ランディングネットのアップ写真

ランディングネットはどれを選べばいいの?おすすめアイテムをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

釣りをしていて必ず欲しくなるアイテムといえば、デカイ魚を掛けたときのランディングネットではないでしょうか。

特に足場の高いところで大型のシーバスをフッキングしてしまったら、ランディングネットを持参していなかったことを悔やむでしょう。

ここでは、ランディングネットの特徴や選び方についてご紹介します。

扱いやすいランディングネットの選び方はどうすればいいの?

ランディングネットとは、釣りのときに掛けた魚をすくい上げるための道具のことです。

日本では、玉網とかタモと呼ぶほうが、聞き慣れているでしょうか。

魚がすっぽり入る金属フレーム材の枠に、ラバーやナイロンでできた網を装着します。

そこに玉ノ柄を装着すれば、ランディングネットの出来上がりです。

昔は、柄の部分が竹で作られたものが大半でした。

へらぶな釣りでは、現在でも竹材を用いたものが多いです。

これだけ聞いていると自作できそうな雰囲気ですが、ランディングネットには負荷を支える耐久性が求められますし、釣り場まで持ち運ぶ際の携行性・利便性も必要でしょう。

となれば、釣具店やネット通販サイトで既存モデルを購入するほうが、安心といえそうです。

ランディングネットを選ぶさきに、注目したい点がいくつかあります。

まずは、網=ネットの部分。

ここの強度が弱いと、せっかく掛けた魚をみすみす取り逃がしてしまうことになります。

魚が暴れ出しても、カンタンに破れてしまわないほどの強さが求められるのです。

網部分の素材には、ナイロン樹脂が採用されてきましたが、最近のランディングネットにはラバーが用いられるケースが多いです。

ラバーなら、すくったときに魚の体に網が食い込まなくて済みます。

食い込んでしまうと魚体にキズが付き、リリースしても死んでしまうかもしれません。

ダメージをできる限り抑えるつもりなら、魚体に優しいラバー素材を選ぶようにしましょう。

ランディングネットの柄部分の素材はカーボンがおすすめ!

ランディングネットの柄の部分にも注目しましょう。

柄の部分は、重めのグラスファイバー素材から、軽量なカーボン素材へ切り換わってきました。

そのほうが釣り場で扱いやすく、素早くスムーズに魚をすくうことができるからです。

曲がり込みも、グラスファイバー素材のほうが強めなので、垂れ下がり気味になります。

素早くすくって確実にランディングしたいなら、ランディングネットの柄はカーボン素材のほうがいいのではないでしょうか。

手持ちタイプのランディングネットを自作する程度なら、竹材でも代用できそうです。

流行りのガサガサを浅瀬でおこないたいときは、竹材を用いて作ってみましょう。

柄の長さはどれくらいが扱いやすいの?

ランディングネットの柄は、伸び縮みする振り出し式に設計されているものが多いです。

柄の長さを固定してしまうと、とても扱いづらいでしょう。

防波堤なら、4mから6mほどの柄の長さがあれば、海水面まで届く可能性は高いといえます。

長くなればなるほど、全体のウエイトが重くなってしまうので注意してください。

具体的には、柄の長さ5m前後なら、快適に操ることができる印象です。

5mより長くなると、じゅうぶん注意しながらランディングの作業をおこなうことになりそうです。

ランディングネットに装着するおすすめパーツを選んでみた!

それではランディングネットに装着したら便利に使える、おすすめのアイテムをご紹介しましょう。

まずは、タモホルダーから。

頑丈な金属でできた後付けのパーツで、ゲームベストなどの隙間に差し込めるようになっています。

ランディングネットをすぐに取り出せるので、魚をすくうタイミングを逃さずに済むでしょう。

プロックス(PROX) タモホルダーライト S/BLK(ブラストブラック)

プロックス(PROX) タモホルダーライト S/BLK(ブラストブラック)

最安値価格
¥1,659(楽天市場)

Amazonへ ¥2,178

楽天市場へ ¥1,659

Yahoo!へ 取扱なし

プロックスからリリースされている、ランディングネット用のタモホルダーパーツです。

サイズはSサイズで、全長は155mmとコンパクトな設計になっています。

自重は57gと軽めで、取付位置の対応可能な直径は、23.6mmから29.0mmです。

ランディングネットの玉ノ柄にカンタンに取り付けられるので、ゲームベストやベルトにセットして使いましょう。

素早いランディング作業を実践できるようになることで、これまで取り逃がしていた魚をゲット可能に。

フックハンガー部分にブラスト加工を施していて、スタンダードなMサイズもラインナップしています。

Mサイズのほうは、対応直径が29.9mmから35.3mmまでです。

実際に使ってみると、柄に装着するのは極めてカンタンでスムーズに完了することができました。

実売価格は千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

カラフルな3種類のカラーバリエーションが用意されているので、釣行時の服装などに合わせるのがいいかもしれません。

とにかく金属製なのに軽いですから、さまざまなシチュエーションへ持ち出すのに便利です。

一度使うと、このパーツ無しではランディングネットを持ち運ぶのが面倒になるでしょう。

実釣で使った後は、帰宅してから濡れタオルなどでキレイに拭き取り作業をおこなってください。

塩気が残ったまま放置しておくと、腐食してしまう原因になるかもしれません。

お気に入りの釣り道具を長く使い続けたいなら、日頃の洗浄メンテナンスはこまめに実践するようになりたいものです。

プロックス(PROX) タモジョイント レッド PX864R

プロックス(PROX) タモジョイント レッド PX864R

最安値価格
¥2,411(amazon)

Amazonへ ¥2,411

楽天市場へ ¥2,429

Yahoo!へ 取扱なし

タモジョイントパーツを付けると、玉網部分を折り曲げて収納することができるようになります。

こちらは樹脂製なのでとても軽く、持ち運びの負担になりようなことはありません。

自重は約75gと軽めで、素材にはGFRP=ガラス繊維強化プラスチックが使われています。

耐久性が高く感じるのは、この素材のおかげかもしれません。

実際にランディングネットに装着してみると、とても快適に使うことができます。

強く振ると勝手に折れ曲がってしまうことがありましたが、特に問題はありません。

実売価格は2千円台と、とても安い価格帯に収まっています。

カラーバリエーションも豊富なので、所有しているランディングネットのカラーに合わせて装着してみましょう。

メジャークラフト ランディングネット ランディングシャフト コンパクト 240 セット LS-240CP

メジャークラフト ランディングネット ランディングシャフト コンパクト 240 セット LS-240CP

最安値価格
¥9,823(楽天市場)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ ¥9,823

Yahoo!へ 取扱なし

メジャークラフトから発売中の、コンパクトなランディングネットです。

全長は2.4mなので、バス釣りのオカッパリやその他ライトソルトウォーターゲームに対応できるでしょう。

仕舞寸法は、シャフト部)で43cmになります。

魚が暴れても魚体が傷つきにくくなっている、ラバーコーティングネットを装着しています。

玉枠の形状は、掛けた魚をすくい取りやすい、ヘキサゴン形状を採用しています。

実際に使ってみると、柄は伸ばしやすく最大延長でも取り回しが便利な印象です。

負荷が掛かると結構曲がり込みますが、振り出した状態から真っ直ぐに縮めていくと、問題なく取り込むことができるようになっています。

実売価格は8千円前後と、とても低価格な設定に収まっています。

ウエイトは640gなので、長い時間持ち歩いてもさほど疲れることはないでしょう。

メジャークラフトからは、柄の長さが6mもあるタイプもリリースされています。

釣り場や対象魚によって、ランディングネットを使い分けるようにしたいものです。

ランディングネットを駆使して大型魚をゲットしよう!

ランディングネットの特徴や選び方、おすすめの関連アイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

きっちりと準備しておけば、掛けた魚を取り逃がしてしまうトラブルは防げます。

自分の釣りスタイルにマッチしたランディングネットを購入して、釣り場へ持ち込むようにしましょう。

ランディングネットの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング