ウエアのアップ写真

ネオプレーンウェーダーってどれを選べはいいの?冬のウェーディングゲーム必須アイテム

FISHING JAPAN 編集部

冬に実践するシーバスゲームやサーフヒラメゲーム、水中に立ち込むケースも出てきます。

そんなときに頼りになるのが、防寒効果の高いネオプレーンウェーダーでしょう。

どんな特徴を持っていて、どんなタイプが用意されているのか、詳しくチェックしてみましょう。

安い価格のものや寿命の長いもの、シューズタイプ・ソックスタイプなど、購入前に知っておきたいことをピックアップしてみました。

ネオプレーンウェーダーとは

ネオプレーンウェーダーとは、素地が合成ゴムで作られているウェーディングウエアのことです。

合成ゴムだからこそ柔軟性と分厚さを兼ね備えていて、素地の密度が高いことが知られています。

当然水も冷たい空気も通さないので、冬の季節にウェーディングゲームを実施するとき、とても重宝します。

元々ネオプレーンという素材は、アメリカで作られるようになりました。

釣り用ラインで有名なデュポン社が、クロロプレンを素材にした生地を、ネオプレーンと呼称したことが始まりです。

このネオプレーン素材、なぜ保温効果が高いかというと、内部に混じる気泡が、それぞれ独立して離れていることに起因しています。

気泡が離れていることによって断熱効果が高まり、冬の寒い時期でも温かさをキープすることが可能になるのです。

ただし、透湿効果などの通気性能は望むことができず、夏場の暑い時期にネオプレーンウェーダーを履くと、暑くて釣りにならないでしょう。

発生した汗が、そのまま残ってしまうからです。

そこで暑い季節用の生地を用いた、透湿効果のあるウェーダーもリリースされるようになりました。

季節に合わせてウェーダーを着替えることで、快適に釣りを楽しむことができるでしょう。

中に着込むインナーウエアの種類も充実してきましたから、ネオプレーンウェーダーを購入する際には、保温効果の高いインナーウエア購入も検討してみてください。

ネオプレーンウェーダーの生地の厚みは、4mmのものが多いです。

5mmのものなら、より耐水・防寒性能が高まりますが、柔軟性のある動きがしにくくなるかもしれません。

初心者アングラーなら、まずは4mm厚のネオプレーンウェーダーから始めると扱いやすいでしょう。

ネオプレーンウェーダーのソール部分に注目!

ネオプレーンウェーダーには、さまざまな種類が設定されています。

シューズが付いているタイプと、シューズの無いタイプ=ソックスタイプがあって、ソックスタイプの場合は、ウェーディング用のシューズも併せて購入しなければなりません。

シューズ付きネオプレーンウェーダーのシューズの裏面、すなわちソール部分に注目してみましょう。

まず取り上げたいのが、ラジアルソールタイプです。

ラジアルソールとは、ゴム素材で出来た凹凸のあるソールのことで、それが装着されているシューズとウェーダーが一体化しています。

ゴム素材のソールなので、グリップ力が高いことが特徴といえるでしょう。

防波堤の上やサーフエリアなどで歩きやすく、ストレスなく釣りを楽しむことができます。

しかしながら、水に濡れたゴロタ石の上や藻・苔などがびっしり生えている場所に足を踏み入れると、とても滑りやすく危険です。

海や河川では、そういったエリアが点在していますし、渓流で見かける石の岸際や岩場などにも不向きでしょう。

フェルトソールを選ぶ理由とは?

ネオプレーンウェーダーのソールには、フェルトソールタイプも用意されています。

こちらは藻や苔が付着しているような石・岩場で、安定感のある歩きを提供してくれます。

ただし、フェルト生地に砂が入り込みやすいので、サーフでは滑りやすくなるでしょう。

そこでフェルト生地にプラスして、ピン状のスパイクが付加されているタイプがリリースされるようになりました。

スパイクが地面に刺さるので、歩行の安定感が増すでしょう。

さまざまな種類のネオプレーンウェーダーからおすすめのアイテムを選んでみた!

それでは豊富な種類のあるネオプレーンウェーダーの中から、おすすめのアイテムを取り上げてみましょう。

価格の安いものやソールの種類などを細かくチェックしながら、自分の釣りスタイルにマッチしたネオプレーンウェーダーを選びたいものです。

有名メーカーのものなら、安心して長く使い続けることができるでしょう。

マズメ(Mazume) ネオプレーンウェイダー(フェルトスパイク/つま先・カカトのみ) MZBF-555-02 ブラック L

マズメ(Mazume) ネオプレーンウェイダー(フェルトスパイク/つま先・カカトのみ) MZBF-555-02 ブラック L

最安値価格
¥18,229(Yahoo!)

Amazonへ ¥19,129

楽天市場へ ¥19,799

Yahoo!へ ¥18,229

マズメからリリースされている、ベーシックなネオプレーンウェーダーです。

価格が安いのが大きなメリットで、初めてネオプレーンウェーダーを購入する人にもおすすめのアイテムになっています。

本体サイズは、Mサイズがチェスト100cm・ヒップ100cm・太腿56cm・股上56cm・股下76cm・足25.5cmです。

Lサイズは、チェスト104cm・ヒップ104cm・太腿58cm・股上58cm・股下78cm・足26.5cmです。

LLサイズは、チェスト110cm・ヒップ110cm・太腿60cm・股上60cm・股下80cm・足27.5cmとなっています。

注目のソール部分は、フェルト+スパイク仕様です。

そのスパイクピンは、つま先とカカトにのみ付いています。

実際に着用してみると、ヒザ周りのストレッチ性能がとても良く、圧迫感をさほど感じずにかがむことができます。

また保温力がとても優れているので、薄手のインナーウエアを着込んでからネオプレーンウェーダーを着て対応できます。

4mm厚なので、動きやすさも納得のレベルです。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっています。

カラーはシンプルなブラックカラーなので、ジャケットなどとのコーディネイトもやりやすいでしょう。

耐久性が高く破損しにくい作り込みですから、長く釣り場へ持ち込めるのも嬉しいところです。

プロックス(Prox) 3Dインナークロロプレンウェダー(フェルト) Mサイズ PX5506M

プロックス(Prox) 3Dインナークロロプレンウェダー(フェルト) Mサイズ PX5506M

最安値価格
¥11,515(amazon)

Amazonへ ¥11,515

楽天市場へ ¥12,000

Yahoo!へ ¥11,999

プロックスから発売中の、クロロプレン=ネオプレーンウェーダーです。

ウォームロックとウォーターガードのW2マテリアルを使っているので、保温性能と防水性能のレベルが高く、安心して釣りを楽しめる仕上がりになっています。

生地は4mm厚のクロロプレン素材で、温まった空気を滞留させる3D立体加工生地をインナーとして採用しています。

冬の寒い時期や、春の解禁直後の渓流釣りに、しっかり対応できるでしょう。

こちらはMサイズなので、足サイズは25.5cmまで・ウエストは88cmまで・股下は78cmまでに設計されています。

身長170cmぐらいまでのアングラーに、ベストマッチするのではないでしょうか。

フロント部分に付いている大型ポケットは、ハンドウォーマーも兼ねています。

オープンポケットと簡易防水ポケットの2重構造になっているので、濡らしたくないものを保管するのに便利です。

ウエストには、ウエストベルトを標準で装備していて、転倒したときの浸水を防いでくれます。

ハイバック仕様ですから、ウエーディングゲームはもちろん、水に長時間浮いているフローターゲームにも対応できるでしょう。

ソールは、フェルトタイプですから、藻や苔の付いた石・岩場を歩くのに対応可能です。

実売価格は1万円台と、とても安い価格に設定されています。

擦れ合う股部分などから浸水するのを防ぐために、使用後は必ずチェックするようにしましょう。

ネオプレーンウェーダーの特徴を理解して自分の釣りに活かそう!

ネオプレーンウェーダーの特徴や、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

寒い時期のウェーディングゲームは、危険が伴いますから、必ずライフジャケットを着用するようにしましょう。

ウェーディングの関連記事はこちら

釣りウェア」カテゴリの人気記事

DAILYランキング