リールのアップ写真

オフショアジギング用ベイトリールってどれを選べばいいの?

FISHING JAPAN 編集部

船やボートデッキからアプローチする、メタルシグを用いたオフショアジギング。

タックルを見てみると、スピニングリールをセットしたものなら、キャスティングも含めた使い方が展開できます。

となると、ベイトリールをセットしたタックルなら、どんな使い方ができるのでしょうか。

ここでは、オフショアジギングに用いるベイトリールの活用法や、おすすめの機種をご紹介します。

パッと見た感じで、コンパクトな背の低いタイプや、丸型の大きなタイプがありますよね。

どんな釣りのときに、どのタイプのベイトリールを選択すればいいのか、詳しくチェックしてみましょう。

オフショアジギング用ベイトリールとは

オフショアジギング用ベイトリールとは、船やボートデッキからメタルジグを使ってアプローチする際に用いる、専用の両軸リールのことです。

リールの左右面を軸にしてスプールを支えている構造なので、ラインを巻き取っていく方向とスプールに収まる方向が同じなのが、最大の特徴となっていますよ。

これは巻き取り方法として、とてもシンプルな仕組みなので、ハンドルを回すチカラがスムーズに直接的に伝わり、軽快な巻き心地を生み出します。

ちなみにスピニングリールでは、ラインの巻き取り方向の縦に対して、スプールは横方向にラインを収めていくので、ハンドルに加えるチカラを一層高めなければなりません。

ラインのヨレも気になるところですから、ベイトリールのほうが安心しながら魚とのやり取りを楽しめるかもしれませんね。

ベイトリールを用いるもうひとつのメリットは、クラッチレバーによるラインの放出が可能なところです。

クラッチを親指で押してオフにするだけで、一定のテンションを保ったまま、メタルジグをフォールさせることができますよ。

当然ロッドにも一定の負荷が掛かった状態でフォールできるので、魚からのアタリがあれば即手元やロッドティップに反応が出るわけです。

それを感じてフッキング動作へ移れるので、バイトを逃さずフックアップに持ち込めるでしょう。

メタルジグが底に着いた瞬間も、とても分かりやすいですよ。

バーチカル=垂直方向にメタルジグを上げ下げする釣り方を実践するなら、オフショアジギング用ベイトリールは欠かせない存在となるでしょう。

ただし、ドラグ機能のスムーズさに関しては、スピニングリールに分があるので、キャスティングとも絡めて使い分けを考慮する余地はあります。

乗合船やガイド船の船長さんやガイドスタッフさんと、事前によく話し合って、どちらのリールで行くか取り決めるようにしたいですね。

狙う水深や魚によってオフショアジギング用ベイトリールのボディサイズを変えよう!

オフショアジギング用ベイトリールは、釣り方によってボディサイズ=ラインキャパの量を切り換えて使う必要があります。

例えば、流行りの近海ジギングでは、さほど深い水深を探ることはありません。

具体的には、水深が100m前後で、狙うのが青物のブリ程度なら、PEライン3号までを200mも巻ければじゅうぶん。

このラインキャパにマッチした、オフショアジギング用ベイトリールを選んでみましょう。

もっと深場を探るときや、大物サイズをターゲットにするオフショアジギングでは、レベルワインダーが装備されていない大型のベイトリールを選ぶようにします。

ギア比に注目してオフショアジギング用ベイトリールを選ぼう!

オフショアジギング用ベイトリールを選ぶ際には、ギア比にも注目したいですね。

バーチカルに深い層を攻めるオフショアジギングですから、ラインの放出量はとても多くなります。

メタルジグを回収するための距離が長くなり、またメタルジグに動き出しの初速を与えなければならないため、ハンドル1巻きの巻き取り量が多い=長いほうが、レスポンスのいい釣り方を展開できるのです。

となると、ノーマルギアよりもハイギアを搭載したオフショアジギング用ベイトリールのほうが、扱いやすいという結論に達します。

ただ、ハイギアを搭載したベイトリールは、巻き取りの際に重く感じてしまうデメリットが存在しますよ。

この重さ、高い感度の裏返しだと考えてください。

魚がバイトしてきたら、より一層重くなります。

でもそれが、フッキングをおこなうベストタイミングなのです。

ノーマルギアやローギアだと、巻き取りは心地良いのですが、アタリに対するミスジャッジをおこなってしまうかもしれません。

ぜひハイギアモデルを手にして、オフショアジギングにチャレンジしてくださいね。

オフショアジギング用ベイトリールの中からおすすめの機種を選んでみた!

それでは数あるオフショアジギング用ベイトリールの中から、おすすめの機種をご紹介しましょう。

まずは、浅めの水深を狙うためのものから。

ラインキャパはライトライン用に少な目で、ボディサイズもコンパクトなものが多いですね。

以前オフショアジギング用ベイトリールといえば、丸型タイプがほとんどだったのですが、最近では剛性・耐久性の高いロープロファイルタイプもリリースされるようになりました。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 ジギング 17 グラップラー 300HG 右ハンドル スロー系ジギング ディープ鯛ラバ

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 ジギング 17 グラップラー 300HG 右ハンドル スロー系ジギング ディープ鯛ラバ

最安値価格
¥23,188(Yahoo!)

Amazonへ ¥23,966

楽天市場へ ¥26,099

Yahoo!へ ¥23,188

アルミ素材のフレームを用いた、剛性感のあるロープロファイル系ベイトリールです。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1巻きにつき84cmのラインを巻き取ることができるように仕上げられていますよ。

最大ドラグ力は7.0kgもありますから、大型の青物かヒットしても、焦らずに対処しやすいでしょう。

自重は325gとやや重めですが、長い時間操ってみても、さほど疲れを感じることはありませんでした。

ラインキャパは、PEラインなら3号を250m巻くことができます。

スプール寸法は、直径が43mmで幅が25mmです。

ハンドル長は70mmで、ボールベアリング数は5個です。

実際にフィールドで使ってみると、とてもパーミングしやすくて、手首やヒジに負担がかかりにくい印象ですね。

搭載されているマイクロモジュールギアは、滑らかな巻き心地を提供してくれますし、ラウンドノブも握りやすいです。

ライトジギングが流行っていますから、そのメイン機としてじゅうぶんに役割を果たしてくれるでしょう。

タチウオジギングなら、このベイトリールがあれば好釣果に直結するのではないでしょうか。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 キャタリナ 15H (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 キャタリナ 15H (2019モデル)

最安値価格
¥27,517(amazon)

Amazonへ ¥27,517

楽天市場へ ¥28,709

Yahoo!へ ¥27,594

コスパ優秀でとても安い、深い層を狙えるオフショアジギング用ベイトリールです。

ギア比が6.4対1なので、ハンドル1回転につき99cmのラインを巻き取ることができるように設計されているのが特徴ですね。

自重は430gとやや重めで、最大ドラグ力は8kgもありますから、大物サイズが掛かっても安心でしょう。

ラインキャパは、PEラインなら2号を500mも巻くことができますよ。

ハンドル長さは85mmで、ボールベアリングを4個搭載しています。

実機を手にしてみると、じゅうぶんに質感があって剛性を感じる仕上がりになっています。

実売価格は2万円台と、低価格な設定になっているのが嬉しいですね。

オフショアジギングゲームのエントリーモデルとして、初心者アングラーにおすすめの1台です。

オフショアジギング用ベイトリールを使いこなして釣りを楽しもう!

オフショアジギング用ベイトリールの特徴や使い方、おすすめの機種を取り上げましたが、いかがでしたか?

とにかく分からないことがあれば、乗合船やガイド船の船長さんに相談しましょう。

どんなタイプのタックルをセッティングすればいいのか、詳しくレクチャーしてくれますよ。

その中で自分の釣りスタイルやスキルにマッチした、オフショアジギング用ベイトリールを選ぶようにしましょう。

豊富なラインナップが各釣具メーカーからリリースされているので、最初は価格の安いものから検討してみることをおすすめします。

ジギングの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

DAILYランキング