ブラックバス 写真

ブラックバスの歴史を紐解こう!なんとはじまりは1925年に遡る!歴史を知れば釣りがもっと楽しめるかも!?

FISHING JAPAN 編集部

いまや日本のルアーフィッシングを語るとき、この魚抜きでは考えられないほど日本のフィールドになじんでしまったのがブラックバスですね。

バス釣りが大好きな釣り人のみなさんもたくさんいらっしゃいますよね!

今回はそんなブラックバスの歴史を紐解いていきましょう!

バスが日本にやってきたのは半世紀以上前!

バスが日本に初めて持ち込まれたのが大正14年(1925年)のことです。

18歳でアメリカに留学し初めてバスという魚を釣った、故赤星鉄馬氏がそのダイナミックな釣りに魅せられて何とか日本に持ち込めないかとアメリカに許可を申請し、それがようやく実現したのが1925年、いまから半世紀以上も昔のことでした。

移入されたバスは、最初は冨士五湖のひとつ山中湖に放流される予定だったのですが、放流に関するすべてをまかされていた旧帝国大学(現在の東大)が検討の末、放流地を箱根の芦ノ湖に決めたのです。

芦ノ湖にしたのは旧帝大の淡水魚実験場があったのと、芦ノ湖は流出する河川がなくバスを放流しても逃げ出す心配がなかったからだといわれています。

しかし、芦ノ湖に放流されたバスは、昭和29年に相模湖で発見され、35年頃には津久井湖でも見つかるなど、いつの間にか各地に広がっていったようです。

これらの魚は、もちろん誰かの手によって知らぬ間に放流されたものですね。

日本全国に生息域を拡大!

関西で最初にバス釣り場として知られるようになったのは、兵庫県の東条湖です。

1970年代に、この東条湖がルーツになって東播一帯の野池に広がり、やがて琵琶湖や奈良県の七色ダム、池原ダムなどの釣り場も誕生しました。

そしてさらに中国、四国、九州にまで釣り場は広がり、それに伴いブラックバスの生息域も拡大していったのです。

淡水スズキともいわれるように海に住むスズキに近いサンフィッシュ科の魚、日本ではブラックバスとかバスと呼ばれていますが、正式にはラージマウスバス、これを直訳して大口バスとも呼ばれています。

日本には、このラージマウスバスのほかに小口バス、つまり大口バスより口が小さいスモールマウスバスという種類も移入されており、スモールマウスバスはブラックバスよりも低水温に強いため北の地方の湖などに棲息しています。

福島県の桧原湖、長野県の木崎湖などが有名な釣り場です。

アメリカでは11種のバスが生息!

一方バスの原産地であるアメリカでは、亜種まで含めて11種のバスが生息しており、日本に移入されたラージマウスバスも2種あるといわれています。

ひとつは最もポピュラーで世界各地にも広がっているノーザンラージマウスバスで、原産地は五大湖周辺からアメリカの南東部にかけてです。

もう1種は、ノーザンラージマウスバスよりさらに巨大になるバスで、フロリダ州が原産地のためフロリダラージマウスバスと呼ばれています。

フロリダを始めテキサスやメキシコで釣れる10ポンド(約4.53キロ)オーバーのバスは、ほとんどがこのフロリダラージマウスバスだといわれています。

歴史を知ると釣りもますますおもしろく感じるかもしれませんね!

ブラックバス捕食シーン【3選】

最後に、ブラックバスの捕食シーンをエサ別に厳選してご紹介します!

少しグロテスクな映像もありますので、苦手な方は注意してください。

エビ

ブルーギル

ミミズ

釣り人の皆さん、バス釣りに出かけたくなりましたか?

ブラックバスの歴史を噛み締めながら、ぜひ自己最高記録に挑戦してみてくださいね!

関連記事

白いブラックバスが釣れちゃった!まさかの美しすぎる姿に釣り人歓喜!マグロやアロワナなど激レアで神秘的な白い魚を調査しました!

驚愕の事実!ブラックバス世界記録10.12キロは琵琶湖で釣れていた!?【動画】

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング