リールのアップ写真

アンタレスを使い続けてみて感じた3つのポイント!現行モデルまでのインプレチェック

FISHING JAPAN 編集部

初代アンタレスがリリースされてから、モデルチェンジのたびに入手しては使い続けてきました。

大きなベイトリールで太いラインを操れる!という第一印象が、アンタレスARで切り換えられたのには驚かされた記憶があります。

ひとつのベイトリールを、キープコンセプトで作り続けるには、大変な困難と苦渋の決断が必要なのでしょう。

ここでは、シマノのベイトリール・アンタレスを使い続けてみた印象についてご紹介します。

高い精度をキープし続けている歴代アンタレス!

歴代アンタレスのスペックは、シマノのハイエンドモデルですから他を圧倒するものでした。

オーバーホールを繰り返しながら、丁寧に使い続けてみて感じた3つのポイントを挙げてみることにします。

アンタレスの存在意義は、その高い精度にあったと実感しています。

カチッとした緩みのない作り込みは、剛性のレベルがアップしていることをストレートに伝えてくれました。

ハンドルの回転フィールはもちろん、バタ付きの無いところや、大きな負荷が掛かった時点でも巻き取れてしまう強さのようなものが、歴代全機種に備わっています。

アンタレスARというコンパクトモデルが発売されたとき、これはちょっとムリがあるのかなという第一印象でした。

ハンドルが37mmになっていて、スプール径は34mm。

7g前後の軽いルアーをキャストするには、こうするしかなかったのかなと感じたのですが、いざフィールドで魚を掛けてみると、アンタレスARはしっかり支えてくれたのです。

ラインキャパは少なくなりましたが、魚を引き寄せるチカラは健在で、難なくランディングに持ち込めました。

大胆な設計変更でも、アンタレスらしさは消えていなかったと嬉しく感じたことを鮮明に記憶しています。

このアンタレスARと被る存在が、現行モデルの19アンタレスや21アンタレスDCです。

人気の村田基モデル・18アンタレスDCMDとよく比較されていて、小さいことが良くないことのように言われています。

確かに20メタニウムとも守備範囲が重なっているように見えて、もったいない感は否めません。

しかしながら、実際に19アンタレス・21アンタレスDCを使ってみると、あることに気づかされます。

飛距離にこだわる歴代アンタレス!

現行モデルのアンタレスには、歴代モデルで受け継がれていた、飛距離に対するこだわりがしっかりと存在しています。

これが2つめの着眼ポイントです。

シンプルなキャスト動作を繰り出すだけで、リールが持つ性能によって安定したキャストフィールが得られるようになっているのです。

それにより、軽くロッドを前方に押し出して、飛距離を伸ばすことができます。

ベイトリールにありがちなバックラッシュトラブルは、見事に抑え込まれていて、低い弾道でぐんぐん伸びながら失速感の無いキャストを繰り返せます。

一度そういうキャストを成功させたら、次のキャストも似た状態でフィニッシュできるように。

テンポよく繰り返していくことで、アンタレスを使えばキャストの回数が増えるという事実に、誰もが到達し得るでしょう。

たとえそれが、7g程度の軽いルアーであってもです。

そこに高い価値を見い出すアングラーは、少なくはないのではないでしょうか。

大きな負荷に対する強さこそアンタレスの証し!

歴代アンタレスに搭載されてきた3つめのポイントは、強さです。

大きな魚と対峙するとき、強いベイトリールでなければ、太刀打ちできません。

壊れない強さ・巻き取れる強さは、釣りに対する集中力を削がれずに済みます。

その象徴となっているのが、18アンタレスDCMDで、現行モデルと相まって現在でも生産が続いています。

究極のアンタレスとも言われていますが、軽いルアーで飛距離を伸ばすのはさほど得意ではないイメージがあるので、適材適所で使うほうがいいかもしれません。

実際に18アンタレスDCMDで、7gの軽いルアーをキャストしてみると、14m程度ならカンタンに飛ばせます。

バス釣りをおこなうなら全然OKな飛距離で、ラインを細くすればもっと飛距離は伸びるでしょう。

ただし、そこまですると、せっかくの18アンタレスDCMDの良い部分がスポイルされそうですから、それなら現行モデルとの使い分けで対応したほうが、ストレスを感じずに済みそうです。

アンタレスにマッチするおすすめロッドを選んでみた!

アンタレスにマッチする、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

まずは現行の19アンタレス・21アンタレスDCを装着してみたいロッドから。

軽いルアーを守備範囲に含んでいて、トラブルなくキャストを繰り返すなら、このアイテムはいかがでしょうか?

シマノ(SHIMANO) ベイトロッド 20 ワールドシャウラ ドリームツアーエディション 1602RS-5 ブラックバス ボートシーバス

シマノ(SHIMANO) ベイトロッド 20 ワールドシャウラ ドリームツアーエディション 1602RS-5 ブラックバス ボートシーバス

最安値価格
¥63,500(Yahoo!)

Amazonへ ¥69,784

楽天市場へ ¥67,384

Yahoo!へ ¥63,500

ワールドシャウラシリーズのマルチピースロッドです。

全長は1.83mと短めなので、取り回しよく扱えるようになっています。

継数は5本で、仕舞寸法はなんと42.7cmにまで縮まります。

自重は117gと軽めで、先径は1.9mmです。

適合するルアーウェイトは、7gから28gまでなので、ある程度軽いものから重めのルアーまでキャスト可能でしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら12lbから22lbまでです。

グリップの長さは231mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は99.4%に設定されています。

実際に手に取ってみると、ガイド周りがしっかりと作り込まれていて、頑丈なイメージの強い仕上がりです。

グリップは細身で握りやすく、パワーロスの少ないパーミングをリール共々おこなえます。

実売価格は5万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に定められています。

継ぎ部分は安定していて、キャスティングやフッキングの際に異音が発生することはありませんでした。

安定した状態でロッドを振れるので、キャスト数が次第に増えていきます。

狙ったピンポイントへ何度もアプローチすることで、釣れる確率は上がっていくでしょう。

シマノ(SHIMANO) ベイトロッド ワールドシャウラ バス 1754R-2 7.5フィート

シマノ(SHIMANO) ベイトロッド ワールドシャウラ バス 1754R-2 7.5フィート

最安値価格
¥48,972(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥48,972

同じくワールドシャウラシリーズの、7.5feetバージョンという長めのベイトロッドです。

18アンタレスDCMDとの相性が良く、シーバスゲームなどを中心に使えるでしょう。

全長は2.28mなので、やや長いブランクスが採用されています。

継数は2本で、仕舞寸法は130.0cmです。

適合するルアーウエイトは15gから80gで、適合するラインはモノフィラメントラインなら16lbから40lbまで。

PEラインなら、最大4号までです。

自重は150gで、ブランクスはレギュラーテーパーとなっています。

実際に手に取って握ってみると、持ち重り感はそれほど無く、スイングはやりやすい印象でした。

ジョイント系のスイムベイトや、ビッグペンシルベイトなどをキャストして、広範囲をチェックするのに向いています。

魚が掛かったときに、ベリーからしっかり曲がり込んでくれるので、魚が急に暴れてもバラシにくく、スムーズにランディングに持ち込めました。

ガイド周りの補強もしっかりしていて、大胆に扱えるのが大きななメリットです。

実売価格は6万円台と、ハイエンドスペックならではの価格帯に設定されています。

アンタレスを使いこなしてさまざまな釣りを楽しもう!

歴代アンタレスの特徴や取り上げたい3つのポイント、マッチするおすすめロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

使い込むほどに安定感の高さが味わえるアンタレスシリーズ、他のベイトリールからハイスペックモデルへの乗り換えを検討しているなら、ぜひ選択肢のひとつに加えてみてください。

ベイトリールの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング