVCが使われていて、一体成型になっています。

日本人の足のカタチに合わせた甲高幅広のデザインを採用しています。

ソール部分はラジアルソールで、脱ぎ履きしやすいキックオフを装備。

常にクルマに積んでおけば、すぐに取り出せて釣り場に対応可能でしょう。

実売価格は6千円台と、とても購入しやすい価格帯に設定されています。

長靴でちょっと不安になる水深を歩く際に、とても重宝するアイテムといえるでしょう。

TAKAMIYA(タカミヤ) ウェーダー REALMETHOD チェストハイウェーダー フェルトラバーソール TG-2907 ダークグレー M

TAKAMIYA(タカミヤ) ウェーダー REALMETHOD チェストハイウェーダー フェルトラバーソール TG-2907 ダークグレー M

最安値価格
¥6,200(楽天市場)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ ¥6,200

Yahoo!へ 取扱なし

タカミヤからリリースされている、胸上までカバーしてくれるウェーダーです。

左右非対称のバックルが装着されていて、釣りを一時休憩する際には、肩ベルトをウエストでとめて使うことができます。

暗がりのシチュエーションでも、バックルの掛け違いを防いでくれるでしょう。

ウェーダーの内側にはファスナーポケットが付いていて、貴重品や小物を収納しておくことが可能です。

ただし、防水仕様ではないので、濡れてもかまわないものを入れるようにしましょう。

誤って転倒したときに水の浸入を防ぎつつ、肩への引っ張り負担も軽減してくれるウエストベルトが装備されています。

PVC一体成型ブーツは紫外線に強く、ソールは特殊形状のフェルトソールを採用しています。

ラバー部分がフェルトの摩耗を抑えてくれますし、グリップ力の向上にも寄与しています。

裏メッシュは無く、藪漕ぎなどで発生した傷の修理をカンタンにおこなえます。

生地には、テフロン撥水加工が施されています。

実売価格は8千円前後と、とても低価格な設定になっているのが嬉しいです。

ウェーダーを着こなしてさまざまな釣りを楽しもう!

ウェーダーの特徴や使い方、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

さまざまなシチュエーションで使うことのできるウェーダーですから、自分なりに使い方を広げてみましょう。

安全最優先で、慎重な歩き方を実践しなければならないのは当然のこと。

我れ先でポイント探しする行為は、厳に慎まなければ、好釣果に恵まれないでしょう。

ウェーダーの関連記事はこちら

釣りウェア」カテゴリの人気記事

DAILYランキング