カサゴ ウッカリカサゴ 魚 釣り

ウッカリ間違えないで!カサゴとウッカリカサゴの簡単な見分け方は、釣り人ならわかるこの2つだった!

FISHING JAPAN 編集部

カサゴは釣り人にはおなじみの魚かと思いますが、ウッカリカサゴという魚をご存じでしょうか?

姿はカサゴそっくりなんですが、カサゴよりもうんと深い海に多くいる魚、しかも老成魚は60cm近くになるといわれるカサゴ科の魚がウッカリカサゴです。

関西では、沖の深場に多いため沖ガシラと呼ばれていますが、関東ではカンコやアンポンタンの呼び名で知られています。

アンポンタンって・・・呼ばれると少し悲しくなる名前ですね(笑)

さて、標準和名のウッカリカサゴという呼び名が生まれた裏にはちょっとしたエピソードがあるので、ご紹介します!

目次

  • 魚の命名ってどうやってされるの!?
  • ウッカリカサゴはどうやって命名されたの?
  • カサゴとウッカリカサゴの見分け方
  • 引きで違いがわかる!

魚の命名ってどうやってされるの!?

大空に輝く星もそうですが、魚の世界でも新種を発見した人に和名を提唱する権利があるそうです。

つまり、自分が好きな名前を付けられるわけですね。

たとえば日本海にはキツネメバルと呼ばれるソイの仲間が多く釣りの対象魚にもなっていますが、この魚とよく似た新種を発見した学者さんが、キツネがいるのですからタヌキがいてもおかしくはないと、その新種をタヌキメバルと命名したそうです。

これとよく似た話が、タノハダイの仲間にミギマキという魚がいるのですが、同じようにヒダリマキと名付けられた魚もいます。

ウッカリカサゴはどうやって命名されたの?

では、ウッカリカサゴの場合はどのような経緯で命名されたのでしょうか?

ウッカリカサゴの体型や色が余りにもカサゴとそっくりだったため、魚類学者がうっかりしてカサゴと間違えたために生まれた呼び名だといわれています。

本当にウッカリしてつけられたんですね(笑)

カサゴとウッカリカサゴの見分け方

カサゴとウッカリカサゴは、魚類学者でさえ間違えるほどよく似ているので、素人にはまず見分けられないと思います。

基本的には体色がオレンジっぽいのがウッカリカサゴで、褐色がかったのがカサゴです。

しかし、生息域や大きさで異なる場合があります。

他の見分け方としては胸びれのやわらかいスジの数。

17~18本だとカサゴで19本以上だとウッカリカサゴだそうです。

しかし、これも釣りあげて数えるのも面倒ですよね。

実は、釣り人なら見分けることが出来そうな方法があるんです!

引きで違いがわかる!

ウッカリカサゴは釣ったり食べたりすると、カサゴとの違いがよく分かります。

カサゴ釣りに出かけたとき、カサゴは大きなアタリのあと、ハリに掛かったら少しは引きますが、すぐに抵抗を止めてしまいます。

だから重たいだけで引きが味わえないのです。

ところがウッカリカサゴは、魚を掛けて引き上げるとき途中で何度もよく引くのが特徴です。

カサゴより水圧の変化に強いのか、ゆっくり釣り上げてやると浮き袋も膨らまずに上がってきます。

そして、カサゴとウッカリカサゴの違いは、もうひとつあります。

それは身の食感です。

カサゴの方が味はしっとりした身です。

深い海にいるせいでしょうがウッカリカサゴの身は筋肉質で、歯応えはいいのですが旨みはカサゴほどではありません。

味がいいのはカサゴ、釣り味がいいのはウッカリカサゴでしょうか(笑)

食べ比べしてみても楽しいかもしれませんね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY